スポンサーリンク

じっちゃまのいう「ロブロックス(RBLX)は決算未達だが、株価が下がらなかった理由」とは?

スポンサーリンク
RBLX
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!!

今回はじっちゃまYouTubeからロブロックス(RBLX)の2021年度第1四半期決算発表についてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

テクノロジー株急落とプライバシー保護規制の関係について

※ロブロックス(RBLX)の決算発表については、こちら2021年5月11日のじっちゃまYouTube開始1:49:04~はじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、2倍速なら1時間20分で観られますので、ぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

米国株ロブロックス(RBLX)の2021年度第1四半期決算発表について

ロブロックスの2021年度第1四半期決算は、EPSが予想13セントに対して結果は-46セントでした。これは一時要因を含んでいるので比較対象にはならないと思います。





売上高は予想4.91億ドルに対して、結果は3.87億ドルと未達でした。売上高成長率は前年同期比+139.5%でした。





また、ブッキングスは前年同期比+161%の6.52億ドルでした。売上高とEPSが未達でしたが、株価が下がらない理由は、このブッキングスの数字が非常に強かったからです。




スポンサードサーチ

ブッキングスとは?

ブッキングスというのは、ロブロックスには「ロバックス」というゲーム内通貨があるのですが、ゲームをする人はまずロバックスをクレジットカードなどで購入します。





そして、購入したロバックスを使用してゲーム内で洋服を買ったり、剣を買ったりします。つまりブッキングスというのは、ユーザーが米ドルや日本円をロバックスに換金した金額になります。





2021年度第1四半期のブッキングスは6.52億ドルですが、それは売上高とは呼びません。その理由は、ユーザーが購入したゲーム内通貨を使用して初めて売上高に立ててよいという会計原則になっているからです。





つまり、今期の売上高が未達だった要因は、ユーザーがロバックスに換金していたにも関わらず、ゲーム内での消費が振るわなかったからということができます。





しかし、ロブロックスの銀行口座には、6.5億ドルというものすごいお金が飛び込んできています。つまりキャッシュとしては積み上がっているけれど売上高として計上できない状態です。





たとえば、子供が遊園地に行って、園内を一周する汽車ぽっぽに乗るとします。子供は乗車券を購入しますが、その時点では売上高に計上してはいけません。





その理由は、その子を汽車ぽっぽに乗せて遊園地の中を一周してないからです。一周してない限り義務は果たしてないので、それは預かり金であって売上げではありません。





このように、ロバックスもいずれ使用されるので、ロブロックスの投資家は今回の売上高のミスはあまり気にしないと思います。




スポンサードサーチ

米国株ロブロックス(RBLX)の四半期別売上高推移

ロブロックスのこれまでの売上高推移と、前年同期比の成長率のグラフを作成しておきました。売上高も成長率もキレイに右肩上がりで伸びています。








スポンサードサーチ

米国株ロブロックス(RBLX)の四半期別ブッキングス推移

こちらがロブロックスの四半期別ブッキングス推移です。








スポンサードサーチ

米国株ロブロックス(RBLX)の年度別EPS推移

こちらがロブロックスの年度別EPS推移です。2021年度と2022年度はマーケット・スミスに掲載されている予測EPSです。








スポンサードサーチ

米国株ロブロックス(RBLX)の株価

2021年5月18日の終値は74.99ドルでした。決算発表翌日の株価は終値ベースで前日比+21%でした。今回がIPO後初の決算発表だったのですね。









※ロブロックス(RBLX)については、こちらの過去記事にもまとめてありますので、あわせてお読みください。





ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました