じっちゃまのいう「3月に相場を降りてしまったら取り逃すリスクが大きい」とは?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
ウサギ
ウサギ

今回はじっちゃまYouTubeより「3月に相場を降りてしまったら取り逃すリスクが大きい」についてまとめておきました

スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

連邦公開市場委員会の予想

※3月に相場を降りるリスクについてのお話はこちら2021年3月17日のじっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube開始53分後くらいからはじまります。以下、かんたんにまとめておきます。




じっちゃまによる今後の月別米国相場予測

2021年の4月、5月の相場は高いと思います。6月はちょっとギクシャクするかもしれないです。それから9月、10月、11月あたりは心配しています。





言い換えれば、今は積極的に株式に投資するべき局面だと思います。”Sell in May (=5月に売り逃げろ)”と言われますが、今年はどうなるかまだわからないので、その時に考えたいと思います。





今のところは”Sell in May”を心配する必要はないと考えていますが、もしそうであれば3月、4月、5月、6月、7月、8月と相場を楽しむことができるかもしれません。





そうすると、3月の時点から弱気になって入るタイミングを間違えたり、相場から降りてしまうと、この1年間でもっとも「取れる期間」をみすみす取り逃すリスクのほうが大きいと思います。





そして、9月、10月あたりは相場は難しいと考えています。その頃までにはアメリカでは国民全体にワクチン接種が行き渡り、経済はかなり再開していると思います。





現在行われている超緩和的な金融政策の見直し(テーパーリングや手仕舞い)について盛んに議論されるのは9月、10月あたりだと考えています。





今日(2021/3/17)FOMC後の会見がありますが、当然そういう話はでてきません。言い換えれば、現在のほうが安全だと考えられます。




スポンサードサーチ

じっちゃま相場予測一覧

これまでとこれからのじっちゃまの相場予測を一覧にしました。グレーの欄は過去の予測で、ブルーは今後の予測です。








S&P500月次パフォーマンス

いつものS&P500の月次パフォーマンスも貼っておきます。










タイトルとURLをコピーしました