じっちゃま(広瀬隆雄さん)2021年2月14日YouTube Liveの私的メモ-個別銘柄編

じっちゃま注目銘柄

スポンサードサーチ

じっちゃまYouTube動画

仮想通貨クラスタのための米国経済の解説



以下は、じっちゃまの2月14日YouTubeライブから気になる個別銘柄をピックアップしてアルファベット順にまとめた私的メモです。




前半部分の「仮想通貨クラスタのための米国経済の解説」はこちらにまとめています。よろしければお読みください。




A

AFRM

決算良かったです。しかし売上高でペロトンが占める割合が前期31%に対して今期は24%-27%に下がってきている。



ペロトンが前年同期比で100%以上成長しているのになぜアファームは50%しか成長してないんだよというツッコミがあった。



それは、ペロトン以外にも取引企業が分散しているからという回答。良い銘柄なので、どこかで仕掛けたいと思います。

AI

決算発表日が未確定。決算待ち。


AKAM

2020年度第4四半期決算は2月9日。EPS1.33ドル(予想1.31ドル)、売上高 8.46億ドル(予想8.29億ドル)、売上高成長率は前年同期比で+9.6%。



2021年度第1四半期ガイダンスはEPS1.29ドルに対して新ガイダンス1.28ドル-1.31ドル。売上高8.19億ドルに対して新ガイダンス8.22-8.36億ドル。



2021年度通年予想EPS5.46ドルに対して新ガイダンス5.33ドル-5.46ドル。売上高33.9億ドルに対して新ガイダンス33.7-34.2億ドル。つまり通年のEPSガイダンスが低い。


ALB

リチウムのビジネスで僕が懸念していることは競争です。今後、過当競争になる危険。


APHA

あんまり火遊びしないほうがいいよ。個人投資家がストーリー一発にならざるおえないかもしれないけど、複雑骨折もいいところだよね。騰がるから買うというのは、下の下の人間がすること。


APPL

見通しよい。決算発表もよかった。サブスクリプション売上高もいい感じで伸びている。



アップルはiOSの個人情報の締め付けを厳しくしている。そうするとフェイスブックなどが個人情報をもとに適した広告を表示することが難しくなる。わざとそうするのは、アップルはハードウェアやサブスクリプションで儲ける企業だから。



それに対し、フェイスブックは広告で儲ける会社なのでiOSで規制が入ると広告主はるハッピーではない。なのでアップルとフェイスブックの間でバトルがヒートアップしてい。どちらかというと、アップルが優勢。

APPS

株価上がりすぎているので、新規の買いは無理だと思う。


スポンサードサーチ

B

BA

本格的に出直ってこれないかと思う。


BTC

コインベースのIPOが上手くいかなかったら、仮想通貨は売りになると思う。現在の仮想通貨はコインベースのIPOを先回りして騰がっているという部分もある。


C

CRWD

決算ミスしたことがない会社。


CROX

靴の会社。いいと思う。非常地味な銘柄だけど、良く探してきたね。


スポンサードサーチ

D

DDOC

2020年度第4四半期決算発表は2月11日。EPS6セント(予想2セント)、売上高1.78億ドル(予想1.64億ドル)、売上高成長率は前年同期比で+56.3%。



2021年度第1四半期ガイダンスは予想4セントに対して、新ガイダンスは2-3セント、売上高は1.81億ドルに対して新ガイダンス1.85-1.87億ドル。

2021年EPS予想19セントに対して、新ガイダンス10ー14セント。売上高8.03億ドルに対して新ガイダンスは8.25ー8.35億ドル。



売上高面ではガイダンス良いが、EPSが悪い。合併吸収の際に統合費用が利益を食うという理由がわかっているので、特に心配する必要はなし。

DHI

よく経営されているコングロマリットだと思う。

DIS

新型コロナでディズニーランドは落ち込んでいるが、ディズニープラスというストリーミングが伸びている。全体としてはチャラという感じ。

DKNG

いいと思う。64ドル超えたらもう一噴きありそうだけど、なんかみんな騰がると買いたくなるよね。

DRVN

買い増ししてもいいけど、アクションが遅いね。

DSX

すごい騰がりすぎているので冷やす必要がある。

F

FB

独禁法違反のニュースは関係ないと思う。

スポンサードサーチ

G

GILT

パラボラアンテナなどを作っている企業。小型の人工衛星を打ち上げるのがブームになると、地上で受ける側になる企業。面白いストーリーだと思います。


H

HMHC

教科書出版の会社。新型コロナでアメリカの小中高生が自宅で勉強している。教科書をオンライン化が進んでいる。HMHCは教科書並びに参考書では最高峰。今から乗れないことはないけど、のろのろした人が多いね。


I

IAC

だいぶ騰がったので、もう売っても良いと思う。

IIVI

特に問題なさそう。88セント

L

LHX

宇宙は売上高比率で1番ではないけど、2番だと思う。地球の近くをまわる小型の人工衛星に対する部品類を提供している。宇宙関連が注目を浴びているのは、ARK社が宇宙ETFをローンチするから。LHXも宇宙ETFに当然組み込まれると思う。

LOGI

新型コロナの特需であったかもしれない。


LYFT

新型コロナが収束しないと無理。急いで買う必要はない。



M

MARA

よく知りません。僕だったらいかない。なんでみんなこの銘柄聞いてくるの?

MGA

いい会社だよ。


N

NCNO

セールスフォースがNCNOを買い集めているので面白いかもしれないです。


NVDA

よいと思う。ブレイクアウトしかかっている。


O

OPEN

SPACだよね。ちょっとよく研究してないんだけど、悪い銘柄じゃないかな?やばいと思った記憶があるので、僕は避けたいと思います。


P

PLTR

2月16日決算発表予定。コンセンサス予想EPSは2セント。前回の決算よかったので今回も期待。

PINS

決算が非常に良かったので、注目しています。


PLUG

まだわからないけど、三尊天井が完成しつつあるチャート。窓が開いているので、60ドル切ったらグッと下がるかも。その後も窓が開いてる。


POWI

強いチャートだと思う。次のポイントは99ドルより上に行くかどうか。


PYPL

ペイパルとアファームなら、僕だったらアファーム行きます。


R

RIDE

金曜に12%下がっている。安値は切り上がっているが、30ドル~31ドルのところに重い上値があってテナントを形成している。その上値をブレイクアウトできるか慎重に見守る必要がある。


RKT

ホールドでいいと思う。


RIO

よいと思う。

S

SBLK

SBLKかTRTNどちらか新規で手がけるならTRTN。なぜなら財務リスクが低いので手堅い。僕はSBLKは7ドルぐらいで推奨していた。

SEER

ゲノムを使ってタンパク質、半完成品であるタンパク質の構造を分析するツールが今までなかった。SEERはタンパク質の分析に関するツールを作っている。まだ試作品しかないが、上々の評判。

SI

サンディエゴにある信用銀行サイズの銀行。仮想通貨フレンドリーで騰がっていると思う。すごく危なっかしいストーリー、僕だったら近寄らない。

SONO

良い決算だった。いわゆるサウンドバーだったりスピーカーなどの音響装置の会社。IPOしたときにはバカにしてたけど、16期連続増収とかけっこうバカにできない。足下の業績はいい。バリュエーションは低くないけど面白い銘柄。

STZ

ワインとかお酒類を作っている会社。最近は別会社でマリファナ関連の製品を手がけている。面白いかもしれない。

T

TDW

ルイジアナ州ニューオリンズのオフショアのサイトのタグボートに作業員を送ったり、消耗品を送ったりする船会社。2017年ぐらいに倒産している。今は債務整理をして負債比率を減らして綺麗な身体で再上場している。




ラフに言って、タイド・ウォーターの船の稼働率は70%ぐらいだと思う。バイデン政権はシェールの開発にネガティブ。カナダとアメリカを繋ぐTストーンパイプラインにも冷たい。それはアメリカ国内のシェールの供給は増えないことを意味する。そうすると、世界的に見た原油の市況にとってはプラスになる可能性。



タイド・ウォーターはグローバルに展開しているので、アメリカのオフショアの石油開発がバイデン政権から制約を受けたとしても体制に影響なしではないか。


TERN

バイオ銘柄のなかでは一押しの銘柄。


TRTN

僕が買おうかなと逡巡している銘柄はトライトンというコンテナリースの会社。現在、コンテナの需要が高まっている。そんな理由で面白いかなと思っている。世界の開運は新型コロナ以降、息を吹き返してきている。


U

U

決算良かった。強いて言えば、ダラーネットエクステンション率と非GAAP営業ージンが下がった。ガイダンスの売上げ成長率に陰りが見えた。基本的にはOKな決算発表だったと思う。


UAVS

みんなはドローン関係とかかっこいいと思うかもだけど、ドローン関係で一番大事なのはアメリカの航空局(FAA)とのライセンスの問題。



それがないとドローンは飛ばせないので。なので法律やお役所仕事がしっかりした企業でないといけない。特に大都会を飛ぶドローンはそこがしっかりした企業を選ぶべき。

UBER

2020年度第4四半期決算はEPS-54セント(予想-55セント)、売上高31.7億ドル(予想35.6億ドル)、売上高成長率は前年同期比-15.5%。




ウーバイーツはすごく伸びているが、ライドシェアのビジネスはボロボロ。今期は悪いのはわかっていたので、みんな来期以降に期待しているのだと思う。

V

VGAC

23 and me は有名だからそれなりに注目されています。僕的にはちょっとよくわからない。

VHT

非常に小さいETFなので少し不安。積立には向かないと思う。


VIH

バクト。ティッカーシンボルが変わってからゆっくりと腰をあげて買う方がいいと思う。


VIRT

決算発表非常によかったけれど、ニュース配信会社が間違えてポジティブサプライズをネガティブサプライズと伝えてしまって株価が下がった。しっかりビジネスをモノにしています。

VTI

僕はまだ2月安いところがあるとは思っている。それはベア・マーケットの起点だとか、大暴落がくるということではなく、カレンダー的に相場が安いということ。



2月をやりすごせば3月はまた高いかもしれない。あんまりマイクロ・マネージしないほうがいいんじゃないの。買い増ししたければしてもいいと思う。

Y

YALA

音声ベースのSNS。clubhouseみたいなもの。本社はドバイで、エンジニアたちは中国人の会社。


Z

ZI

一度ブレイクアウトした後、落ちてきて、また上に行こうとしているのでチャートとしては強い。

ZIM

イスラエルの質問は多いけど、イスラエルは悪い時はすごい悪い。ドットコムバブル時にもイスラエルがブームになった。


ZM

ハイパーグロース株のなかで入るのに一番いいタイミングだと思うのはズーム。今から買い増してもOK。僕は買い増ししました。

タイトルとURLをコピーしました