2020年度第4四半期決算はポジティブサプライズに関わらず株価の反応はネガティブ(ファクトセットより)

投資に役立つ知識
ウサギ
ウサギ

なーんか、決算良くても株価が反応してない銘柄多くないか?と思ってたところ、ファクトセットの記事を見つけたのでかんたんにまとめました。

スポンサードサーチ

2020年度第4四半期、S&P 500企業のポジティブサプライズに対し、市場はネガティブな反応を示している

Overall, 83% of the companies in the S&P 500 have reported actual results for Q4 2020 to date. Of these companies, 79% have reported actual EPS above estimates, which is above the five-year average of 74%.



In aggregate, companies are reporting earnings that are 14.6% above the estimates, which is also above the five-year average of 6.3%.

https://insight.factset.com/sp-500-companies-see-negative-price-reaction-to-positive-eps-surprises-in-q4

(拙訳) これまでS&P500企業の83%が2020年度第4四半期の決算発表を終えています。これらの企業のうち、79%がEPSがアナリストの予測を上回っており、これは5年間の平均である74%よりも高い数字です。企業全体の利益は予測を14.6%上回っており、これも5年間の平均である6.3%よりも高いです。



Given the unusually strong performance of actual earnings relative to analyst estimates and the improvement in the earnings growth rate over the past few weeks, how has the market responded to positive EPS surprises during the Q4 earnings season?



Companies that have reported positive earnings surprises for Q4 2020 have seen a decline in price of -0.1% on average two days before the earnings release through two days after the earnings release.

https://insight.factset.com/sp-500-companies-see-negative-price-reaction-to-positive-eps-surprises-in-q4

(拙訳) アナリスト予測と比較して実際の利益が異常に好調であること、および過去数週間にわたる利益成長率の改善を考慮すると、第4四半期の利益報告シーズンにおけるEPSのポジティブサプライズに対する市場の反応はどうだったのでしょうか?





2020年度第4四半期にポジティブサプライズの決算発表をした企業の株価は、決算発表の2日前から決算発表の2日後までに平均-0.1%下落しました。






This percentage decrease is well below the five-year average price increase of +0.9% during this same window for companies reporting positive earnings surprises.



If the final percentage for the quarter is -0.1%, it will mark the first time the index has seen an average decrease in price (over this four-day window) for S&P 500 companies reporting positive EPS surprises since Q4 2019 (-0.2%).

https://insight.factset.com/sp-500-companies-see-negative-price-reaction-to-positive-eps-surprises-in-q4

(拙訳) この-0.1%という減少率は、ポジティブサプライズの決算発表をした企業の同期間の平均株価上昇率である+0.9%を大きく下回っています。



もし、第4四半期の最終的な数値が-0.1%であれば、ポジティブサプライズEPSにも関わらず、S&P 500企業の平均株価 (4営業日間で) が下落するのは、2019年第4四半期 (-0.2%) 以来となります。






Why is the market not rewarding companies (on average) that have reported positive earnings surprises? It is likely not due to EPS guidance or analyst revisions to EPS estimates for the first quarter.



To date, 63% (53 of 84) of the companies that have issued EPS guidance for Q1 have issued positive guidance. This percentage is well above the five-year average of 33%. In aggregate, analysts increased EPS estimates for Q1 by 3.5% during the month of January. This was the highest percentage increase in EPS estimates over the first month of a quarter since Q1 2018.

(拙訳) なぜ市場はポジティブサプライズを報告した企業 (平均で) に報酬を与えないのでしょうか?これはおそらく、第1四半期のEPSガイダンスまたはEPS予測に対するアナリストの修正によるものではありません。





現在までに、第1四半期のEPSガイダンスを発表した企業の63% (84社中53社)がポジティブなガイダンスを発表しています。これは5年間の平均33%を大きく上回っています。1月中に2021年度第1四半期のアナリスト予測EPSは3.5%増加しました。これは2018年第1四半期以来最高のEPS予測の増加率でした。




全文:John Butters ”S&P 500 COMPANIES SEE NEGATIVE PRICE REACTION TO POSITIVE EPS SURPRISES IN Q4” February 19, 2021




ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました