スポンサーリンク

じっちゃまのいう「阿鼻叫喚、修羅場に備えてやっておくべきこと」とは?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

【米国株じっちゃま切り抜き】株式投資で儲からない人はこの動画を見てウォーレン・バフェットの教えを学んで!!阿鼻叫喚、修羅場がきて手遅れになる前にどうぞ!!

※じっちゃまのいう「阿鼻叫喚、修羅場に備えてやっておくべきこと」はこちらの切り抜き動画開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひ動画も観てください!!チャンネル登録もよろしくお願いします!!




スポンサードサーチ

米国株式投資初心者でも使えるウォーレン・バフェットの教え

【質問】もしウォーレン・バフェットから初心者でも学ぶことがあるとすればなんでしょうか?





【じっちゃまの回答】ウォーレン・バフェットがジェフ・ベソスかビル・ゲイツと対談した時に「バフェットさん、あなたが提唱している投資スタイルは別に難しいことじゃないですよね。なぜ一般の投資家はあなたが提唱している投資スタイルでリッチになれないのでしょうか?」という質問がでました。





それに対してバフェットが言ったことは「普通の人は一刻も早くリッチになりたいと思うものだ。だからゆっくりリッチになりたいと思う奴は一人もいない。そこが間違っている」と言っていました。





バフェット流の極意は「時間をかけてゆっくり儲ける」という急がばまわれ方式です。そして投資家が勝たなきゃいけないのは「早くリッチになりたいと」いう己の心に対してです。それはまったくその通りだと思います。





具体的にいうと、みんなのポートフォリオがチャラチャラした個別株ばっかりでVTIのポジションが小さいのは、みんなの心の中に「VTI なんて退屈だよね、それよりかもっと速く大きな利食い幅で儲けるやり方ないかな」という心があるからです。





みんなは、チャラチャラした実績のない企業の株ばかりを買い込んでいますが、現実には若い企業に失敗はつきものです。





それでも「失敗はない」と決めつけて泡沫的な株ばかりを買っています。バフェットの教えというのは、そのような”Get Rich Quick”のメンタリティでは、あなた億万長者になれません、ということです。



スポンサードサーチ

これから阿鼻叫喚、修羅場はどこにやってくる?

僕はバフェットの教えの通りだと思います。これから何が起こるかというと、阿鼻叫喚、修羅場がやってきます。その修羅場がどこに来るかというと、小型株やアグレッシブ・グロース株、ハイパー・グロース株に来ます。





アストラ(ASTR)や最近IPOされた銘柄などは、仮に9月にテーパーが発表されたら、瞬間的にピンって感じで討ち死にするわけです。





僕ら老人はそれを理解しているので今はVTIでお茶濁しています。しかもそのVTIを少し削ってキャッシュをこしらえています。





君ら若者が野垂れ死んで死屍累々になっているところに、「これもあれもいただきます。ごっつぁんです」と安く売りたたかれている銘柄に出動するわけです。だから「はやくリッチになりたい」というメンタリティを戒めてください。




スポンサードサーチ

葛藤を乗り越えてたてたポジションはお宝になる

もっと言えば、今の相場で何が気に入らないかというと、葛藤というものがないですよね。ポジポジ病で深い考えもなくたてたポジションは最も危ないポジションです。





反対に、「これはもう血の海だわ、恐ろしい」という時に、恐怖を乗り越えてちょっとだけ買ったポジションはお宝ポジションになります。





そういう時にたてたポジションで大失敗することはほとんどありません。危ないのは「ちぇっ、アファーム(AFRM)はアマゾン(AMZN)と提携かよ。株価30%騰がってんのかよ。でもみんな買ってるみたいだし、じゃあ俺も買っておくか」という感じのポジポジ病で何かやってなきゃ気が済まない。これをやってるうちは相場は上手くなりません。




ウサギ
ウサギ

以上です!!







タイトルとURLをコピーしました