スポンサーリンク

じっちゃまの谷間を強調する投資YouTuberに対する「全然いいですよ」は本当にいいのか?

スポンサーリンク
投資に役立つ知識
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)の「谷間強調?全然いいですよ」に怒っている!!

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

100回記念ライブ

※谷間を強調する投資YouTuberについてのお話は、こちらの2020年1月22日のYouTubeライブ動画開始3時間36分後ぐらいからはじまります。以下、簡単に内容をまとめておきます。




【質問】谷間を強調して稼ぐ投資YouTuberを観てぶつぶつ文句を言っている人を見かけました。じっちゃまは谷間を強調して稼ぐ女性投資YouTuberは嫌いですか?




【じっちゃまの答え】いや、そんなこと全然ないっすよ。いいっすよ。ふぁっ…全然いいですよ。


スポンサードサーチ

谷間強調は「全然いい」どころじゃない!!

私はじっちゃまのYouTubeライブを観て「谷間を強調しながら投資解説をする女性YouTuber」に対して文句を言う人がいることをはじめて知った。




そして、谷間を強調して稼ぐ投資YouTuberに対するじっちゃまの「全然いい」発言に対して本気で怒っている!!




谷間を強調して稼ぐ投資YouTuberは「全然いい」どころではないのだ。むしろ「すごくいい!!」、「素晴らしい!!」と地球全体に向かって叫ぶべき存在なのである。




ここから私は「谷間を強調する投資YouTuber」がいかに素晴らしいかについて持論を展開していく。それは無料でカワイコちゃーんの胸の谷間を拝めるからということではない。我々人類はもっと「谷間の効果」について真剣に向き合うべきなのだ。


スポンサードサーチ

全人類が谷間の効果を考えるべき時がきた

なぜ谷間を強調する投資YouTuberがむかつくのか

想像でしかないが、谷間YouTuberに文句をいう人は「谷間を見せることによって視聴者を集めていること」が気にくわないのではないだろうか。



つまり、谷間を強調するYouTuberを叩く人の考え方というのは、投資の知識ではなく、女性の特徴的な身体的な魅力でYouTubeの視聴者を集めることが許せないのであるとここでは推測する。



しかし、「谷間を強調する=身体で釣ってる」というな考え方のほうが非常に短絡的で幼稚な考え方であることを主張したい。



私の主張は、谷間強調YouTuberを養護するものではない。なぜなら、私はその投資YouTuberを観たことがないからだ。



さらに言えば、「谷間 株 YouTuber」で検索したら、大人なサイトばかりでてきたので検索することをすぐに諦めた。そして私は谷間というものに中立的な考え方の持ち主である。




カワイコちゃーんの谷間を観ることに喜びを感じるが、谷間に対する立場はあくまで中立なのだ。偏りなど一切ない冷静な考えから「谷間YouTuberは素晴らしい」という結論に至っているのだ。



ここでは谷間中立派の私が「なぜ谷間を強調することが悪ではないのか」、さらに言えば「谷間を強調することは、より投資の知識習得に向けて努力するインセンティブがある」という可能性について真剣に論じていく。


投資YouTuberの生産関数及び収入の決まり方


まず、投資系YouTuberの付加価値(生産量)を決定づけるものから確認する。YouTuberだろうが誰だろうが、商売をするにあたって商売人は K(資本)と L(労働)に投入しなければならない。その時のアウトプットは以下の関数によって決まるとされる。


YouTuberが収益(Y)を生み出すにあたって必要な資本はPCをはじめ、カメラ写りがよくなるライト等である。労働者はおそらく一人なので、自身の生産性を高めるための投入をすると考える。



投資YouTuberであれば、その知識量を増やすため(生産性を高めるため)に経済やファイナンス、個別銘柄研究に時間を投入する。そして、投資YouTuberのYouTubeからの収入は以下の式のように決まるとする。


基本的に男性YouTuberも女性YouTuberも、YouTubeに「観られる」という性格がある限り見た目(looks)は大事だ。これは可愛い、かっこいいというだけでなく、清潔感や愛嬌などの全体的な外見への好感度も含まれるだろう。



そして、投資銀行に勤めていた経験などこれまでのトレード履歴が長ければプラス、短ければマイナスに働くので経験(experience)も収入を決定づける重要なファクターだ。




視聴者に何度もYouTubeチャンネルを訪れてもらうためには、投資チャンネルであれば観た人が儲かったり、参考になる必要がある。そして知識がない人や何を言っているかわからない人は誰からも信用されないので、知識やわかりやすさ(knowledge)も大事な変数である。


谷間を強調する投資YouTuberに怒る人の頭の中



谷間を強調している投資YouTuberに怒っている人の頭の中を数値で表わすと以下のような感じではないだろうか。

説明変数のなかでもlooks の寄与度が大きく、投資に関する経験や知識が乏しい、役に立つことがない、つまり内容が乏しいのに見た目だけでお金(Y)を稼いでいると考えているのではないか。



それをそのままひっくり返せば、谷間を強調しない投資YouTuberは説明変数が以下のように寄与している、もしくは投資YouTuberは外見ではなく知識や経験ありきと考えているから谷間YouTuberにむかつくのだろう。


もし、この推測が正しければ、谷間投資YouTuberに腹を立てるほうがおかしい。これなら、谷間を強調する投資YouTuberのほうが知識習得するためのインセンティブが高いのだ。なぜなら、知識量は、最初は投入量を増やせば増やすほど伸びるからだ。



しかし、もともと知識量で努力してきた投資Youtuberはさらに知識レベルを改善するインセンティブは低いのである。なぜなら、ある程度知識を投入すると逓減の法則によって伸びなくなってしまからだ。図に表わすと以下のようになる。




つまり、谷間強調YouTuberに怒りをぶつけている人の考え方になぞらえるならば、谷間を強調して視聴者を獲得するYouTuberのほうが、知識量のインプットが収入に効果が出やすく、外見の数値が一定とすれば、より少ない投入量で収入を2倍にも3倍にもできるのだ。



谷間効果


さらに変数looksの解像度をあげてみよう。今回は胸の話なので顔のレベルは一定と考える。まず谷間強調YouTuberの外見は、胸を覆う布の面積(area)は小さければ小さくなるほど収入にはプラスになる。



しかし、面積が小さくなりすぎるとYouTubeから出入禁止されてしまう恐れがあるので、ここでも谷間を強調する投資YouTuberには、知識レベルを改善するインセンティブがある。



一方、谷間を強調しない投資YouTuberにはそのような機会がないため、より多くの努力をするインセンティブはない。




これらの仮定の下で、谷間強調YouTuberは、総収益から努力の機会費用を引いたものを最大化することにより、最適な努力レベル(E* )を決定するのだ。




sはYouTuberの投資スキル、W はYouTuberのパフォーマンスを決定するがコントロールできない他のすべての要因、Bは谷間の見せ方、rは努力の単位あたりの機会費用である。最適な努力レベル について解くと、



rが一定だとすると、Bが大きいほどSEが小さく、すなわちEが大きい。この結果は、投資YouTuberに谷間を強調するインセンティブ与え、収益の成果を高めることを意味する。私はこの効果を「谷間効果」と呼ぶ。



つまり、谷間効果に従っても、谷間を強調する投資YouTuberのほうが、谷間を強調しない投資YouTuberよりも知識のインプット(=生産性の改善)するインセンティブが高いのだ。なので投資YouTuberが谷間だけで荒稼ぎすることはないのだ。



スポンサードサーチ

結論

ここまで論じてきたことを結論としてまとめると、どう考えても谷間を強調して集客することは本人の生産性改善にプラスに働く。生産性が改善すれば、より効率的に視聴者に投資を教えることができる。




よって、谷間の強調は本人にとっても視聴者にも有益であるはずなのだ。谷間を強調するYouTuberはじっちゃまの「全然いい」どころではなく、素晴らしい存在なのだ。そして谷間強調YouTuberに文句をいう人は考えをあらためるべきである。




異論・反論はnoteでサポート金額1万円とともにメッセージをくれる方のみ読んでいる。ブログやツィッタのコメント・DM、Stand fm.のレターなど自分がフォローしている人以外は通知オフしてあるのと、面倒なので一切読んでいない。よろしく。




タイトルとURLをコピーしました