スポンサーリンク

じっちゃま注目銘柄バクト (VIH)とはどんな企業?

スポンサーリンク
VIH (Bakkt)
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

今日は最近のじっちゃま(広瀬隆雄さん)のYouTubeライブやTwitterからバクト(VIH) についてまとめました

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

新型コロナワクチンの生産投与の進捗について

※バクト(VIH)についてはこちら2021年1月14日のじっちゃまYouTube動画開始19分18秒後ぐらいからはじまります。バクトのお話については以下にまとめておきます。



バクトとはどんな企業?

バクトとは簡単にいうなら、ゲーム内通貨やマイレージ、買い物をしたときのクレジットカードのポイント、仮想通貨などありとあらゆるタイプのデジタルマネーをアプリで一元管理してポイントの使用を促進しようというビジョンを持った企業です。




世の中には、アメリカドルや日本円などの法定通貨やそれ以外の法定通貨もどき(準通貨のようなもの)が出回っています。




たとえば、ロブロックス(RBLX)という子供向けゲームのプラットフォームではロバックスと呼ばれるゲーム内通貨が使われています。







あるいは、航空会社のマイレージ、スーパーのポイント、ホテルのロイヤリティプログラム、スタバのギフトカードは準通貨のようなものだと思います。




それらの準通貨は他人への譲渡などの融通が利きませんでした。しかしバクトでは、自分がそれらの準通貨を使用しなくても、他人に譲ればよいというカタチで他人への譲渡や別のポイントへの移行を促進するためのアプリを作成しています。




つまり非常にユニークな視点で物事を捉えている企業ではないかと思います。


ポイントや仮想通貨に対するバクトの考え方

バクトについては仮想通貨クラスタたちの間で有名ですが、バクト自身は「自分たちは仮想通貨取引所」などという狭い考えではなく、すべてのデジタルマネー、デジタル資産は自分たちの領域内であると考えています。




つまり、ポイントやホテルのロイヤリティプログラムも仮想通貨も一種のデジタルマネーだという捉え方です。なので、非常に面白い企業として注目しています。


スポンサードサーチ

バクト(VIH)やSPAC銘柄を買うタイミング(保守的)

バクトやSPAC銘柄全般の株価推移の特徴

バクトやSPAC銘柄について買うタイミングついては、同じく2021年1月14日のじっちゃまYouTube動画開始1時間17分後ぐらいからはじまります。お話について以下にまとめておきます。




SPAC銘柄は10ドルで売りだされて、その後しばらくは10ドル前後で推移します。理由はSPACで上場した時点ではポートフォリオの中身はオールキャッシュだからです。




つまり、純資産は10ドルと決まっているので、9ドルとか11ドルとか、10ドル以外の値段をSPACに対して支払うのは株価的に間違っています。




しかし、買収ターゲットが決定して、「この会社買収します」と発表した瞬間に株価は噴きます。投資家に向けて「今度買収する会社はこんな会社です」とプレゼンした時に1回目の相場がくるのです。



SPACに投資するヘッジファンドの目的

SPAC銘柄で次に気をつけなければいけないタイミングは株主投票にかける時です。株主承認が得られればティッカーシンボルが変更されます。その瞬間に株価はドカンと下げます。




その理由は買収が悪かったわけではなく、ヘッジファンドが売り抜けるからです。SPAC銘柄の投資家のほとんどはヘッジファンドです。



ヘッジファンドがSPACに投資する理由は、現在は金利がほぼゼロなので、銀行にお金を預けていても1円も利子がつかないからです。



※金利についてはこちらにも書きました。





金利がつかなければ銀行にお金を預けておくよりも、SPACで10ドルのままで抱えてた方が得だからヘッジファンドは投資をしておきます。




そして、SPACがディールをアナウンスした際に10ドルを彷徨っていた株価が跳ねます。その後、株主承認が得られた瞬間がいわゆる「理想買い現実売り」のタイミングで、そこで売れば効率よく儲けられると大部分のヘッジファンドは考えています。




そのようなヘッジファンドの投資ストラテジーで、株主承認後に株価が下がっているので、再びそこからゆっくり株価は出直していきます。


ドラフトキングス(DKNG)が辿った道

たとえば、SPAC上場したドラフトキングス(DKNG)は最初は10ドルのまま推移していました。その後「ドラフトキングスを買収する」とアナウンスが流れたところから株価が上がり始めました。






その後株主承認を得て、ティッカーシンボルが変わる時に一度株価が下がりました。そこから株価は上がっていくパターンになってます。




このような動きがSPAC銘柄の標準的な株価の推移です。なので保守的な買い方をしたければ、ティッカーシンボルが変化したとき(=ヘッジファンドが売り抜けた時)に買うことです。


スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter

バクト注目して!

じっちゃま
じっちゃま

バクト、注目して! とても、とても、とても、とても、とても、とても、とても、とても、とても、とても大事な会社。午後8:04 · 2021年1月12日

画像


じっちゃま
じっちゃま

バクト(VIH)、ネット証券が扱ってないならインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)買って!バクトのオーナーだから。午後8:17 · 2021年1月12日


じっちゃま
じっちゃま

ICEはバクトの65%株主です。午後9:02 · 2021年1月12日


じっちゃま
じっちゃま

ここからはマンガになりますけど、たとえばスクエアの時価総額は1000億ドルです。バクトがその4分の1くらいの時価評価を獲得すると想定すれば250億ドルの価値になります。それを×0.65してやると163億ドルの価値になる。午後9:05 · 2021年1月12日


じっちゃま
じっちゃま

いまICEの時価総額は660億ドルです。バクトの含み価値はたぶん株価にぜんぜん反映されてないはず。すると+25%上昇してもおかしくない。午後9:06 · 2021年1月12日



じっちゃまのSPACレーティング(1月21日現在)

じっちゃま
じっちゃま

【SPACレーティング 1月21日現在】
バクト(VIH)☆☆☆☆☆
ブレード(EXPC)☆☆☆☆
ローズタウン(RIDE)☆☆☆☆
ドラフトキングス(DKNG)☆☆☆☆
ラッシュストリート(RSH)☆☆☆☆
ジーニアス・スポーツ(DMYD)☆☆☆☆
スキルズ(SKLZ)☆☆☆☆

午前3:06 · 2021年1月21日


じっちゃま
じっちゃま

クウァンタムスケープ(QS)☆☆
ロメオパワー(RMO)☆
ブリンク(BLNK)☆
カヌー(GOEV)☆
ハイリオン(HYLN)☆
オープンドア(OPEN)

午前3:06 · 2021年1月21日


じっちゃま
じっちゃま

フィスカー(FSR)

ソーファイ(IPOE)

マルチプラン(MPLN)

ニコラ(NKLA)

エレクトリックラストマイル(ELMS)

CIIC(CIIC)

ルミネアー(LAZR)

ヴェロダインレーダー(VLDR)

午前3:06 · 2021年1月21日


じっちゃま
じっちゃま

【今後のIPOレーティング 1月21日現在】

ストライプ☆☆☆☆☆

マーケタ☆☆☆☆☆

フリップカート☆☆☆☆

ロブロックス☆☆☆☆

スターリンク☆☆☆☆

バンブル☆☆☆

コインベース☆☆

ロビンフッド☆☆

午前3:05 · 2021年1月21日




タイトルとURLをコピーしました