スポンサーリンク

じっちゃまのいう今後の米国株投資ストラテジーと下落中のグロース株の見通しとは?(2021年5月6日以降編)

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!!

じっちゃまのYouTubeから5月6日以降の投資ストラテジーとグロース株の見通しについてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

良いニュースが悪いニュースと受け止められる局面が到来

※今後の投資ストラテジーについてのお話については、こちらのYouTube開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

良いニュース=悪いニュースとして受け止められている

今日は株式市場において「良いニュースが悪いニュースと受け止められる局面がそろそろ到来するのではないか」という話をします。





通常の場合は「良いニュース=良いニュース」ですが、経済の局面に応じて「良いニュース=悪いニュース」と捉えられる場合があります。





たとえば、リーマンショック後に悪いニュースが出るほどFRBが金融緩和を行わなければなりませんでしたが、株式市場参加者は金利が低くなるのでこれを「良いニュースだ」と捉えました。





翻って今日の状況としては、新型コロナワクチンが普及して経済は明るさを取り戻しはじめています。しかし、この「良いニュース」は経済が強くなればFRBは支援策を縮小する必要があるからと「悪いニュース」として捉えられています。





通常、このような局面では株式相場は非常に難しいです。具体的に投資家が心配していることは、現在行われている毎月1200億ドルの債権買い入れプログラムの縮小(=テーパリング)されるのではないかということです。




スポンサードサーチ

テーパリングはしばらくないと考える理由






上の図は連邦準備制度のバランスシートのチャートです。直近の数字は、45度の角度で右肩上がりに上昇していますが、毎月、財務省証券を800億ドル、住宅ローン担保証券を400億ドルの合計1200億ドルを購入しているからです。





かつては、2013年5月にバーナンキFRB議長が「債券買い入れプログラムをちょっと縮小したい」とテーパリングをほのめかした時、長期金利が上昇して株式市場もギクシャクしました。





このように、金利政策というのは「緩和から引き締めへ」と転じる瞬間がもっとも手綱さばきが難しく、株式市場参加者にとっても難しい局面です。





では、次に「テーパリングがいつ発表されるのか」ということについては、僕はしばらくは「ない」と考えています。





その理由は、 昨年にFRBが「新金利政策決定枠組み」というフレームワークを発表しましたが、そこでは「インフレ率が2%を超えてもを慌てて利上げはせずに、しばらく様子を見る」ということが決定されました。





新方針では「一定期間で平均してインフレ率が2%前後に収まっていれば、それで良しとする」ということなので、瞬間的にインフレが2%超えても慌てる必要はないということです。






FRBがこのような態度に変更した理由は、たとえば黒人やヒスパニックというマイノリティの人々の雇用は景気拡大局面で急に伸びやすいということが知られており、そのような格差を是正するためには、FRBが最後まで利上げしない方が良いのではという考えがパウエル議長をはじめとしたFRBメンバーに広まっています。





仮にパウエル議長再選されない場合、次期FRB議長の最有力候補はブレイナード理事だという下馬評がありますが、彼女もパウエル議長と同意見です。





それから、ニューヨークを除いた地方連銀でもっとも力があるのは、サンフランシスコ連銀ですが、そのデイリー総裁も同意見なので、なるべく利上げをまで粘ろうという意見が強くなってきています。




スポンサードサーチ

現在のインフレ率と米雇用統計について







上の図は足下のインフレ率(消費物価指数、CPI)のチャートですが、現在のところ前年同期比で2.6%とFRBのインフレターゲットである2%をすでに上回っています。





このようになっている理由は二つあります。一つめは昨年の新型コロナが発生した時に物価が沈静化したので、前年比較が容易であることです。





二つめの理由は新型コロナワクチンの進捗によって経済が急激に拡大しているので様々なところでボトルネックが生じているということです。






これら二つの特殊要因で現在の物価は2%を超えていますが、しばらくすれば自然に低い水準に下がってくるので何もする必要はないというのが現在のFRBの考え方です。





そのように説明されると「なるほど」と人々は納得するのですが、実際に強い経済指標がでてきた場合のインパクトというのはまた別だと思います。





5月7日に発表される非農業部門雇用者数のコンセンサス予想は97万人ですが、今回も100万人を超えるかもしれないです。また失業率も予想5.7%ということで、いよいよ5%台と経済が強いというデータがでてくると思います。





その時に債券市場や株式市場が混乱せずに、冷静に受け止められるかどうかということです。もしかしたら、経済が強すぎるということで嫌気して債券が売られる(=長期金利上昇)リスクもあります。




スポンサードサーチ

現在下落している米国グロース株の見通し

現在、経済再開しているので、①金利、②企業業績という投資をやる上での前提条件がガラガラと変化していると思います。





金利については上昇プレッシャーがあり、企業業績は面白いように伸びやすい局面です。だから素材株や市況株でも業績が伸びやすいので、セクターローテーションが起こりやすい局面です。





テクノロジー株を中心としたナスダックがアンダーパフォームしている理由の一因としては、こういうところにあると思います。





現在は全てのハイグロース株が下落しているのは、経済再開ということが関係していると言いましたが、 GDP成長率も一過性の強さを見せています。









足元の米国GDPの成長率は6.4%であり、これは非常に強い数字です。僕は1988年にアメリカに来ましたが、これまで6.4%という数字は一回も見たことがありません。





このような時にシクリカル株が人気になるのは当たり前のことです。しかし、ここからが重要ですが、その急成長は一瞬の出来事で、2022年のGDP成長率は3.3%、2023年は2.2%に鈍化すると前々回の FOMCの経済予想サマリにおいてFRBメンバーのコンセンサス予想として示されました。





僕はそれが大筋ではないかと予想してます。つまり、現在の瞬間風速で経済がものすごく強くなっているのを点線で延長線を引いて定規で右肩上がりのチャートを描くというのは間違っていると思います。





そうではなくて急に上がって、ストーンと下がるという局面だと予想します。今はグロース株は辛いけれども、グロース株や金利に対し対するプレッシャーは一過性のもので、すぐに和らぐと予測しています。




ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました