スポンサーリンク

じっちゃまのいう今後の投資ストラテジー(2021年11月24日以降編) 金融相場から業績相場への移行期には主役銘柄も移行する!?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年11月24日の「北野誠のトコトン投資やりまっせ」からじっちゃまパートをまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube文字起こし&まとめ

「北野誠のトコトン投資やりまっせ。」11月24日

※じっちゃまのお話はこちら2021年11月24日の「北野誠のトコトン投資やりまっせ」YouTube切り抜き動画開始1時間7分20秒後あたりからはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししてありますがぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

FRB人事パウエル続投でハイテク株が売られた理由

(じっちゃま)11月22日にパウエルが次期FRB議長に再指名されましたよね。それ自体はまったくサプライズではありませんでした。発表時期も予想より早かったですが、それも問題ではありません。





なぜパウエル議長続投ニュースで金利が上昇したかというと、現在上院で1.75兆ドルの歳出法案が動いていることが関係しているからです。





一部のリベラルな議員たちが、この歳出法案を人質にとってパウエル降ろしを画策していましたが、ここでFRBの人事が発表されたことで、市場参加者は歳出法案の根回し・票読みが完了したと捉えました。





法案が成立すれば、1.75兆ドルがばらまかれ、景気が加速されるので利上げをしなきゃいけないと市場参加者が判断して株が売られました。





特にパウエルも副議長のブレイナードの方針に変更があるということではありません。今までどおり、入ってくる経済指標に基づいて政策を決めていくと思います。




スポンサードサーチ

2022年の利上げ予測に関して

2022年の利上げに予想に関しては先週まで2回だったのが、11月22日に3回になりました。今回のテーパーと2013年のを比べると、今回の絞り込みのペースは2倍です。





さらに今週から「利上げもはやくしたほうがいいんじゃないか」と言われだしました。株式の投資家はせかせかしたことが大嫌いなので、それで今週急成長株が売られています。





しかし、利上げ予想が2回から3回に増えたと言っても、それは決まったことではありません。今週は金融引き締めが全面に押し出されていますが、来週には「いや、デフレじゃない?」となる可能性もあるということです。それはまだわからないです。




スポンサードサーチ

鍵を握るのはホリデーシーズンのサービス消費

では、何が鍵を握っているかというと、感謝祭のトラベル需要が予想どおりに達成されるかどうかということです。





米国のGDPに占める消費の割合は7割です。例えば9月の消費の内訳はグッズ:サービス=4.8兆ドル:8.5兆ドルで、サービス消費はグッズ消費の約2倍です。





2020年3月に新型コロナウィルスが蔓延した時にはサービス消費は6.8兆ドルまで落ち込みました。一方グッズ消費は4.2兆ドルに落ち込んだだけでした。





現在、グッズ消費はコロナ前まで戻してきています。そのためにサプライチェーンの問題が起きたりしました。一方サービス消費はコロナ前の水準まで戻っていません。





このサービス消費の落ち込みがコロナ前の水準に戻れるかどうかが、今週~クリスマス~新年にかけて判明します。





サービスセクターは最大の雇用主なので、サービス消費が元に戻るなら、人件費のプレッシャーが今より強くなるかもしれないです。





そうなれば、さらに慌てて利上げをしなくてはいけませんが、それはまだわかりません。われわれは非常に大事な局面にきているので、みんな飛行機飛んでるか空を見ろということです。




スポンサードサーチ

金融相場から業績相場への移行期には主役銘柄も移行する!?

現在起こっていることは金融相場から業績相場への移行なので、利上げ=株式市場の終りではありません。バトンタッチが上手くいくならばマーケットは安泰です。





バトンタッチとはこれまで相場を引っ張ってきたハイパーグロース株などの高バリュエーション株が主役の座を降りて、低PER株に物色の矛先がシフトするということを意味します。





別の言い方をすれば、現在のアメリカ経済は好調なので、右を見ても左を見ても「経済成長」はありふれています。





その場合、何が悲しくて最近IPOしたばかりの急成長株だけに投資しなきゃいけないのですか?ハイパーグロース株よりもシェール株の方がはるかにEPS成長は高いです。そういうことを投資家は見ています。





そういうノリで物色の矛先がシフトしているということを軽視すべきではないと僕は思います。それに加えてFRBの舵取りにハチャメチャ感がでてはいけません。





エアラインの需要が大きくて、サービスセクターの賃金プレッシャーが強くなって、FRBがポンポンと利上げになれば株式市場にとっては逆風です。





現在はアメリカ国民の懐具合は温かいのに加えて、賃金アップを求めた有利な雇用主への転職がブームです。その理由からクリスマス商戦は良いと予想します。





12月1月は株は高いと思いますが、相場を引っ張る主役銘柄は変わるかもしれないので気をつけてください。




じっちゃま
じっちゃま

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました