スポンサーリンク

じっちゃまのいう「エヌシーノ(NCNO)のウェルズファーゴ(WFC)からの受注はバカでかいが今後もEPSはギクシャクしそう」とは?

スポンサーリンク
WFC
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年9月5日のじっちゃまYouTubeとTwitterからエヌシーノのウェルズファーゴからの受注についてのお話をまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube まとめ

エヌシーノ(NCNO)のウェルズファーゴ(WFC)からの受注はバカでかいが今後もEPSはギクシャクしそう【米国株じっちゃま切り抜き動画】

※ エヌシーノのウェルズファーゴからの受注についてのお話はこちら2021年9月5日のじっちゃまYouTube切り抜き動画開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひ全編とおしてご覧ください。



スポンサードサーチ

米国株エヌシーノ(NCNO)のウェルズファーゴ(WFC)からの受注はバカでかい

【質問】NCNOの決算は、ガイダンスをミスしてたが、Twitterでやや微妙で許せる範囲と言ってた。売上、EPS、ガイダンスのいずれかをミスしてもホールドできる決算とはどういうもの?その際、どのような点に着目して判断すれば良い?






【じっちゃまの回答】エヌシーノ(NCNO)は今期ものすごい場外ホームランをかっ飛ばしました。それはウェルズファーゴ(WFC)のリテールバンキングとそれから法人向けバンキングの貸付エンジンの受注です。





僕はそのニュースを見た時、「あっ」と言葉を失いました。「エヌシーノはウェルスファーゴに食い込めるまで立派なの?」という気持ちが半分、もう半分は「ウェルズファーゴここまで落ちたのか?基幹システムをスタートアップ企業に任せていいの?」という気持ちで目が点になりました。





そのくらいでかい受注だったと思います。ウェルズファーゴのエヌシーノへの発注のニュースは地銀や信用金庫だけではなく、メガバンクの重役会でも絶対話題になっていると思います。





しかし、今回のニュースを見ても全然動じない金融機関が1社だけあると思います。それはJPモルガンです。CEOのジェイミー・ダイモンは「今まで通りに行こう」と言うと思います。




なぜならJPモルガンのITチームはすごい部隊があり、ものすごく先行投資もしているので、エヌシーノなんて屁でもないと思っているかもしれません。





しかし、ウェルズファーゴには「おたくのウエブサイトはこれもできないあれもできない」「アプリだしてくれよ」「なんなのこのしょぼいシステム」というような顧客からの苦情やコメントが寄せられており、それに対してIT担当者も頭を抱えている状態です。




スポンサードサーチ

実は真っ先にネットバンキングをはじめたのはウェルズファーゴだった!


歴史を紐解くとインターネットが出てきた時に、メガバンクの中で真っ先にインターネットバンキングを打ち出したのは実はウェルズファーゴでした。





1996年ぐらいのことですが、その当時はウェルスファーゴだけが口座を開設すべき銀行でした。僕(じっちゃま)もウェルズファーゴに口座を持っています。





しかし、彼らはその時にウェブサイトを立ち上げて以降は全然更新していません。だからもう20年ぐらい経った古いシステムで行っています。





今はアプリの時代なので、デスクトップのネットバンキングなんてどうでもいいわけです。ウェルズファーゴは劣後していたにも関わらず、 例の架空口座開設問題でものすごく大混乱になってIT投資は後回しになっていたのです。





それが今、ネットバンキングに体する苦情がものすごくきていて、IT担当者もお手上げなのでエヌシーノににしようと旗を上げたわけです。





これは画期的なことです。なぜかというと、かつてはアメリカのメガバンクの中のITリーダーだったウェルズファーゴがエヌシーノのに「すいません」と門戸を叩いているわけだからです。




スポンサードサーチ

米国株エヌシーノ(NCNO)のEPSは今後もギクシャクするかも

エヌシーノのロールアウトというのはこれから少しずつ起こっていくのだと思います。しかし、アメリカ人の3人に1人がウェルズファーゴとクレジットカードなり銀口座なり何らかの商売をしています。





そのくらいメガバンクなので、新しいソフトへのロールアウトにはものすごく時間がかかると思います。多分当座は費用の持ち出しになると思います。





ですので、今後も出費が多いためにエヌシーノのボトムラインEPSはぎくしゃくすると思います。しかしそれは経営が悪いからではないです。





たとえば、ヘミングウェイの『老人と海』のように老人が釣りをしていたら、めちゃくちゃ大きな魚が釣れてしまって格闘しているのをイメージしてみてください。エヌシーノもウェルズファーゴという大きな魚を釣って格闘しています。





今後の決算に関しても、僕は「これできるかな」という感じで正直あまり将来の決算ガイダンスに対する信頼度というのは高くないです。





なぜかというと、「第何次オンライン計画」というインフラストラクチャーの刷新がどれほど辛いことかというのは銀行勤めてたのでよくわかっているからです。





そのような中でエヌシーノは超場外大ホームランをかっ飛ばしました。だからもしエヌシーノがウェルズファーゴにきちんとしたサービスを提供できれば、他の金融機関も「うちもエヌシーノで良いのでは?」というカタチになると思います。





例えば証券界でいえば「ゴールドマンでもこれやってるなら、うちがやってもいいよね」ということと一緒です。ウェルズファーゴにはそのようなオピニオンリーダー的な意味合いがあります。




スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter「エヌシーノ(NCNO)決算だけを問題にすれば…やや微妙だと思います。許せる範囲で」

じっちゃま
じっちゃま

エヌシーノ(NCNO)午後9:13 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

決算だけを問題にすれば……やや微妙だと思います。許せる範囲で。午後10:13 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

どうしても相手が銀行なのでセールスサイクルが長いです。セールスサイクルとは、最初に営業で訪問してから成約へ至るまでに要する日数を指します。銀行のひとたちは慎重なので、ちょっとやそっとでは契約に調印しません。午後10:15 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

成約した後も、最初はそれぞれの顧客銀行のインターネット・バンキング・サイトとの摺り合わせとかあるので、持ち出しになるケースもあると思います。もちろん、そのような初期費用のかなりの部分は別途サービスフィーを顧客に請求してますが。午後10:16 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

これらの理由でエヌシーノの業績は他のSaaS企業に比べると凸凹になりやすいです。午後10:17 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

でも一度銀行の新規口座開設用ソフトとか貸付業務ソフトを請け負えば、よっぽどそそうしない限り、契約打ち切りにはなりません。なぜならベンダーを変更するコストが馬鹿にならないから。午後10:19 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

エヌシーノはモジュール方式(=積み木みたく)でいろいろなソフトを提供しています。Land & expandと言って、まず銀行にひとつのソフトを使ってもらい、(安心して任せられるな…)と思ったら徐々に役務範囲を広げてゆく方法を採っています。午後10:20 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

ある銀行が他の銀行に「エヌシーノ使ってみて…どうでした?」と照会することも多いです。地銀、信金などはどこも同じ問題を抱えていますので悩みは一緒。午後10:22 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

具体的には新型コロナで顧客が銀行の支店に来なくなり、インターネット・バンキングが主流になってきているので、ネットでのプレゼンスを強化しなければいけない。午後10:23 · 2021年9月2日





じっちゃま
じっちゃま

米国のリテール・バンキング(個人向け銀行業)は、とてもローカル。だから他地域に展開する地銀同士は直接競争しません。その関係で「すんません。教えて下さい」と教えを乞えば、お互い様なのでレファレンスを共有します。午後10:29 · 2021年9月2日





ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました