スポンサーリンク

じっちゃまいう今後の投資ストラテジー(2021年7月28日以降編)今から入っても一回転取れない?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年7月28日の「北野誠のトコトン投資やりまっせ」のじっちゃまパートより、これからの米国株全体の投資ストラテジーについてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube「北野誠のトコトン投資やりまっせ」

「北野誠のトコトン投資やりまっせ。」7月28日

※米国株全体の投資ストラテジーについてのお話はこちらのYouTube Live 開始1時間8分40秒後あたりからはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

第2四半期の決算発表は過去最高級

現在は第2四半期の決算発表シーズン真っ只中ですが、先週末までのデータでS&P500の採用企業のうち約25%が決算発表を終えました。そのうち88%がEPSでポジティブ・サプライズをだしています。過去最高級の決算がでているということです。





前年同期比で見ると、+70%の成長率です。すごい数字ではありますが、昨年の第2四半期は新型コロナ蔓延による外出規制で経済が落ち込んでいたので前年比較が簡単になっています。





今までのところ、第2四半期は前年同期比で+70%ですが、第3四半期の予想は+23%、第4四半期は+19%と成長率が落ちていく構図になっています。





投資家の習性として「今がピークだ」と思うと、どうしても食指が動きません。今の決算がどんなに良くても、未来の成長は鈍化すると考えると、強気にはなれないという人もいます。




スポンサードサーチ

株価が反応しなくても良い決算なら売らない

アップル(AAPL)とマイクロソフト(MSFT)の決算はよかったですが、株価の動きはあまりよくありませんでした。その理由は好決算はすでに株価に織込済みだということになると思います。





このような状態ですと、投資家は非常に悩むのですが、僕の主義では良い決算を出す企業は次も良い決算をだせると思うので売りません。アタフタせずにしっかり抱いておけばいいと考えます。



スポンサードサーチ

個人投資家と機関投資家の意見対立

今は個人投資家と機関投資家では意見が対立しています。個人投資家は強気ですが、機関投資家は弱気です。新型コロナ以降からこれまでは個人投資家が圧倒的に正しかったです。





しかし、チャールズ・シュワッブのストラテジストであるリズ・アン・ソンダースがいうには、このような個人投資家が強気、機関投資家が弱気と二極化すると、経験則上、その後に株価が騰がらなくなることが多いそうです。僕も同意見です。




スポンサードサーチ

ロビンフッド(HOOD)のIPOについて

僕が証券界に入ったのは1986年ですが、その時は日本株はイケイケの相場で、古くから株式をやっていた人々は腰砕けのガクブルになっていましたが、「新人類相場」という若い人たちが向こう見ずな相場を張ったことがありました。





その後、1989年にド天井をつけて、惨めな相場になりましたので、この手の個人投資家ブームはあまり信じたくありません。





先ほど、米国証券取引等監視委員会(SEC)からロビンフッドのIPOに対して「ちょっと待て」が入りました。





その理由は、ゲームストップ(GME)やAMC(AMC)が1月に大商いになり、買い注文禁止措置をロビンフッドが取ったことがありました。





その商い停止の直前に、ロビンフッドの社員がそれらの銘柄を売り抜けたのではということで、SECから調査が入ったということです。これは嫌がらせです。





また、僕がロビンフッドのIPOで”いただけないな”と思うことは、「IPO株の35%を口座開設者に割り当てる」ということです。これは引受けのプロからしてみれば、とんでもないことで、通常縁故株でも売出株数の5%以内に抑えろと言われています。





ロビンフッドの35%の株はいわゆるフリッパーというすぐに売り抜ける人たちにいくと思います。だから、怒濤の売りがオープン直後にくるかもしれないです。





もちろん、ロビンフッドは人気銘柄なので、そういうことを知らない投資家が飛びついて、寄付きは高いかもしれないですが、僕ならパスです。





たとえば、コインベース(COIN)のIPOはズタボロでした。そして、このIPOがきっかけで仮想通貨が下がりはじめました。





ですので、コインベースと仮想通貨で起きたことが、ロビンフッドと米国株に起こるかもしれないです。個人投資家の資金は限られているので、ロビンフッドのIPOに掴まってどうにもならないということもあります。こういうのは非常に危なっかしいです。




【じっちゃま切り抜き】ロビンフッドのIPOは失敗します





スポンサードサーチ

今後の米国株の見通し

今の株高は8月が転換点だと思っていましたが、ジャクソン・ホールのシンポジウムでテーパーに関して何もでないかもしれないので、9月まで持ち越すかもしれないです。いずれにせよ、9月・10月は苦しい相場になるかと思います。





だから今から入っても一回転取れないというのが僕の考えです。今はIPOも非常に多いのですが、ほとんどがゴミです。





なかには、デュオリンゴ(DUOL)のような良い銘柄もあります。この会社は早い段階で黒字転換すると思います。このように20件に1件は良いIPOがありますが、ほとんどがゴミだです。




【じっちゃま切り抜き】7月28日にIPOされるデュオリンゴ(DUOL)についてのビデオ #じっちゃま #広瀬隆雄 #デュオリンゴ





ウサギ
ウサギ

以上です!!


タイトルとURLをコピーしました