じっちゃまの教え「氷河期といわれる22卒の就活必勝法」

就活編
ウサギ
ウサギ

今日はじっちゃま(広瀬隆雄さん)のツィッターから「22卒の就活必勝法」をまとめてみたよ

スポンサードサーチ

2022年新卒採用者の見通し

現在は新型コロナウィルス感染拡大により、新卒採用を停止している企業もでてきています。私もそろそろ就活しなくてはいけないので、今後のことをそれなりに心配しています。




新聞などのメディアでも、新卒採用の減少傾向が日々取り沙汰されています。たとえば、日本経済新聞「22年卒新卒採用減る11% リクルート調査」(2020年12月21日)の記事では、リクルートが発表した「2022年の新卒者の採用に関する調査」の結果が掲載されていました。


日本経済新聞『22年卒新卒採用「減る」11% リクルート調査』(2020年12月21日)より転記



大学生・大学院生の採用が21年卒よりも「減る」と答えた企業は11.6%と「増える」(7.7%)を上回ったそうです。




「わからない」と答えた企業は26.1%となっていますが、この数値は21年卒に比べ6.4ポイントと大幅に増えているとのことです(2020年10月7日~11月12日実施、N=4516社)。



また、文部科学省と厚生労働省の共同調査では、2021年春卒業予定の大学生の就職内定率は前年同期比7ポイント低下の69.8%でした。これはリーマン・ショック後の09年(7.4ポイント)に次ぐ下げ幅だとのことです。




そして、日本経済新聞が154大学の学長(理事長)に行った「コロナ禍で就活にどのような影響があるか」というアンケートでは、企業の採用数が絞り込まれ、一部の優秀な学生に人気が集まる二極化が進むと回答したのが81.8%、内定を得られない学生の増加が70.8%でした。



日本経済新聞『「内定ない学生増える」7割に有力大学長アンケート』(2020年12月8日)より転記 


じっちゃま(広瀬隆雄さん)とは何者か?

じっちゃまの経歴

慶應義塾大学法学部卒業後、先輩に誘われるままに青木建設に入社。京都の現場に飛ばされ、毎朝屋外の水道で職人さんのコーヒーカップを洗ったりする仕事をする。




大学まででてなんでこんな仕事しなければいけないのかと思い、英語を必死に勉強する。その後は、三洋証券株式会社→S.G.ウォーバーグ証券会社(現UBS証券会社)→ ハンブレクト&クィスト証券会社(現J.P.モルガン証券会社)。




2003年に投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立、現在に至る。若者に対しては「真冬に凍るような水で職人さんのコーヒーカップを洗ってた人間が10年後にはトレードディングルームで株の売買してたんだから、人生なんて二転三転する」との教えがある。

就活に役立つじっちゃまのYouTube動画 ーオンライン面接編

オンライン面接を控えた就活生必見のじっちゃまYouTube動画です。

21卒就活で直ぐ役に立つビデオチャット面接・動画面接のノウハウ



就活に役立つじっちゃまのYouTube動画 ー投資銀行編

投資銀行入社を希望する就活生必見のじっちゃまYouTube動画です。

投資銀行って、どんなところ?



スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)22卒の就活必勝法ツィート

それではじっちゃまが送る「22卒就活必勝」ツィートです。

じっちゃま
じっちゃま

22卒就活必勝法教えたろか?午前6:41 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

最終的にあなたが何になりたいという問題をさしおいて、就活面接では「営業職やりたいです!」といいなさい。 なぜ? そうハッキリ言う、覇気のある若者はとても少ないから。

面接官が学生の覇気をみている以上、そこにど真ん中直球を投げ込むのが手堅いやり方です。午前6:47 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

(自分が営業に向いているはずがない!)僕も学生のときはそう決めつけていました。後で……それは大間違いだったことに気が付いた。幸い、僕の場合、手遅れになる前に営業職と巡り合ったので他人より幸運な人生を歩んでいる。

決めつけは、よくない!
午前6:50 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

営業には「これが正しいやりかただ」というものはありません。若い人は若い人らしい営業をすればいいしベテランはベテランらしい営業をすればいい。ロボットじゃないんだから。午前6:52 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

殆どの企業で営業部は花形部門です。だから営業を一回経験しておかないと、まず出世しない。役職が偉くなればなるほど、非営業部門でも営業センスが要求されるようになる。午前6:54 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

世の中にはいろんな会社があり、値段の張る高価な製品やサービスを売っている会社もあれば、安い製品を沢山販売することが得意な会社もある。 ごく一握りのクライアントだけを相手にするビジネスもあれば、無数の消費者を相手にするビジネスもある。午前6:56 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

値段の張る製品を限られたターゲット顧客に売る商売は、営業職の中でも最も美味しいポジションです。午前6:58 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

込み入った商品、複雑な製品ほど営業職がAIなどに取って代わられない、安全なニッチです。午前7:00 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

見込み顧客に最初にアプローチかけてから、成約に至るまで何カ月もかかり、顧客のところに何度も足を運ばなければいけない……そういうニッチほど営業職が社内で威張っています。午前7:02 · 2021年1月11日


そのような、成約までにたくさん時間がかかることを「セールスサイクルが長い」と表現します。セールスサイクルが長いビジネスでは企業は営業マンの腕前に全面的に依存しがち。午前7:03 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

そのようなビジネスでは「期末」「年度末」などのカレンダーを意識して仕事すること。なぜなら経営者は決算で良い数字を投資家に見せたいから。(今期…数字達成できるだろうか?)そういうギリギリのときに、キミが救世主のように大きな約定をキメれば、社内での評判が上る。午前7:05 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

事務職や技術職がどんだけ自分の貢献を上司にアピールしても空虚。無駄だと思う。午前7:09 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

営業が、ただクライアントにペコペコ頭下げる仕事だと思ったら、大間違い。俺なんぞ、一度も顧客に「お願いします!」といったことは無いよ。

システムで営業しなさい。外堀から着々と埋めて、相手が気が付いた時にはもう抗せない状況を作りなさい。午前7:19 · 2021年1月11日


じっちゃま
じっちゃま

ひとことでいえば「計略」だ。 考え抜いて、用意周到に、動け!午前7:20 · 2021年1月11日




就職活動も計略。1月は期末試験、レポートで大変ですが、その後は就活一色になりますよね。落ち込みそうになった時や上手くいかないときは、もう一度じっちゃまツィートを読みましょう。

タイトルとURLをコピーしました