じっちゃまのいう「ローズタウン(RIDE)に対するヒンデンブルグのネガティブレポート」とは?

スポンサーリンク
RIDE
ウサギ
ウサギ

今回はローズタウンモーターズ(RIDE)についてのヒンデンブルグのネガティブレポートの要約を日本語にしてまとめておきました

スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter

じっちゃま
じっちゃま

ローズタウン(RIDE)にヒンデンブルグがネガティブなレポート。予約注文はダマシである可能性あり。エンデュアランスの開発は遅延している。今年量産に入れない。NHTSAテストはクリアしてない。試作車の火災事故が1月に発生。午後10:35 · 2021年3月12日







じっちゃま
じっちゃま

炎上するエンデュアランス。午後10:38 · 2021年3月12日

画像
画像






じっちゃま
じっちゃま

カカアはツオイってことだよな。午後11:07 · 2021年3月12日






じっちゃま
じっちゃま

低金利では皆SPACとかの妖艶な銘柄で火遊びしたがる。でも音楽が止まったら……そのへんの銘柄はひとたまりもない。午後11:08 · 2021年3月12日






じっちゃま
じっちゃま

投資家のテーマ株、ストーリー株を見る目が厳しくなっている。


(やっぱ、うちのカアちゃんのほうがいい)


そゆこと。午後11:08 · 2021年3月12日






じっちゃま
じっちゃま

最近、こーゆー話、多くね?SPCEが高高度迄母船で運んでもらい、いざ宇宙へ!と思ったらロケット噴射できず、すごすご帰ってきたとか。午後11:16 · 2021年3月12日






じっちゃま<br>
じっちゃま

インパール作戦じゃないんだから…ダメだと知ったら引き返せよ(笑)午後11:29 · 2021年3月12日




ローズタウンモーターズ(RIDE)に対するヒンデンブルグのネガティブレポート要約

全文はこちら“The Lordstown Motors Mirage: Fake Orders, Undisclosed Production Hurdles, And A Prototype Inferno”から読むことができます。冒頭の要約部分(と言っても長い)のみかんたんにまとめておきます。




予約注文は欺しである可能性

ローズタウンモーターズは、収益も販売可能な製品もない電気自動車SPACであり、需要と生産能力の両面で投資家を誤った方向に導いていると私たちは考えています。





同社はこれまで一貫して、10万台の予約注文があったことを、EVトラックの需要が高い証左であるとしてきました。





元従業員やビジネスパートナーとの会話、および広範なドキュメントのレビューから、注文の大部分は架空であり、資本を調達し、正当性を与えるための小道具として使用されていることがわかります。





たとえば、ローズタウンモーターズは最近 E Squared Energyから14,000台のトラック契約を発表したが、これはおそらく7億3500万ドルの売上に相当します。





E Squaredはテキサス州の小さな住宅アパートを拠点としていますが、そこでは車両を運用していません。









また、1,000台のトラック分を5250万ドル注文したのは、2人で運営するスタートアップ企業で、UPSストアの住所を持つリージャスのバーチャルオフィスです。





私たちはオーナーに話を聞いてみたが、実際に車を注文してはおらず、 「予約」 は単なるマーケティング関係だと言いました。





ローズタウンモーターズから500台のトラックを買うことになっている別の会社は、「…意向表明書(LOI)は拘束力がない。これは、予約注文を強制するものでも、トラック購入を契約で強制するものでもない」と言っています。





ローズタウンモーターズのCEOであるスティーブ・ バーンズはこれらの取り決めを「非常に深刻な注文」と呼んでいます。





初めてのお客様との契約は、保証金が不要で拘束力がありません。想定されている顧客の多くは試運転もしておらず、また実際に購入を行う手段すらをも持っていません。









元従業員や訴訟記録によると、スティーブ・バーンズは資金を調達して信頼性を得るために、Woワークホース(WKHS)のCEOを務めていた2016年には、すべてのトラックの予約に対して、コンサルタントへの支払いをはじめていました。





その後、2020年にはローズタウンモーターズの最終的な株式公開に向けて、Climb 2 Gloryという小さなコンサルティンググループが予約注文を生成するために支払われました。





Climb 2 Gloryは、この予約注文ゲームの目的について「予約注文が早ければ早いほど、企業に対する投資家の信頼が高まり、資金の流入も早くなる」と率直に語りました。





Climb 2 Gloryを通して40台のトラックを購入することをコミットしたある会社の代表は、「…私は何にもコミットしていません、一台の車を買うことにも。車の購入を検討することにはコミットしました。何かをコミットする前に、多くの疑問があった」と私たちに語りました。





他の人たちも同じようなことを言いました。「このサイズ (15) のコミットは全く不可能」と、ラヴェンナ市の代表が事前予約について話してくれました。私たちは、実際に車を購入する意思がないと主張する他の多くの 「顧客」 について文書化しています。




エンデュランスの開発は遅れ、今年中に量産に入れない

ローズタウンモーターズの創始者でCEOのスティーブ・バーンズと仕事をしたことのある元シニア社員たちは、彼のことを「詐欺師」、あるいは「P.T.バーナム」だと公然と言っていました。





あるシニア社員は、数年間スティーブと一緒に仕事をしていた時に、彼らのキャリア全体で見ていたよりも疑わしく、非倫理的なビジネス慣行を見たと語りました。





ワークホースからの辞任を許可されたにもかかわらず、研究開発費を浪費し、約束された期限を守れなかったことで、取締役会がバーンズを古い会社から追い出したことをそのシニア社員は説明しました。そして数ヵ月後にバーンズはローズタウンモーターズを立ち上げました。





ローズタウンは9月までに車を生産すると主張しているにもかかわらず、元従業員は同社が「いかに遅れているか」と「抜本的な」 設計変更を行っており、生産まで3~4年かかると見られると述べました。





バッテリーパックは社内で製造されると主張していたにもかかわらず、生産環境に置かれるどころか、機器が届くのは数ヶ月先だと言われました。その間に、電池パックを手作業で組み立てているとも言われました。




NHTSAテストにクリアしていない&試運転で炎上

また、元従業員は、同社がNHTSAによって要求されている寒冷地テスト、耐久性テスト、連邦自動車安全基準 (FMVSS) テストを含む、必要なテストや検証を完了していないことを教えてくれました。





2021年の1月、ローズタウンの最初の路上走行テストでは、走りはじめて10分後に車が炎上しました。私たちは警察への緊急電話とFOIAの要請で受け取った警察の報告書のコピーを共有します。









ローズタウンモーターズは2020年10月に上場したばかりですが、その間に役員たちは2800万ドル相当の株式を売却しています。「大量生産の時代を迎えようとしている」と主張する実際には製品のない企業の株を役員が処分してしまうのは、まずい前兆だと思います。





Source:”The Lordstown Motors Mirage: Fake Orders, Undisclosed Production Hurdles, And A Prototype Inferno”




スポンサードサーチ

ローズタウンモーターズ(RIDE)の株価

2021年3月12日の終値は14.78ドル、前日に比べて-16.54%(2.93ドル)下落していました。









ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました