スポンサーリンク

じっちゃまのいう今後の米国株投資ストラテジーとは?(2021年4月9日以降編)

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!!

今回はじっちゃまのYouTubeとTwitterから今後の投資ストラテジーについてまとめておきました

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

SPACブーム鎮静化が宇宙銘柄に与える影響について

※じっちゃまによる今後の投資戦略についてはこちら2021年4月9日のYouTube Live開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、投資の勉強になるのでぜひ全編ご覧ください。




スポンサードサーチ

世界経済回復格差とハイパーグロース株の妙味について

今日は考え方を変えてみようと思います。ポイントは ①在宅関連銘柄・リモート関連銘柄のアップグレード、②宇宙関連銘柄のアップグレード、③新興国や素材株のダウングレードの3つです。





考えを改める理由の一つは、ワクチンの製造過程を見た場合、ワクチン接種スピードの世界格差は絶対に埋まらないということが明らかになりつつあるからです。





もう一つは、先日のアルケゴス・キャピタルが破綻したこともあり、今後SPAC(特別買収目的会社)のブームが終焉するかもしれないと考えるからです。




ワクチン接種についてより詳しく説明していきます。アメリカでのワクチン接種については、今週ぐらいから年齢制限がすべて撤廃されています。





誰でも予約を取って、ワクチン接種の申し込み可能な段階にきています。つまり早ければ5月か6月くらいに国民の75%が少なくとも1回目のワクチン接種済みということになります。





一方、世界を見るとヨーロッパはアメリカよりも大幅に遅れており、新興国や日本はさらに遅れています。





たとえば、日本の場合では、国民の0.8%しかワクチンを接種していません。これは何を意味するかというと「今まで通りが続きます」ということを意味しています。





景気の観点からすれば、日本の場合は今まで通りぐずぐずした展開になるかと思います。また観光収入に対する依存度が高いタイのような新興国は、しばらく観光客は戻ってこないの苦しいと思います。





一方、中国に目を転じると、現在は景気過熱を抑えるために、銀行の与信を昨年と同等の範囲に留めておくようにという指示をだしています。これは明らかに素材株にとってマイナスです。





これらの状況を投資のストラテジーにどう生かすかというと、国々によるワクチン接種格差が大きくなれば、経済の地域格差もすごく大きくなると思います。





4月9日まで世界銀行・IMFの春期会合が行われており、IMFは世界の経済成長を約0.5%引き上げましたが、これがピークでその後はまた落ちると思います。





ワクチン普及が遅れて、世界の特定地域(日本、ヨーロッパ、新興国等)で回復が遅れるとなると、ズームビデオ(ZM)、オクタ(OKTA)、ペロトン(PLTN)などの在宅関連銘柄が世界に出て行くチャンスが到来していると思います。





それから金利の観点からすれば、これまでは米国債10年利回りが0.5%から1.7%まで上昇してきました。これはハイパーグロース株にとって逆風でしたが、世界が急回復しないのならば長期金利の上昇も一段落します。





実際、現在の10年債利回りは1.6%ぐらいで安定しつつあるので、ハイパーグロース株をもう一回買い直すことができると考えられます。





つまり、投資するならグロース株がよいかバリュー株がよいかと天秤にかけたら、グロースのほうがはるかにいいと思います。




スポンサードサーチ

アルケゴス問題とSPAC銘柄の今後について

アルケゴス・キャピタルの破綻に話を移しますと、あの事件でクレディ・スイスが大損して、リスクの責任者がクビになりました。





それ以前にもクレディ・スイスは短期融資ビジネスのスキャンダルがあったので、二回続けてのスキャンダルです。





さらにクレディ・スイスはSPAC上場というハイリスクな分野でナンバーワンのアンダーライターです。現在、クレディ・スイスの社内でSPACはやばいので、もう抑えた方がよいのではという議論がされていると思います。





SPAC上場でクレディ・スイスと並んで非常にアグレッシブな投資銀行はシティ・グループです。今回クレディ・スイスに起きたことを見て、シティ・グループもリスクを取り過ぎない方がよいのではと考えはじめると思います。





つまり、今後はSPACによる資金調達は大幅にスローダウンするかもしれないと僕は考えています。もしも、今後SPACによる資金調達が減れば、資金調達を完了して合併を発表している先行組は圧倒的に有利になると思います。





SPAC銘柄に投資することの恐ろしさは、毛並みの良い企業も悪い企業も馬の骨みたいなポンコツ企業も誰でも資金調達できるということです。





すると、毛並みの良い企業が一足先に資金調達してビジネスをはじめても、後からどんどん新規参入してくるので競争が激しくなって、全部の企業が苦しくなるという過当競争のシナリオが非常に強かったわけです。





しかし、もしかしたらSPACのウィンドウは閉じるかもしれないので、資金調達を終えて合併を発表している企業が有利になってきます。





そうなれば、SPACのなかでも資本集約的な宇宙開発やEVの分野でSPACがもう一度見直される可能性があるのではないかというふうに思っています。





具体的にどのような銘柄がよいかというと、ロケットラボ(RKLB)、スパイア(NSH)、アストラ(HOL)、ブラックスカイ(BKSY)が良くなりそうだと考えています。





※宇宙銘柄については過去記事にてまとめてありますので、こちらもあわせてお読みください。






スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter「宇宙ビジネスについて」

じっちゃま
じっちゃま

宇宙のビジネスの話をしますね。まずTAM(Total addressable market=市場規模)ですがおおまかに言って衛星通信サービスが2000億ドル市場、衛星写真・データ市場が400億ドルと言われています。午前2:07 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

これらの市場は夢物語ではなく、既に課金が始まっている、現実に存在する市場です。衛星通信サービスの中で最大になると予想されているのはスターリンク(スペースXの子会社)のような小型人工衛星を使ったインターネットサービスです。午前2:07 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

日本では実感しにくいですが世界にはブロードバンドサービスが無い過疎地が沢山あります。そのような過疎地で爆速インターネットサービスを受けられるようにするのがスターリングの構想です。すでにシアトル郊外などでベータ・テスティングが行われており実際に家庭にサービスが提供されています。午前2:08 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

スターリンクのサービスを受けるには先ず約5万円するパラボラアンテナとモデムのセットを購入する必要があります。毎月の利用代金は1万円弱です。午前2:08 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

衛星写真・データのビジネスも既に動き出しています。たとえばクリスマス商戦期間にショッピングモールの駐車場にどのくらいクルマが止まっているか?などを定点観測します。午前2:10 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

世界の石油備蓄タンクが何パーセント一杯か? 船の動き、気象に関する映像など、多くのアプリケーションがあります。午前2:11 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

宇宙ブームは今回が3回目です。60年代は政府主導で、90年代はモトローラ、イリジウム、ロッキードが主導で、今回はスペースXがリーダーです。午前2:14 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

今回はソフトウェアを中心としたブームで出来合いの部品を使った速い開発が特徴です。午前2:15 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

民間主導の宇宙ブームである点に注目。午前2:16 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

ロケットラボ(RKLB)、スパイア(NSH)、アストラ(ASTR)、ブラックスカイ(BKSY)が中心銘柄です。午前2:17 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

いままでの宇宙開発と大きな違いはLEO(Low Earth Orbit)と呼ばれる、地球のすぐ近くの低軌道が活動の中心である点。午前2:22 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

半導体技術の進歩で昔より遥かにパワフルなチップをトースターくらいの小さな箱に中に仕込むことができるようになりました。このような小型人工衛星を沢山打ち上げてコンステレーション(星座)を作るわけです。午前2:23 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

ロケット打ち上げコストが昔の100分の1になったので、いままでは採算的に不可能だったビジネスが可能になりました。午前2:24 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

そこへSPAC(特別買収目的会社)ブームが起きて、いままでムリと思われていた民間企業の資金調達が、アッという間に完了(fully funded)してしまったのです。午前2:26 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

これはスターリンクの顧客の動画午前2:35 · 2021年4月10日

Starlink Review: FAST Internet from Space





じっちゃま
じっちゃま

アストラの事業計画はここにあります。午前2:37 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

ロケットラボのPPTはここ午前2:37 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

スパイアのプレゼンはここ午前2:38 · 2021年4月10日





じっちゃま
じっちゃま

ブラックスカイはここ午前2:39 · 2021年4月10日





ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました