じっちゃまのいうとおり11月の株式の相場は高かったのか?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク



ウサギ
ウサギ

今年の後半部分を簡単に計算してみました

株式相場にはさまざまな傾向があるとじっちゃま(広瀬隆雄さん)のYouTubeやTwitterで学びました。今日は2020年の後半部分に注目して、実際に傾向通りだったのか振り返りたいと思います。





例えば相場には次の3つのような傾向があると教わりました。




① レイバーデー(勤労感謝の日)明けは株式市場が荒れる
② 大統領選挙前に相場は荒れるが、10月に絶好の買い場がやってくる
③ 11月、12月、1月は1年のなかでもっとも相場は高い




2020年もこの傾向は当てはまったのかを実際にS&P500の数値を使って振り返ってみたいと思います。といっても難しいことではなく、単純に平均値と騰落率、標準偏差しか使いません。




スポンサードサーチ

スポンサーリンク

2020年もレイバーデー(9月3日)明けは相場が荒れたのか?

じっちゃま曰く、アメリカでは9月が新学期となり、夏休みだった人たちが動き出す季節だということです。株式相場も同じく、夏には少なめだったIPOが9月に一気に活発になるそうです。





その理由から9月は相場の需給関係が崩れやすいと言われています。なので、投資家たちの物色の流れもレイバーデー明けにガラッと変わることがあるそうです。





それでは実際に2020年もレイバーデー明けの相場は荒れたのか見てみましょう。レイバーデーは9月3日なので、9月全体の標準偏差を他の月のそれと比べてみましょう。




下のグラフがS&P500の年初来からの月別の標準偏差をあらわしたものです。数値が大きいほど荒れた月ということができます。





                Yahoo FinanceのS&P500のデータをもとに筆者作成





今年は新型コロナの影響で3月がものすごいことになっているので、どうしてもそちらに目が行ってしまいます。しかし、後半部分に目を移すと、7月8月の動きは穏やかですが、9月になり数値が急に大きくなっていることがわかります。





じっちゃまの言ってたとおり、2020年も7月、8月は夏休みのような動きだった株式相場が、レイバーデー明けに荒れ気味だったことがわかります。




スポンサードサーチ

2020年も大統領選挙前に相場は荒れても10月に絶好の買い場がやってきたか?

じっちゃまが教えてくれたことは、大統領選挙の投票日(11月3日)直前は、どちらの大統領になるかわからないという将来の不確実性から相場が荒れるけど絶好の買い場でもあるとのことでした。





先ほどのグラフでは、10月もそれなりに標準偏差は高く1.28%でした。ここでは2020年も大統領選挙前に相場は荒れたのか、そして10月に絶好の買い場があったのかということを見てみたいのでS&P500の日々の騰落率を確かめてみましょう。





                Yahoo FinanceのS&P500のデータをもとに筆者作成






騰落率を見ると2020年も大統領選投票日の前は下落傾向です。オレンジ色の矢印は10月28日を指しています。大きく落ちているので、もしかしたらこの日が絶好の買い場だったかもしれません(後から見るとね)。




大統領選挙のある年は投票日の前週くらいまでに大底をつけて、現職大統領が勝利するかどうかに関わらず、開票日後もラリーが継続すると言われているとのことです。




スポンサードサーチ

2020年も11月の相場は実際に高かったのか?

じっちゃまは11月、12月、1月の3カ月間は米国株が1年で最も強い時期だと言っています。理由は年末に会社からボーナスをもらって、株式市場にお金を投入する人が多いからです。





まだ12月と1月は終わっていませんが、2020年の11月は終わりましたのでS&P500の数値を使って、本当に相場が高かったのかを確認してみましょう。単純な平均値を使います。





                Yahoo FinanceのS&P500のデータをもとに筆者作成





今年も11月のS&P500の月別平均値が3,549ドルで一番高いのがわかります。じっちゃまが「10月に仕込んどけよ!!」と言ってましたが、やはり10月に仕込んでおくのがいいストラテジーといえそうです。





12月、1月はまだわからないですが、新大統領の就任1年目の年は相場が弱いことで知られているそうです。





2020年は3月に底をつけたことや、買われるセクターが在宅やワクチンなどの新型コロナ関連に集中していたので、比較的相場を読むことが簡単だったとじっちゃまは言っていましが、来年はそうは上手くはいかないかもとのことです。





                 じっちゃま(広瀬隆雄さん)の発言をもとに筆者作成







「バイデンの就任式の1月20日あたりから恐ろしい落としがくるかも」や「2月はメタメタかも」などYouTubeライブでも言ってましたよね。そして2021年は+3%ぐらいを見込んでいるとのことです。






ウサギ
ウサギ

ワクチンができて来年はどうなるのかね??
華麗なるギャッツビーみたいなお祭り騒ぎがくるかな??

コメント

タイトルとURLをコピーしました