スポンサーリンク

iDeCoや積立NISAのすすめ じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitterまとめ

スポンサーリンク
複利効果
スポンサーリンク


ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今日はじっちゃまのiDeCoと積立NISAを早くはじめることがいかに大事か、またおすすめファンドの選び方についてのツィートをまとめたよ


スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter


じっちゃま<br>
じっちゃま

iDeCoやるには特別なスキルや投資リテラシーは必要ないです、はっきり言って。「普通の人でも、安全に、それなりの結果をだせるように…」そういうことをちゃんと政府が考えて、キチンとした基本設計になっている。

これ、普段チョー辛口のじっちゃまが言うんだから、間違いない。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

ただし、iDeCoやるなら「成功しているみんながやっているのと同じことを自分もやる」必要がある。

同じこと?

それはつまり投資対象は「全米型株式」か「全世界型株式」ファンドを選ぶと言うこと。

これについては、いまから説明する。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

アメリカには「一生ガソリンスタンドの店員だったけど、こつこつ投資したら億り人になっていた」という例はごろごろある。

その場合、このガソリンスタンドの店員が株トレのスキルで抜群だった、、、というような可能性はゼロだ。

なぜトレードのスキルなし、投資の知識なしのフツーの人が成功した?

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

それは彼には「習慣」があったから。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

毎月なり毎年なり、とにかくキッチリ定期的に積み立てる習慣をつければおカネは自然に増えます。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

「でもリテラシーなければ、何に投資していいかわかんないじゃん?」

その通り! だ・か・ら・世界をまるごと買う!ファンド一択にすれば失敗しようがない🤣

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

日本株じゃダメだぞ、日本は世界のわずか7%でしかないから。しかも今後はこの比率はどんどん下がり、いずれ鼻くそ程度のシェアになる。そういう「ニッチ」を選んできたから……きみらが失敗してきたんだ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

話を戻すと「株式のGAIN!」といった場合、それは二つに分解できることを皆、知っておいた方がいい。

これ、大事な話だ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

株式投資での「利食い」は、投資理論的に、二つに分解される。ひとつはベータ(β)、もうひとつはアルファ(α)だ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

ベータとは「株式市場全体のうごきで説明できるGAIN!」を指す。もっとざっくばらんな言い方をすれば「それはマーケットが騰がったからでしょ?」で片付けられる儲かり方だ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

アルファとは「投資家個人の相場の腕前、知見、分析力…など、特別なスキルで説明できるGAIN!」を指す。こういう人は下げ相場だろうが上げ相場だろうが儲ける事が出来る。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

ここが大事な、大事な、大事な、大事な部分なのだが、「投資のGAINの大部分はベータで説明付けることができる」。

もっといえばアルファ発揮できる奴は…プロにも殆ど居ない。「投資のプロがサルに負ける」という喩えは、ここから来ている。これは作り話ではない!

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

iDeCoで「全米株式」や「全世界株式」に投資するのは、このベータを「まるごとすっぽり取りに行く!」やり方だ。

これほど無敵なやり方、あらへんぞ🤣

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020


じっちゃま
じっちゃま

(もっと債券組み込んだ方がいいかな?)(新興国はどうだろう?)(日本株の比率を少し増やして…)

これらは全て「基本から逸脱する行為!」

どつぼにはまる第一歩や🤣

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

習慣をベースにした投資はこのようにパワフルなアプローチでありあなたの財産形成にいちばん効くクスリです。そこでは「白いご飯」である「全米株式」「全世界株式」だけやってなさい。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

俺が普段、ツイ廃しているのはIPOとかそーゆー個別株の話が多いけど、それは「きんぴらごぼう」だ。

つまり俺はきんぴらごぼうばっかり喰っている偏食老人。真似しない方がいい!

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

iDeCoに話を戻すと「習慣」さえキッチリつけ、正しい投資先(「全米株式」「全世界株式」)さえ一択してしまえば、誰でも結果だせます。誰でもです!必ずです!それ…検証可能だよ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

リーマンショックとか新型コロナショックとかで経済が大混乱?

キミのつみたては「かすり傷程度」だぞ🤣

いや、むしろやらなかった人がいま窮地に立たされていると思う。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

銀行預金とか債券とか、そーゆー無駄にクソ安全🤣な投資対象しか選べないヤツ……キミは西武池袋線でホームに準急と各駅停車が入っているのに、わざわざ各駅停車を選ぶバカタレだ。

そんなもん、みんなに劣後するに決まっとるやん!🤪

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

まずiDeCoやって!それでもまだ余裕あるひとは積立NISAやって!

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020





じっちゃま
じっちゃま

iDeCo、積立NISAの両方やっていて、まだ余裕あるひとだけが個別株でドタバタやればよろしい。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 22, 2020

スポンサードサーチ

【全文】じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter

iDeCoやるには特別なスキルや投資リテラシーは必要ないです、はっきり言って。「普通の人でも、安全に、それなりの結果をだせるように…」そういうことをちゃんと政府が考えて、キチンとした基本設計になっている。





これ、普段チョー辛口のじっちゃまが言うんだから、間違いない。ただし、iDeCoやるなら「成功しているみんながやっているのと同じことを自分もやる」必要がある。





同じこと? それはつまり投資対象は「全米型株式」か「全世界型株式」ファンドを選ぶと言うこと。 これについては、いまから説明する。アメリカには「一生ガソリンスタンドの店員だったけど、こつこつ投資したら億り人になっていた」という例はごろごろある。





その場合、このガソリンスタンドの店員が株トレのスキルで抜群だった、、、というような可能性はゼロだ。 なぜトレードのスキルなし、投資の知識なしのフツーの人が成功した?





それは彼には「習慣」があったから。毎月なり毎年なり、とにかくキッチリ定期的に積み立てる習慣をつければおカネは自然に増えます。




「でもリテラシーなければ、何に投資していいかわかんないじゃん?」 その通り! だ・か・ら・世界をまるごと買う!ファンド一択にすれば失敗しようがない。日本株じゃダメだぞ、日本は世界のわずか7%でしかないから。





しかも今後はこの比率はどんどん下がり、いずれ鼻くそ程度のシェアになる。そういう「ニッチ」を選んできたから……きみらが失敗してきたんだ。





話を戻すと「株式のGAIN!」といった場合、それは二つに分解できることを皆、知っておいた方がいい。 これ、大事な話だ。株式投資での「利食い」は、投資理論的に、二つに分解される。





ひとつはベータ(β)、もうひとつはアルファ(α)だ。ベータとは「株式市場全体のうごきで説明できるGAIN!」を指す。もっとざっくばらんな言い方をすれば「それはマーケットが騰がったからでしょ?」で片付けられる儲かり方だ。





アルファとは「投資家個人の相場の腕前、知見、分析力…など、特別なスキルで説明できるGAIN!」を指す。こういう人は下げ相場だろうが上げ相場だろうが儲ける事が出来る。





ここが大事な、大事な、大事な、大事な部分なのだが、「投資のGAINの大部分はベータで説明付けることができる」。 もっといえばアルファ発揮できる奴は…プロにも殆ど居ない。





「投資のプロがサルに負ける」という喩えは、ここから来ている。これは作り話ではない!iDeCoで「全米株式」や「全世界株式」に投資するのは、このベータを「まるごとすっぽり取りに行く!」やり方だ。





これほど無敵なやり方、あらへんぞ(もっと債券組み込んだ方がいいかな?)(新興国はどうだろう?)(日本株の比率を少し増やして…) これらは全て「基本から逸脱する行為!」 どつぼにはまる第一歩や。





習慣をベースにした投資はこのようにパワフルなアプローチでありあなたの財産形成にいちばん効くクスリです。そこでは「白いご飯」である「全米株式」「全世界株式」だけやってなさい。





俺が普段、ツイ廃しているのはIPOとかそーゆー個別株の話が多いけど、それは「きんぴらごぼう」だ。 つまり俺はきんぴらごぼうばっかり喰っている偏食老人。真似しない方がいい!





iDeCoに話を戻すと「習慣」さえキッチリつけ、正しい投資先(「全米株式」「全世界株式」)さえ一択してしまえば、誰でも結果だせます。誰でもです!必ずです!それ…検証可能だよ。




リーマンショックとか新型コロナショックとかで経済が大混乱? キミのつみたては「かすり傷程度」だぞ。いや、むしろやらなかった人がいま窮地に立たされていると思う。






銀行預金とか債券とか、そーゆー無駄にクソ安全な投資対象しか選べないヤツ……キミは西武池袋線でホームに準急と各駅停車が入っているのに、わざわざ各駅停車を選ぶバカタレだ。 そんなもん、みんなに劣後するに決まっとるやん!





まずiDeCoやって!それでもまだ余裕あるひとは積立NISAやって!iDeCo、積立NISAの両方やっていて、まだ余裕あるひとだけが個別株でドタバタやればよろしい。

https://twitter@hirosetakao  2020年11月26日

コメント

タイトルとURLをコピーしました