スポンサーリンク

じっちゃま2022年2月6日YouTube石油・エネルギー関連株Q&Aまとめ その①

スポンサーリンク
PBR
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2022年2月6日じっちゃまYouTubeから「石油・エネルギー関連株Q&A」についてまとめておきました!!

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube文字起こし&まとめ

石油株に関するQ&Aをまるっとまとめた動画集その1①EC、YPFについて ②BPに妙味があると思う理由 ③原油価格に敏感なPBR、CLR ④今原油価格が上昇している理由【米国株じっちゃま切り抜き動画】

※石油・エネルギー関連株Q&Aについてはこちらの切り抜き動画開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししてありますがぜひご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします!!




スポンサードサーチ

石油株シェブロン(CVX)エクソン(XOM)、シェル(RDS.A)BP(BP)のなかで買うならどれ?


【質問】シェブロン(CVX)エクソン(XOM)、シェル(RDS.A)BP(BP)のなかで良い銘柄は?





【じっちゃまの回答】今ならBPです。それはBPがいい会社だからではなく、シェブロンやエクソンは株価的に先駆けしてるので、少し出遅れているBPの方が今は買いやすいこいうとです。





石油会社では歴史に見て一番尊敬されているのは昔は常にエクソンでした。その理由はエクソンはリザーブ・リプレースメント・サイクル(生産した石油を販売し、その資金を探索に投入して新しい油田を見つけてくるサイクル)が最も効率的で次々と新しい油田を発見することができたからです。





しかし近年はエクソンの優秀さは剥げてきています。エクソンに次いで2番目リザーブ・リプレイスメントが高かったのはロイヤル・ダッチシェルです。





昔はオランダのハーブとロンドンの二箇所に同時上場してました。税制の違いの関係でオランダとイギリスでは配当利回りが違っており、イギリスの方が少し有利だったので、つい最近イギリスに一本化しされました。





それはすごくよいリストラクチャーだったので、シェルの評価が少しアップすると僕は思っています。





BPは操業上で事故による原油流出など、環境保全の問題がを歴史に繰り返されてきたのが株価が出遅れている理由だと思います。




スポンサードサーチ

原油価格の動きに敏感な銘柄はペトロブラス(PBR)、コンチネンタルリソーシーズ(CLR)?

【質問】原油価格に敏感な銘柄とそうでない銘柄がある。





【じっちゃまの回答】オイルメジャーの石油会社は原油も天然ガスもやっている企業が多いからです。同様のことはシェールにも言えます。





一番原油比率が高い企業は、例えばペトロブラス(PBR)やコンチネンタル(CLR)があり、ほぼピュアに石油をやってる企業だと思います。





一方、オイルメジャーのなかではロイヤルダッチシェルが天然ガスの会社だと言うことができると思います。





シェルは巨大な先行投資をして、仕組みビジネスとして長期にわたって安定的に天然ガスをLNGのようカタチで供給するのが得意です。




スポンサードサーチ

原油価格の見通しは?なぜ上昇している?

【質問】原油の見通しは?





【じっちゃまの回答】現在の原油価格は80ドル台から90ドル台にまでのっかり、100ドルを目指す展開になりつつあります。





みんなが強気になっている理由の一つには、アメリカのシェールの供給に天井が見えてきたというか、生産量に対する頭打ち感が出始めているからだと思います。





一歩下がって説明すると、シェールというのはロボットドリルやセンサーなどハイテクを駆使した生産方式です。





それはデータ処理能力やセンサー技術、人工知能など進歩によって、シェールは効率よくいくらでも増産できるというのが去年ぐらいまでの業界の認識でした。





しかし、今は技術面での頭打ち感か地下にあるシェールに閉じ込められている石油や天然ガス自体に取り尽くし感があるということが改めて痛感されていて認識が変化してきています。





もっといえば、シェールは新技術で雨後の筍みたいに増産できるが、「あまりにも増産すると需給関係が崩れて株主様からお叱りを受けるので増産しない」ことが去年までのシェール企業の株価上昇の原因だと思われてました。





しかし、今はそうじゃなくて同じシェール企業でも「増産してる企業」と「温存している企業」に別れています。





そして、今は価格が上昇しているのにシェールを増産している企業はバカで、温存している企業は賢いという認識が出てきています。





スポンサードサーチ

パイオニア・ナチュラル・リソーシーズ(PXD)、ダイヤモンドバッグ(FANG)は人気

例えばパイオニア・ナチュラル・リソーシーズ(PXD)は3つくらいのシェール企業を買収して、一つの大きな会社にしてますが、大同合併した後で泡沫的なシェールをどんどん売却して、一番長く生産できる優良なアセットだけをキープしています。





そのようなポートフォリオの選別作業をやってるだけで株価がするする上昇しています。他にもダイヤモンドバッグ(FANG)というシェール企業は、PXDと同じストーリーではないですが、優良な場所に鎮座して生産しているので、人気が出るというストーリーです。





スポンサードサーチ

シェールのオワコン感が原油価格上昇の原因?

現在、増産しているシェール会社は泡沫的な業者が多くて、生産できるだけ生産して廃業するというノリでやってる企業が多い気がします。





それを除いて、一歩下がって見てみるとシェールってオワコンじゃない?というムードが出てきています。





2014年以降に原油価格がだだ下がりになった一つの理由は「シェールは無制限に増産できる」という認識でした。しかし、その大前提が崩れてきて石油価格が上昇しているということです。




ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました