スポンサーリンク

【週刊じっちゃま】先週の主な米国株式ニュースとじっちゃまを振り返る

スポンサーリンク
週刊じっちゃま
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

先週(2021年5月17日~5月21日)の主なニュースとじっちゃまを一緒に振り返ってみたいと思います。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

2021年5月17日(月)の相場とじっちゃま

インフレ懸念により、週のはじめから株式市場は軟調でした。しかし、5月17日にアップされたじっちゃまのZai Online記事によると、直近のインフレ高は前年比較が容易なため「1.8%程度の下駄を履いている状態」が一つの原因とされています。





また、車載半導体不足による中古車価格や製材所の設備不足による材木価格上昇による「ボトルネック」もCPIを押し上げた一因とされており、これらは一過性であるとの見方が強いです。





同記事では、インフレ率が上昇しても沈静化しても問題ないようにポートフォリオを構築すべきであり、素材株や市況株はすでに安くないので、ハイパー・グロース株に妙味があると述べています。





引用元:米国株は「インフレ」で上がるのか、下がるのか?インフレ懸念で株価が上昇している素材株や市況株よりも、割安になった「ハイグロース株」が狙い目に!(5月17日、Zai Online)




スポンサードサーチ

2021年5月18日(火)の相場とじっちゃま

ウォルマート(WMT)とホームデポ(HD)の決算が好調、これにより10年債利回りが上昇して、株式が全面安に繋がったとみられています。





じっちゃまはTwitterで「コロナの金余りによる投資ブームはもう終り」と言っていました。株式投資で失敗できないのであれば「VTI(Vanguard Total Index) を買って」とのことでした。




※VTIについては過去記事にもまとめてありますので、あわせてお読みください。





スポンサードサーチ

2021年5月19日(水)の相場とじっちゃま

この日は中国の金融業界団体が、金融機関による暗号資産関連の規制を強化したことが嫌気されビットコイン(BTC)価格が一時4万ドルを割り、イーサリアム(ETH)も下落しました。





この日のじっちゃまTwitterは「投資ブームは終わったので、株式市場や仮想通から足を洗って」、「なぜVTIを買ってないの?」「iDeCoで全米型株式ファンドに投資することをすぐはじめなさい」とのことでした。





※じっちゃまおすすめのiDeCoと積立NISAについては過去記事にまとめてありますので、こちらもあわせてお読みください。






そして、この日は4月27日~28日にかけて行われたFOMCの議事録要旨が発表されました。FRBが掲げる目標の達成には程遠いとの見解で一致しているが、一部のメンバーはテーパリングの討議開始を視野に入れていることがわかり、長期金利が上昇して株価は下落しました。





じっちゃまは「全売りはしない、コア・ポジションは堅持、スケベ・トレードはSTOP、ポジション気持ち軽め」とのことをTwitterで言っていました。





さらに、現在のマーケットは「臨月を迎えた妊婦で、テーパリングを通過するまで(子供が産まれるまで)痛いたけど、通貨してしまえばオッケ」とツィートしていました。





ETF Gateのじっちゃま寄稿記事では2013年の「テーパータントラム」の時にも、市場は混乱したが、それは一時的なものだったので、あまり神経質になる必要はないとのことです。





そして、「中央銀行が考えていることと、市場参加者が予期していることの間で齟齬が生じやすい局面にさしかかっているので、今後のFRBのメッセージを注意深く聞き届けることが必要」と書かれていました。









引用元:4月の連邦公開市場委員会議事録の中に「テーパーリングの検討を、そろそろ始めた方が良い」という記述が……(2021/5/20, ETF Gate Way)




スポンサードサーチ

2021年5月20日(木)の相場とじっちゃま

この日は米国10年債利回りが反落して、ハイテク株を中心に株価は上昇しました。アメリカの新規失業保険申請件数の改善が市場心理を押し上げたとの見方です。また、この日はビットコイン(BTC)が再び4万ドル近辺まで値を戻しました。




スポンサードサーチ

2021年5月21日(金)の相場とじっちゃま

5月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は61.5(市場予想60.2)と好調でしたが、10年債利回りは上昇せずでした。しかし、株式市場はまちまちの展開でした。またビットコイン(BTC)もイーサリアム(ETH)も下落しました。





じっちゃまの「いま景気サイクルのどこにいるのか?」という記事がSBIからアップされましたが、新型コロナによる景気後退からの景気拡大は通常とは異なり、過去のサイクルとは一線を画しているとのことです。





引用元:【広瀬の外国株式デビュー講座】いま景気サイクルのどこに居るのか?(2021/5/21, SBI証券)






また、この日にはじっちゃまの楽天トウシル記事もアップされました。現在は景気改善のピークに差し掛かっており、今後は鈍化すると予想されるため、投資家は妥当バリュエーションがわからずにためらっていることに加え、長期金利上昇という逆風から「何を買っても儲けさせてくれない」という難しい相場になっているとのことです。





引用元:投資判断は警戒?追随?米国景気改善の変化率がピークをつけるとき(2021/5/21,楽天トウシル)




スポンサードサーチ

来週(5月24日~28日)の主なイベント

来週の主なイベントの予定はだいたいこんな感じです。




日付イベント
24(月)・FOMCメンバー講演(ブレイナード理事、クリーブランド、アトランタ、カンザスシティ連銀総裁)
・ローズタウンモーターズ(RIDE)決算発表(引け後)
25(火)・クォールズFRB副議長議会証言(上院銀行委員会)
・米新築住宅販売件数(4月)
・コンファレンスボード消費者信頼感(5月)
26(水)・オクタ(OKTA)決算発表(引け後)
27(木)・米耐久財受注(4月)
・米実質GDP(1~3月期、改定値)
・ヴィーバシステムズ(VEEV)決算発表(引け後)
28(金)・米バイデン大統領が22年度予算教書発表
・G7財務相・中央銀行総裁会議(オンライン)
・米PCEコアデフレータ(4月)
参考:SBI証券webページ





ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました