スポンサーリンク

じっちゃまのいう今後の投資ストラテジー(2021年11月12日以降編)第3四半期決算発表のまとめとインフレ懸念。半導体不足、ホリデーシーズンの旅行需要

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年11月12日のじっちゃまYouTubeから今後の投資ストラテジーについてまとめておきました!!

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube文字起こし&まとめ

じっちゃまのいう今後の投資ストラテジー 2021年度の第3四半期決算発表のまとめとインフレ懸念。半導体不足、ホリデーシーズンの旅行需要 (2021年11月12日以降編)【米国株じっちゃま切り抜き動画】

※今後の投資ストラテジーについてのお話はこちらのじっちゃまYouTube切り抜き動画開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししてありますがぜひ全編とおしてご覧ください。



スポンサードサーチ

2021年度第3四半期決算ここまでの総括

(じっちゃま)今日はこれまでに発表された第3四半期決算をまとめてみます。全体像としてはそれなりにいい数字で各社入ってきていると思います。





事前予想を上回るいわゆるビート比率はEPS面、売上高面でも過去1年ぐらいの決算発表に比べると、やや弱い感じ印象を持っていますが、決算発表後のコンセンサス予想はジリジリと上がっています。





そういうことなので、目くじら立てるほどの取りこぼしは目立たない決算シーズンだと考えています。目の覚めるような好決算だった銘柄がいくつかあります。





一番印象に残ったのは、大型株ではクアルコム(QCOM)です。それから前回の決算発表も良かったデータドッグ(DDOG)が鮮やかな決算を出してました。





それから前回好決算だったエア・ビー・アンド・ビー(ABNB)の決算も良かったです。また、今まで言及してこなかった銘柄で、アップラビン(APP)も印象に残る決算を出しました。





そしてもう一つオラプレックス(OLPX)も僕的にはを素晴らしいなと思う決算でした。それ以外にも色々な銘柄が決算発表を出していて、全体的にはそれほど問題はなかったと思います。





例えば注目されていたアファーム(AFRM)もストックオプション費用などの特殊要因を除けばしっかりした決算だったと思います。それからマルケタ(MQ)の決算も非常に無難だったと思います。



スポンサードサーチ

じっちゃまの11月12月の米国市場の見通し

【質問】11月と12月の相場は上と言っていたが、下に行くこともあり得ますか?





【じっちゃまの回答】それは相場なので下に行くこともあると思います。ここ2日間ほど相場は安かったですが、全体的な相場のピクチャはまだ崩れてないと思います。なので11月、12月は基本強気に見てます。




スポンサードサーチ

インフレと半導体不足について

先日の発表された10月の消費者物価指数(CPI)が6.2%ということで、サププライズで大きなインフレでした。これが現在、市場参加者が一番心配していることだと思うし、僕も心配しています。





今後のCPIの見通しを言えば、多分悪化するのでは?と考えています。その理由のひとつとして、例えば半導体不足の問題はまだ解決していないからです。というよりもほんの少し悪くなってるんじゃないかと思います。





自動車メーカーはなかなか新車を組み立てられないという問題に直面しています。全然新車がないので中古車を買ってお茶を濁すというようなことが引き続き起こっています。






それが中古車価格の値上がりを引き起こして、消費者物価指数全体を押し上げるという非常に変則的なことになっています。





実は半導体工場に対する設備投資は旺盛です。高水準の先行投資が行われていますが、それはトランプ政権時のアメリカと中国の対立によって、中国は中国で、アメリカはアメリカで独自に半導体の自給自足体制を強化しようしたからです。





そういう地政学的な思惑もあって、半導体の先行投資というのは非常に活発です。しかし、ここからが重要ですが、通常、半導体工場に先行投資する時には最先端の半導体が作れるように投資をします。





つまり、時代遅れの旧式な線幅の競争力のない半導体に新規でお金を投資する経営者はいません。現在、不足しているのは安物の旧式な半導体であり、そこに投資することはなく、供給は増えないので半導体不足はすぐに解消しないということです。




スポンサードサーチ

ホリデー・セールス・シーズンの消費がポイント

さらに、これから11月25日の感謝祭とクリスマスというホリデー・セールス・シーズンに入っていきます。アメリカのGDPの7割は「消費」から稼ぎ出されていますが、そのGDPにとって非常に重要な「消費」がいよいよ一年で一番重要な時期を迎えるということです。





そして消費者はキャッシュをたくさん持っているので、懐は暖かく、旅行に行きたくてうずうずしてます。





そういう状況なので今年の感謝祭の旅行シーズンは空前の旅行ブームになるだろうと言われています。このような状況から価格プレッシャーが上にいくのか下に行くのかということであれば、上のプレッシャーが働く可能性の方が高いと思います。





それは株式にとって金利上昇はマイナスですが、それを補って余りあるほどEPSの上昇があればいいわけです。





それに関して言えば、一応ファクトセットを見るとS&P500のコンセンサスEPSはじりじりと上がってきています。だから、許せる範囲かなと見ています。




スポンサードサーチ

米国株見通しまとめ

まとめると僕が今後の米株の見通しに関して、何に気をつけているかと言うと、それはホリデーシーズンの消費です。





みんなの期待どおりにいい数字が出るかどうかに注目しています。それが良い数字であれば企業業績もそれについてくると思うし、企業業績が付いてくるのであれば少々金利が逆風になっても株式市場は何とか持ちこたえることができるのが僕のメインシナリオです。





それは一言でいえば業績相場ということです。現在はこれまでの金融相場から業績相場への転換点であって、そしてなんとなく上手くバトンタッチできている印象があります。





特に「バトンを落としたな」ということを感じさせる事件は今のところありませんでした。例えば、先日の百貨店のディラーズが一番最初に決算発表しましたが、数字は非常に良かったです。そんな感じで状況証拠を見る限り、クリスマス商戦期間の滑り出しは良いと考えています。





ウサギ
ウサギ

以上です!!

じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウサギをフォローする
スポンサーリンク
じっちゃまの米国株投資を学ぶウサギ
タイトルとURLをコピーしました