スポンサーリンク

じっちゃまのいう今後の投資ストラテジー(2021年9月29日以降編)企業業績の悪化リスクに注意を払って

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年9月29日の「北野誠のトコトン投資やりまっせ」からじっちゃまの今後の投資ストラテジーについてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

「北野誠のトコトン投資やりまっせ」のじっちゃま(広瀬隆雄さん)パートまとめ&文字起こし

「北野誠のトコトン投資やりまっせ。」9月29日

※じっちゃまパートはこちら2021年9月29日放送の「北野誠のトコトン投資やりまっせ」開始後1時間18分後ぐらいからはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししておきます。




スポンサードサーチ

米国の長期金利の上昇について

(じっちゃま)現在はいつもよりキャッシュポジションを高め、売り買いは少なめにして鬱々と日々を過ごしています。





現在、長期金利が動いている理由は、米国連邦債務上限引き上げ問題や中国恒大集団のデフォルト問題などで債券投資家が要求するリスクプレミアムが厳しくなっているからだと思います。





このような債券市場の動きはしばらく続くと思います。当然、テーパーが11月にはじまり、来年の5月・6月頃に債券買い入れプログラムが終了することにも反応していると思います。





これまで長期金利を低く保つためにFRBが債券を買い支えてきました。債券買い入れプログラムが終了すれば買い手が一人減ることになるので、債券の需給へのインパクトを考えるとネガティブになります。





テーパーの開始はマーケットに織込済みだという声もありますが、僕は信じていません。同じことが2013年にも言われていましたが、いざテーパーとなった時に皆が慌てふためいた経緯があったからです。だから他の市場参加者が言っていることは一切信じないと心に決めています。





皆、テーパーに対する覚悟ができておらず、テーパーがどれだけしんどいかということも理解していないと思います。




スポンサードサーチ

米国企業の業績予想の悪化について

テーパーが終了して利上げがはじまるということは、これまでの金融相場が終了して業績相場に移行していくことを意味します。





業績相場では金利の上昇よりもさらに企業業績が成長していかなければなりません。しかし、S&P500のEPS予想は10日ほど前から減ってきています。





業績相場に移行するのに企業業績が悪化しているのは良くないことです。つまり、今我々が直面している状況は、皆が考えているよりもはるかに複雑でトリッキーです。




スポンサードサーチ

米国のインフレ率上昇について

また、インフレ率も上昇しています。現在は原油や天然ガスの価格が上がっています。イギリスでガソリンスタンドの前に車の行列ができたというニュースもありました。





しかし、一般市民はなぜそれが起きているかがわからないのです。インスタグラムやツイッターで流れてくる映像だけを見て、「ガソリンが足らない」と急いで買いにいきます。そうするとトイレットペーパー騒動のようにガソリンが足らなくなるということです。





FRBが利上げをする時の判断基準は「景気が悪いから」とか「業績が安定しているから」ということではなくて、やはり物価を見ると思います。





物価に対するFRBメンバーたちの考え方は、今年の前半ぐらいは「このインフレは一過性」だというものでしたが、インフレ予想は段々と上方修正されています。





つまり、インフレは一過性ではなくて長引いているということです。これは非常に難しいと思います。





これを突き詰めていくと、景気は悪いがインフレは振興しているというスタグフレーションという状態に陥ります。1970年代にそういうことが起きましたが、株はボロボロでした。





スポンサードサーチ

米国連邦債務上限引き上げ問題について

目先は連邦債務上限引き上げ問題を片付けないとけません。臨時法案などで1、2ヶ月だけ期間延長するとなどしないとやり繰りできないかもしれません。





ジャネット・イエレン財務長官は10月18日くらいに資金が尽きると言ってます。来年は選挙なのでそのギリギリまで議員たちはパフォーマンスすると思います。





なぜ10月18日まで崖っぷちに突っ走っていくようなパフォーマンスが続くことがわかっているのに、値ごろ感から今日株を買わなきゃいけないのでしょうか?





そのロジックが僕にはわかりません。みんな何を考えているのですかね。ちょっと甘いんじゃないですか。





スポンサードサーチ

セリング・クライマックスは何が引き金になる?

現在のVIX(別名:恐怖指数)の水準は低いです。「ギャー、ヤメテー」という悲鳴が聞こえなければ株は買いじゃないです。





とにかく現在は「株は嫌だ」「全部丸投げしたい」「みんな売り」と皆が白旗上げた状態ではないです。皆は「いつ買ってやろうか」ということしか頭にありません。





そういうスケベな根性で株を買っても儲けることはできません。セリングクライマックス的な曲面は債務上限問題か中国が引き金になる可能性もあります。





もしかしたらそれは10月の下旬、11月くらいかもしれないです。なぜなら企業業績が引き金になる可能性もあるからです。





11月中旬から決算発表シーズンになりますが、すでに塗料メーカーのシャーウィン・ウイリアムズ(SHW)が利益警告をだし、すごく数字が下がっていました。





ちょっと待ってくれよという数字の下がり方だったので、企業業績の暗転というのは我々の目の前にあるリスクです。





まず、企業業績のリスクというものを認識してください。それが一番大事だと思います。さらにコンテナ船の用船料が上がってることやロサンゼルスのロングビーチ港の沖合にコンテナ船が数珠つなぎになって順番待ちになってるという問題もあります。





下手したらクリスマス商戦が空振りに終わるリスクもあります。そのようなこともあるので皆焦っています。





半導体不足で新車が組み立てられないので、また中古自動車の値段もグイグイ上がり始めてます。このような状況から企業業績は一つに縄ではいかないと思います。




ウサギ
ウサギ

以上です!!


タイトルとURLをコピーしました