じっちゃまのいう「3月相場の取り組み方」とは?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
ウサギ
ウサギ

今回はじっちゃま(広瀬隆雄さん)のYouTubeライブより、「3月相場の取り組み方」についてかんたんにまとめました。

スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

3月相場にどう取り組む?

※3月相場の取り組み方についてはこちら3月3日のじっちゃまYouTube動画開始後すぐにはじまります。



3月は積極的に株式相場に取り組んでいくべき

3月の株式市場について




3月相場の取り組み方についてお話する前に、まず上のチャートをご覧ください。こちらはS&P500の月次パフォーマンスを1950年まで遡って平均したものです。





3月は+1%、4月は+1.6%となっていることがわかります。2月の-0.03%という時期を脱したので、これからは積極的に株式市場に取り組んでいくべきではないかと僕(じっちゃま)は考えています。




金利について

2月に相場が下がった理由は長期金利です。下のチャートは米国10年債利回りの推移をあらわしたものですが、2月後半に1.5%を超えるまでに上昇しました。










株式と市中金利はシーソーの関係にあるので、市中金利が急騰する局面では市中金利は下がりやすいです。





2月の株式市場の混乱は10年債利回りが急騰したので、株式市場参加者が怖じ気づいたということです。




企業業績について

次に企業業績に関するチャートをお見せします。下のチャートはS&P500の四半期ごとEPS成長率を前年同期比で示したものです。






赤い丸印の部分が今回(2020年度第4四半期)の決算発表です。決算発表が始まる前は、2020年度第4四半期はダウンすると予想されていました。





しかし、蓋を開けてみれば、かろうじて前年同期比プラスで終えることになりそうです。





もうひとつ、このチャートから読み取れることは新型コロナが蔓延して外出禁止令がだされた2020年度第2四半期あたりは業績の落ち込みが酷かったです。





しかし、その落ち込みからだんだんと切り返していることがわかります。つまり、2021年度第2四半期あたりは、前年同期比で容易に上回ることが予想されます。





現在、アメリカは「金融相場」の真っ只中です。今後も金融相場は続きますが、ある時点(これから1年後ぐらい)でFRBが利上げすることになれば、金融相場が終了して「業績相場」へと移行することになります。



【重要なこと】金利と企業業績について

僕が金利の話をすると、「金利上昇局面でも株は高いよ」と言う人がいますが、それは間違ってます。





金利上昇局面でも株価が高い場合は、政策金利の引き上げという逆風にさからって、企業業績がそれ以上に上がるから株価も上がります。





金利を引き上げる時に企業業績が伸びなければ株は下がります。もっと言えば、その状態ですとアメリカはレセッション(景気後退)になります。





ですので、まず第1に金利を見てください。そして、次に企業業績も見てください。この両方がダメなら株なんてダメなんですよ。そこのところよろしくお願いします。




スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)注目銘柄


では、どのようなところに注目しているかというと、僕が目先注目しているのは宇宙関連の銘柄です。





ロケットラボ(VACQ)、スパイア(NSH)、ブラックスカイ(SFTW)、アストラ(HOL)などという宇宙関連の銘柄が続々とSPAC上場しています。これらの企業はいずれも100%宇宙事業のみ行うピュアプレイです。





ロケットラボ(VACQ)

ロケットラボはロケット打ち上げの会社です。イーロン・マスク氏のスペースXの一番ライバルと言えるかもしれません。





アストラ(HOL)

アストラもロケット打ち上げの会社です。こちらもいい会社だと思います。アストラは小さいロケットだけを打ち上げます。





その理由は95%以上のロケットは、低地球軌道(Low Earth Orbit ,LEO)といわれる地球のまわりをピッタリとへばりついてぐるぐるとまわる小型人工衛星の打ち上げになると思います。





ですので、LEOのマーケットはもっともホットなマーケットです。アストラはそこに特化しています。





ロケットラボは大きなロケットも打ち上げますが、大部分はLEOをターゲットにした打ち上げになると思います。





※アストラ(HOL)についてこちらの記事にもまとめてあります。あわせてお読みください。




スパイア(NSH)

スパイアは人工衛星から地球のデータを取得して、そのデータを整理してさまざまな人に何度も再利用してもらうデータサービスの会社です。




ブラック・スカイ(SFTW)

ブラック・スカイも小型人工衛星の会社です。人工衛星で地球をモニターして、リアルタイムで事件をフォローしています。





たとえば、どこかの国でクーデターや戦争、軍隊が動いているなどをリアルタイムでモニターしています。





昔の人工衛星は連絡がついたりつかなかったりと、ある一定期間をおいて地球をモニターしていました。しかし戦争や災害の時は24時間ずっとモニターできなければなりません。それをブラック・スカイは行っております。



ブラック・スカイ(SFTW)がいちばん好き

また同じYouTube動画開始1時間分51秒後から、1,2年後を見据えて保有するおすすめ小型株でブラック・スカイ(SFTW)のお話をされていたのでかんたんにまとめておきます。





(答え)1,2年後見据えて保有するには、ブラック・スカイ(SFTW)が面白いかもしれないです。先日SPAC上場したばかりですが、顧客がアメリカ軍やNASAなので今年の数字はすでに出来ています





ブラック・スカイの今年の売上高の約90%ほぼ確実に売り上がっています。来年の売上高も約70%はできています。つまり確実に業績がだせる会社なのです。





その理由としては、衛星写真の契約は ① 長期契約が多い、② 国防予算から振られているから変更されない、からです。






以上から、宇宙銘柄のなかではブラック・スカイがいいかなと思っています(また、同動画開始2時47分後くらいに、今日紹介した4つの宇宙銘柄のなかではブラック・スカイが一番好きともおっしゃってました)。




ウサギ
ウサギ

昨日、さっそくブラック・スカイ(SFTW)を100株だけ購入してみました。


タイトルとURLをコピーしました