スポンサーリンク

じっちゃまのいう今後の投資ストラテジー(2021年5月26日以降編)株高を利用したポジション整理

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!


今回は2021年5月26日の「北野誠のトコトン投資やりまっせ」より、じっちゃまパートをまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃまYouTube「北野誠のトコトン投資やりまっせ」

「北野誠のトコトン投資やりまっせ。」5月26日

※じっちゃまパートはこちらのYouTube開始開始1時間9分50秒あたりからはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひご覧になってみてください。




スポンサードサーチ

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の今後について

投資には「半値、八掛け、二割引き」という言葉があります。ビットコインが高値から50%調整しているということは、仮想通貨はベア・マーケット入りしているということです。




そうならば、いつまでも強気で物事を考えるのではなくて、上も下もバランス良く相場観を持つ必要があります。





よく「ベア・マーケットは希望のスロープを転がり落ちる」とウォール街では言われますが、ベア・マーケットでは時々強気局面が見られる場合があります。





突然、霧が晴れたような気がして「もう大丈夫だ。それ行け」と買い向かっては負けてを繰り返すことで、投資家は疲労して、意欲を挫かれて、出来高が細って、誰も見向きもしない静かな局面でマーケットというのは底を打ちます。





それを考慮すると、あと二年ぐらいは足りないかと思います。ビットコインの最初の高値は2013年末、次は4年後の2017年末にフィーバーして、その次は3年後の2021年に盛り上がったので、次に暗号資産ブームがくるのは2年後ではないかなと考えています。いずれにせよ、しばらくは休養が必要だということです。




スポンサードサーチ

2021年6月、7月の株式市場予想

また、これらの仮想通貨の下落については株式市場への影響はないと思います。株は6月は横ばい、7月は強含むと予想しています。





その理由は、7月~行われる2021年第2四半期の決算発表がギャンギャンに良いだろうと予想するからです。だからもう一回転できるかな、と考えています。





しかし、循環物色が目まぐるしく変わっているので、個別銘柄はすごい難しいです。だからアメリカ株をまるごと買えるVTIなどのETFでお茶を濁すしかないと僕は考えています。




スポンサードサーチ

2021年8月、9月、10月あたりはギトギトした辛い相場になる

4月のFOMC議事録では「そろそろテーパリングの検討をはじめたほうがいい」と発言している人がいた、ということが書かれていました。





それを見た時に僕は仰天しました。理由はFOMC後の記者会見ではパウエル議長は「テーパリングしないよ」と言っていたからです。





今回のようにFRBの大きな政策転換が議事録から漏れるのは異常だと思います。一般的に大きな政策転換をする場合にはWSJのFedウォッチャーなどにリークして、わざと記事を書かせて市場の反応を見ます。





しかし、現在はFedウォッチャーに良い人材がいないという問題もあります。かつてはジョン・ヒルゼンラース、デービット・ウェッセル、アラン・マレー、ニック・ティミラーズなど優秀なFedウォッチャーがいました。





現在はポール・キーナンという記者がFedウォッチャーをしていますが、着任したばかりでまだ海のものとも山のものともつかない状態です。





彼はかつて新興国の経済の記者をしており、今回はアメリカを担当するので、ややリスクを感じます。





例年8月にジャクソン・ホールのシンポジウムが行われますが、その時が大きな方向転換を示すのに適しています。ですので、テーパリングのシグナリングをやるのであれば、そこではないかと考えています。いずれにせよ、8月、9月、10月あたりはギトギトした辛い相場になると思います。





その前に一回転取れるかもしれないけど、もう取れないかもしれないです。だからあんまり無理しないようにと考えています。





また前回、2013年の5月に「テーパー・タントラム」が起きた際は、僕はFRBは「下ごしらえ」ができていたと思います。その時のFedウォッチャーであるジョン・ヒルゼンラースがテーパー・タントラム前に3回ぐらい「テーパリングがあるかもしれない」と記事内で示唆していました。





それでもバーナンキ元FRB議長がテーパリングをほのめかしたら、当時の市場は大混乱しました。しかし、2013年全体で見れば相場はそんなに安くはなかったです。ただし、今回もそう上手くいけるかはわかりません。




※バーナンキショックおよびFedウォッチャーについてのお話は、こちらの過去記事にまとめてありますのであわせてお読みください。





スポンサードサーチ

ポジションをたてるよりも整理優先

先述したとおり、今年は後半のほうが難しい相場になると思います。だからポジション整理優先で、あまり何もやりたくないです





現在のところ、5月17日に確定申告が終わって、余ったキャッシュが株式市場に流れているので、相場は高いです。だから、この株高を利用してポジションを整理していきたいと考えています。





今は急激に経済が再開して、急激に企業業績がよくなり、インフレ率も上がっています。これは株式投資にとって必ずしも組みやすい相手ではないです。





株式投資がやりやすいのは、経済が悪くて、FRBがまっしぐらに緩和しているという昨年(2020年)のような相場です。今年はそういう相場ではないです。





今は経済再開して「クルーズ船に乗りたいな」とか「ラグジュアリーホテルに泊まりたいな」とか「彼にデートに誘って欲しいな」というリア充局面で、「クリプトがー!」とか「ロビンフッダーが!」なんてことは誰も考えておらず、マネーは実体経済に向かっており、余っていない状態です。





だから、僕は指数(VTIなどのETF)を買ってのんびりしています。





※クルーズ船株ノルウェージャン・クルーズライン(NCLH)についてはこちらの過去記事にまとめてありますので、あわせてお読みください。






※VTIについてはこちらの過去記事にもまとめてありますのであわせてお読みください。





ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました