じっちゃま注目IPO?Wish(ティッカー:WISH)とはどんな企業?

WISH

ウサギ
ウサギ

今日はじっちゃまがツィートしていたWISHについて調べてみたよ。注目IPOかはわからないので「注目IPO?」にしておいたよ。

スポンサードサーチ

Wish (ティッカー:WISH) は何をしている企業?



WishはContextLogic Inc.が運営している企業です。元Googleのエンジニアによって2010年に設立されました。安めの家庭用品やファッション、電子機器、おもちゃなどさまざまな割引商品を扱うオンラインマーケットプレイスです。



アマゾンと比較するとWishは低所得者の買い物客を対象としています。90%の顧客がモバイルアプリを使用してWishで買い物をしているそうです。


Wishはブランドよりも価格を重視しています。なぜなら、世界的に価格が人々が購入を行う際の最も重要な決定要因であることがしばしばあるからです。



Wishによると、2019年から2020年では、米国の消費者の44%とヨーロッパの消費者の85%の平均世帯収入は75,000ドル未満であり、中国とインドを除いて、世界中に75,000ドル未満の収入の10億以上の世帯があると推定されます。



さらに、平均世帯収入が約18,000ドルであるアフリカ、中東、ラテンアメリカ、および東ヨーロッパの新興経済国では、手頃な価格が初めてオンラインで買い物をするユーザーにとって重要な要素になるとWishは考えています。



Wishではビッグデータを使用して、その人向けにおすすめ商品を提案しています。そこから商品詳細へのクリック率は65%あるそうです。



出品者の多くは中国です。ネットでWishについて色々と調べてみましたが、けっこう面白い商品があって中毒性が高いようです。

売上高推移

売上高推移


2017年度~2019年度の売上高推移は以下のような感じでした。


                     WISHのS1をもとに筆者作成


2020年度1月から9月までの売上高は17億ドルで、前年同期13.25億ドルに比べて約+32%でした。

純損失


2017年度~2019年度の純損失の推移は以下のような感じでした。2020年度1月から9月までの純損失は-1.76億ドルでした。


                     WISHのS1をもとに筆者作成



スポンサードサーチ

月間アクティブユーザー数推移


2015年度~2019年度の月間アクティブユーザー数は徐々に増えています。2020年度1月~9月までの月間アクティブユーザー数は1.08億人で前年同期8100万人に比べて+33.3%でした。


                     WISHのS1をもとに筆者作成




コア市場収益の分布




WISHの2020年度1月から9月までのコア市場収益の分布は以下のように主にヨーロッパと北米といった感じです。


                    WISHのS1をもとに筆者作成




売出主幹事はゴールドマンサックス、JPモルガン、BofAセキュリティです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました