【じっちゃま名言集】テメエの「就職脳」に、はんだごてかなんかで「ジュッ!」と焼きを入れろ!

スポンサーリンク
就活編
スポンサーリンク

じっちゃまは米国株だけでなく、就活や働き方の名言も多いです。これらがツィッターのタイムラインで流れていってしまうのはあまりにもったいないのでこちらにまとめておきます。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter

じっちゃま
じっちゃま

ウェブで喰う話、しよか?
— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま<br>
じっちゃま

のっけからアッチの方向へ話が飛んで恐縮なんだけど、グーグルってどのくらい儲けているか知っている?

— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま
じっちゃま

2020年2Qの利益は7352億円。これ1年の4分の1で、これだけ利益でているから。

— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま
じっちゃま

じゃあグーグルがその利益を叩き出すためにYouTuberとかブロガーに払っているおカネは幾らだと思う?

— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま<br>
じっちゃま

7071億円。これはTAC(Traffic Acquisition Cost)と呼ばれるものです。じっちゃまがYouTube Liveやって「チャリンチャリン」と儲かるおカネも、この7071億円に含まれています。🤪

— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ようするに「ネットで稼ぐにゃ、まずグーグルと面接してグーグルに入社する必要はあらへんぞ」という話だ。

必要としているんだよ、グーグルが。社外で暗躍する「別働隊」を。

それがYouTuberじゃないのか?

— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま
じっちゃま

おまえはグーグルの就職面接行ってアッサリ落とされて(あーあ、僕にはやっぱりITは無理だ)と絶望するわけ? そんなもん、じっちゃまが面接したって落とされるにきまとるやろが。 まずテメエの「就職脳」に、はんだごてかなんかで「ジュッ!」と焼きを入れろ!
午前5:54 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

グーグルがYouTuberとかブロガーに払っているおカネに戻ると、これはTACと呼ばれている。トラフィック・アクイジション・コストだ。

なぜそんな立派な費用項目が「デーン!」とグーグルの損益計算書に鎮座しているか?といえば、そ・れ・が・む・ず・か・し・い・からだ。

— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま
じっちゃま

つまり「視聴回数稼ぐのは…グーグルですら楽じゃない」ということ。だからおカネ払ってまでコ・ン・テ・ン・ツ・を・作・っ・て・く・れ・る・人を誘致しているわけ。

— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま
じっちゃま

そしてグーグルからあなたに払われる報酬はどう決まるか?といえば、それはアルゴリズムです。つまり数値的に広告をたくさん再生してくれたYouTuberさんに手厚く報酬を出す。

— じっちゃま (@hirosetakao) October 10, 2020


じっちゃま
じっちゃま

あなたがコンテンツ作れば、それは「再生回数」とか「ページビュー」とか「インプレッション数」とかそーゆー数値によって成績化され、報酬が決まる。午前6:03 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

世の中、二種類の人間しかいない。 数値化されると燃えるヤツと、数値化と聞くと萎えるヤツだ。午前6:05 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

あなたが後者なら…わるいことはいわない、サラリーマンやってなさい。向かないと思う、競争の世界には。午前6:06 · 2020年10月11日


じっちゃま<br>
じっちゃま

でもキミがもしネトゲとかで高得点出すことに燃えるタイプなら…ウェブ・ビジネスも全くノリはおなじやで。午前6:07 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

ようするに「工夫の鬼になれるか?」というだけだ。午前6:08 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

このへんで…原点というか、出発点に戻ろうか? 出発点はTACだ。午前6:09 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

TAC、すなわちトラフィック・アクイジション、もっといえば「みんなに来てもらうこと」「みんなに見てもらうこと」…これが一番難しい。グーグルですらむずかしい。だから報酬を弾んでいる。 その難しいコトに挑戦するのが、おまえさんだ。午前6:11 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

それ、はぐくむことできないのなら、そもそもアンタがウェブで稼ごうなんて考え…甘っちょろ過ぎ!午前6:13 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

企業がいちばん苦しむこと……それが何か、おまえらわかっている? それは顧客の獲得だ。 みんなそれに苦しんでいるからテレビCMとか広告打つわけだろう?午前6:15 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

ところがきょうびテレビなんか見ている層は、じいさまかばあさまくらいのもんだろ。若者はみんなネットに流れている。 するとネット広告を経由して顧客獲得するほかない。午前6:16 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

ところがネットは情報が氾濫している。だからフィルターが必要になる。もちろんアルゴリズムも情報をフィルターしている。でもそれに加えてユーザーの情報取得経路はどんどん「属人的」になっている。 ここがポイントや。午前6:18 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

つまりインフルエンサーと呼ばれるひとたちが情報のゲートキーパー(関所のお役人)になり、「この情報は流す」「この情報は流さない」という風に取捨選択するわけだ。 受け手はインフルエンサーのフィルターを通った情報のほうが「すっ」とあたまに入りやすい。午前6:20 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

トラフィック・アクイジションこそがグーグルの究極の使命である以上、たくさんの再生回数やページビューを稼ぐことが健全なウェブ・ビジネスを構築する上で必須になる。 そのためにはまずフォロワーだ。午前6:22 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

マネタイズうんぬんを考える前に、まずツイッターのフォロワーとかYouTubeのチャンネル登録者を増やす努力をしてみろよ。 もしスイスイ増えないなら、向いてないぞ、ウェブビジネス。午前6:24 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

ウェブ・ビジネスをはじめるにあたっての固い決意? そんなもん邪魔だ。自己満足でしかないぞ。 ウェブのビジネスは求道的だ。 そういう高尚な言い方じゃわかんないなら、修行僧のようにストイックに努力し、「解」を探し求め続けろ!午前6:31 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

おまえのツイッターフォロワーが増えない、YouTubeチャンネル登録者が増えないなら、おまえがやっていることは間違っている。 間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!…… それを自問自答しなさい。(おれは…してる)午前6:34 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

ようするに執念の話をしている。 鬼気迫る勢いで、努力してみろよ。午前6:35 · 2020年10月11日


じっちゃま
じっちゃま

フォロワー増やすのがいちばん難しい。フォロワーさえ増えれば、マネタイズは自由自在だ。午前6:50 · 2020年10月11日



スポンサードサーチ

【全文】じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter

【全文】

ウェブで喰う話、しよか?

のっけからアッチの方向へ話が飛んで恐縮なんだけど、グーグルってどのくらい儲けているか知っている?

2020年2Qの利益は7352億円。これ1年の4分の1で、これだけ利益でているから。



じゃあグーグルがその利益を叩き出すためにYouTuberとかブロガーに払っているおカネは幾らだと思う?



7071億円。これはTAC(Traffic Acquisition Cost)と呼ばれるものです。じっちゃまがYouTube Liveやって「チャリンチャリン」と儲かるおカネも、この7071億円に含まれています。



するとだぞ…グーグルは7352億円儲かっている。すげえ! だけどYouTuberとかブロガーとかもグーグル様から7071億円貰っているんだから、これも…なにげにすごくね?



ようするに「ネットで稼ぐにゃ、まずグーグルと面接してグーグルに入社する必要はあらへんぞ」という話だ。



必要としているんだよ、グーグルが。社外で暗躍する「別働隊」を。 それがYouTuberじゃないのか?



おまえはグーグルの就職面接行ってアッサリ落とされて(あーあ、僕にはやっぱりITは無理だ)と絶望するわけ?



そんなもん、じっちゃまが面接したって落とされるにきまとるやろが。 まずテメエの「就職脳」に、はんだごてかなんかで「ジュッ!」と焼きを入れろ!



グーグルがYouTuberとかブロガーに払っているおカネに戻ると、これはTACと呼ばれている。トラフィック・アクイジション・コストだ。



なぜそんな立派な費用項目が「デーン!」とグーグルの損益計算書に鎮座しているか?といえば、そ・れ・が・む・ず・か・し・い・からだ。



つまり「視聴回数稼ぐのは…グーグルですら楽じゃない」ということ。だからおカネ払ってまでコ・ン・テ・ン・ツ・を・作・っ・て・く・れ・る・人を誘致しているわけ。



そしてグーグルからあなたに払われる報酬はどう決まるか?といえば、それはアルゴリズムです。つまり数値的に広告をたくさん再生してくれたYouTuberさんに手厚く報酬を出す。



あなたがコンテンツ作れば、それは「再生回数」とか「ページビュー」とか「インプレッション数」とかそーゆー数値によって成績化され、報酬が決まる。



世の中、二種類の人間しかいない。 数値化されると燃えるヤツと、数値化と聞くと萎えるヤツだ。



あなたが後者なら…わるいことはいわない、サラリーマンやってなさい。向かないと思う、競争の世界には。



でもキミがもしネトゲとかで高得点出すことに燃えるタイプなら…ウェブ・ビジネスも全くノリはおなじやで。



ようするに「工夫の鬼になれるか?」というだけだ。
このへんで…原点というか、出発点に戻ろうか? 出発点はTACだ。



AC、すなわちトラフィック・アクイジション、もっといえば「みんなに来てもらうこと」「みんなに見てもらうこと」…これが一番難しい。グーグルですらむずかしい。だから報酬を弾んでいる。 その難しいコトに挑戦するのが、おまえさんだ。


泣き言いうの、やめれ。「フォロワーが伸びない」「再生数が伸びない」えとせとら、エトセトラ。



それ、はぐくむことできないのなら、そもそもアンタがウェブで稼ごうなんて考え…甘っちょろ過ぎ!


企業がいちばん苦しむこと……それが何か、おまえらわかっている? それは顧客の獲得だ。 みんなそれに苦しんでいるからテレビCMとか広告打つわけだろう?



ところがきょうびテレビなんか見ている層は、じいさまかばあさまくらいのもんだろ。若者はみんなネットに流れている。 するとネット広告を経由して顧客獲得するほかない。



ところがネットは情報が氾濫している。だからフィルターが必要になる。もちろんアルゴリズムも情報をフィルターしている。


でもそれに加えてユーザーの情報取得経路はどんどん「属人的」になっている。 ここがポイントや。



つまりインフルエンサーと呼ばれるひとたちが情報のゲートキーパー(関所のお役人)になり、「この情報は流す」「この情報は流さない」という風に取捨選択するわけだ。


受け手はインフルエンサーのフィルターを通った情報のほうが「すっ」とあたまに入りやすい。



トラフィック・アクイジションこそがグーグルの究極の使命である以上、たくさんの再生回数やページビューを稼ぐことが健全なウェブ・ビジネスを構築する上で必須になる。 そのためにはまずフォロワーだ。



マネタイズうんぬんを考える前に、まずツイッターのフォロワーとかYouTubeのチャンネル登録者を増やす努力をしてみろよ。 もしスイスイ増えないなら、向いてないぞ、ウェブビジネス。



ウェブ・ビジネスをはじめるにあたっての固い決意?そんなもん邪魔だ。自己満足でしかないぞ。 ウェブのビジネスは求道的だ。



そういう高尚な言い方じゃわかんないなら、修行僧のようにストイックに努力し、「解」を探し求め続けろ!



おまえのツイッターフォロワーが増えない、YouTubeチャンネル登録者が増えないなら、おまえがやっていることは間違っている。



間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!間違っている!…… それを自問自答しなさい。(おれは…してる)



ようするに執念の話をしている。 鬼気迫る勢いで、努力してみろよ。



フォロワー増やすのがいちばん難しい。フォロワーさえ増えれば、マネタイズは自由自在だ。

twitter.com/hirosetakao 2020年10月10日

コメント

タイトルとURLをコピーしました