スポンサーリンク

じっちゃまのいう今後の投資ストラテジーとハイテク株の下落の原因について(2021年5月11日以降編)

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!!

今回は2021年5月11日のじっちゃまYouTube Liveから今後の投資ストラテジーとハイテク株の下落の原因についてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

テクノロジー株急落とプライバシー保護規制の関係について

※今後の投資ストラテジーとハイテク株の下落の原因についてはこちらじっちゃまLive開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、2倍速なら1時間15分で視聴可能なので、ぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

米国ハイテク株が下落している理由について①インフレ懸念

今回は、現在ハイテク株が下落をしているので、その要因についてお話します。ハイテク株が下落している一つめの理由はインフレ懸念です。





週末にテキサスから東海岸に石油製品を輸送するパイプラインがハッキングされて、一時的に停止を余儀なくされています。





この問題はごく短期間に解決する問題だと思いますが、アメリカはこれから「サマー・ドライビング・シーズン」に入るので、そのタイミングで大動脈であるパイプラインが数日間停止しただけでもガソリン価格高騰の懸念がでています。





全米ガソリン平均価格は約2.97ドルですが、3ドルに値上がりするのではないか、そして、連動して10年債利回りも上昇してくるのではないかと言われています。





長期金利が上昇すれば、株のなかでも高バリュエーションなハイテク株にとってネガティブなので、その理由からハイテク株が売られています。




スポンサードサーチ

米国ハイテク株が下落している理由について②ピークデジタル懸念

二つめの理由としては、現在、新型コロナワクチンが普及しており、経済再開でみんなが外に出れば、ネット企業にとっては前年比較が難しくなる(=ピークデジタル懸念)ためにハイテク株が売られています。




スポンサードサーチ

米国ハイテク株が下落している理由について③デジタル広告への懸念

そして三つ目の理由は、ウェブのcookieが廃止(自然消滅)するという運びになっており、ネット広告のあり方が変わろうとしています。





そこから、フェイスブック(FB)やグーグル(GOOG)、トレードデスク(TTD)などのネット広告企業への対するぼんやりとした不安につながり、株が売られたのではないかと考えます。





cookieというのはみなさんがウェブを閲覧した足跡のことです。それがあることで、パスワードを再度入力せずにアクセスすることができたり、Amazonのショッピングカートに購入予定のものを入れっぱなしにできたりします。





cookieは約20年使用されており、最初の頃は便利だと言われていましたが、個人情報漏洩のリスクから欧州委員会からGDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)がだされて問題視されるようになりました。





たとえば、トレードデスクはUID(Unified Identity)という新しいオープンソースのプロジェクトを行っております。





これは暗号化された個人のIDでユーザーがはじめてあるウェブサイトを訪問したら、ユーザーに宣伝広告を配信してよいかどうかを聞きます。





イエスと答えれば、さらに確認のメールが届いて、乱数で暗号化されたIDのトラッキングがはじまりますが、個人情報まではわかりません。





UIDは利用規約とユーザーが自主的にOKをだすことで、GDPRやアップルの新しい個人情報保護の基準をクリアします。そのようなカタチでcookieが死んだ後に、よりネットが使いやすくするためにUIDが使われています。





また、二重の保護 (DEP, Double Encryption or Publisher) を加えることで、プライバシー保護の問題を根本から解決することができます。





UIDとDEPはデジタル広告業界全体としての努力ですが、GoogleのプライバシーサンドボックスはGoogleが自身で行っています。





現段階では、次世代のデジタル広告のスタンダードがUIDになるのかサンドボックスになるのか判然としない状況であり、新しいシステムが消費者にどれだけ受け入れられるかわかりません。





たとえば、消費者が見たい広告がきちんと表示されずに、見たくない広告ばかり表示されるとクリック率が下がって(=ROIが下がる)しまいます。





クリック率が下がるのなら、広告をだすインセンティブが失われるので、ネットショッピングも不活発になり、デジタルコマース全体の落ち込みに繋がるのではないかという懸念があります。





そのようなことでフェイスブックやグーグル、レボルブ、トレードデスクなどのデジタル広告関連株が売られたのではないかと僕は思います。





しかし、これは一過性のことであり、決算がよいものはホールドしておけば良いと考えています。





※また、同YouTube動画の1:13:33~テクノロジー株の下落は一過性のものと考えていいが、しかし本日(2021年5月11日)が買い場かと聞かれればそうではないと答えておられます。




ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました