スポンサーリンク

じっちゃま2022年2月10日楽天証券セミナーまとめ「今後の投資ストラテジーと米国経済状況」

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2022年2月10日じっちゃま楽天証券セミナーから「今後の投資ストラテジーと米国経済状況」についてまとめておきました!

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)楽天証券セミナー文字起こし&まとめ

【ライブ配信】米経済が「緩和縮小」加速を決定!2022年はバブル崩壊となるか?広瀬隆雄の米国市場の見通しアップデート(2月10日開催)

※「今後の投資ストラテジーと米国経済状況」についてのお話はこちら2022年2月10日のじっちゃま楽天証券セミナー開始7:57秒後にはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししてありますがぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

2022年今後の投資ストラテジーについて

【じっちゃま】いよいよFRBのバランスシートの縮小が開始されるわけですが、米国経済はどう動くかということについて考えてみたいと思います。





本日の結論は、2022年の米国株のマーケットは±0%を予想しています。指数で儲けるのは厳しく、むしろ特定のセクターや個別の銘柄ティでトレードした方が今年は儲かるかもと考えています。




スポンサードサーチ

2022年中の利上げ見通し

最初の話題は連邦準備制度理事会(FRB)が何を考えているかということです。次の連邦公開市場委員会(FOMC)は3月15日ー16日ですが、そこで1回目の利上げ(おそらく0.25%の利上げ)が発表されると思います。





その後、2022年の6月ぐらいを目途に連邦準備制度総資産の圧縮(FRBのバランスシートの縮小)の開始が発表されると思います。





上の図はフェデラル・ファンズレート(以下FFレート)のチャートですが、現在のFFレートは0~0.25%です。これを2022年中に数回にわたって引き上げていくことになります。






大雑把な議論として、ある国の政策金利はインフレ率よりも少し高めに設定されるべきだという考え方があります。





先進国では「インフレは中央銀行が抑え込む」ということに対して投資家の信頼が確立しています。そして短期的に政策金利がインフレ率を下回るということは大きな問題ではありません。





特にリーマンショックや新型コロナのショック時では、政策金利を十分に押し下げて景気を支援する必要があるので、インフレ率よりも政策金利が低いということは大して問題ではありません。





しかし、長期にわたって不自然に政策金利が低い状態を放置するとインフレ圧力が蓄積されていきます。





そしてある時点からインフレ圧力が突然頭をもたげてくるということが起こります。今まさしくそういう局面に差し掛かっていると私は考えています。




スポンサードサーチ

連邦準備制度の総資産の圧縮について

次に連邦準備制度の総資産は何かということですが、平たく言えばFRBのバランスシートです。もっと噛み砕いた表現を使えば、FRBの金庫に積み上がっている債権の在庫の量です。





つまり、新型コロナ蔓延による外出禁止令が出て、経済が瞬間的にストップたので、中央銀行が債券を市場から買いあげて、逆にキャッシュを市中にばらまきました。





そのことを上のグラフは示していると言っても過言ではないです。このチャートによると、2020年の冬ぐらいにはFRBの総資産は約4兆ドルでしたが、それが約一ヶ月間で7兆ドルまで跳ね上がってます。





つまり7兆ドルー4兆ドル=3兆ドルのキャッシュが市中にばら撒かれたということです。その後もじりじりとFRBの総資産は増えていて、現在は9兆ドルに差し掛かろうとしています。





つまり新型コロナの直後に3兆ドル、その後さらに2兆ドルの合計約5兆ドルが米国経済にぶち込まれたということです。





スポンサードサーチ

なぜ今インフレが荒れ狂ってる?

それを頭に入れた上で今の米国GDPのチャートを見てみます。新型コロナの直前の米国GDPは約21.5兆ドルの規模でしたが、コロナ蔓延で19.5兆ドルまで落ち込みました。





この時点でFRBは3兆ドルの金融緩和を発表しました。それとは別に米議会が緊急予算で5兆ドルを計上してます。





その中身は国民一人当り14万円配るというような政策です。つまりFRBの供給した3兆ドルと議会の供給した5兆ドルの合計8兆ドルで、新型コロナの落ち込み2兆ドル分に対して経済を支援したということです。





それは支援額の方が経済の落ち込み額よりかなり多かったということです。その支援しすぎてしまった一部が、インフレというカタチで今我々に跳ね返ってきてると思います。






そしてFRBはバランスシートの縮小で、約2兆ドル引き締めるかもと新聞に書かれていますが、今説明した全体的なピクチャーの中での2兆ドルは決して無茶苦茶な引き締めではないということがわかると思います。




スポンサードサーチ

消費者物価指数(CPI)について

米国経済で、今一番問題になっているのはインフレ率つまり消費者物価指数(以下、CPI)だと思います。





直近の米国のCPIは7%台にのせてきています。過去39年間で今のインフレ率が一番悪いので、大急ぎでFRBは引き締めをしないといけません。





政策金利が0%でインフレ率が7%と、7%もスプレッドあるのは中央銀行家として非常に格好悪いことです。





格好つけるためには、急いで引き締めする必要がありますが、前回のFOMC前に故意にリークしたら市場が嫌気してマーケットがぐちゃぐちゃになったので、FRBはその意見を引っ込めました。





前回のFOMCでFRBが本当に言いたかったことを言えなかったので、3月16日の FOMCで「引き締めのメッセージ」は仕切り直しになります。





おそらく現在の米国のインフレ率は、経済再開によるボトルネックなどの特殊事情がある程度影響していると思います。





なので、しばらく時間が経てばインフレ率はやや下がってくると思います。今後インフレ率は下がり、政策金利は上がり、その2つが約2.5%の水準になれば理想的だという話になります。





それに関しては、今後何回もあるFOMCで市場と対話をしながら、そういう方向に持っていく必要があります。




スポンサードサーチ

平均時給の上昇、賃金インフレに関して

物価の中でFRBがとりわけピリピリしながら注目しているのが賃金です。賃金インフレは一度動き出すとなかなかを抑え難いタイプのインフレだと経済学者は言っています。





平均時給のチャートは新型コロナの時に大きく揺れていますが、国民の大部分が外出禁止令で出勤できなかったり、出勤していた看護師などの一部の職業の平均時給という一過性の要因なので無視してください。





最近の平均受給の動きにフォーカスすると、過去よりも平均時給の上昇幅がだんだん増えてます。これをFRBは問題にしています。





先日発表された雇用統計では平均時給の上昇は23セントでした。これはかなり速いペースであり、それを何とかしなきゃいけないということです。以上がマクロ経済の状況です。





ウサギ
ウサギ

以上です!!





※じっちゃま2022年2月10日楽天証券セミナー「石油関連参考銘柄5つまとめ」CLR, HES, SLB, RIG, FTIの記事はこちら!!

タイトルとURLをコピーしました