スポンサーリンク

じっちゃまのいう「インフレはハイパーグロース株にとって逆風」とは?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年11月12日のじっちゃまYouTubeQ&Aから「11月の展望と妙味のあるセクター」についてまとめておきました!!

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube文字起こし&まとめ

インフレはハイパーグロース株にとって逆風?今は成長企業がたくさんある。エクソンやシェブロンの利益額見てみ【米国株じっちゃま切り抜き動画】

※ 11月の展望と妙味のあるセクターについてのお話はこちら2021年11月12日のじっちゃまYouTube切り抜き動画開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししてありますがぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

ハイパーグロース株はインフレに弱い?

【質問】11月の展望は?





【じっちゃまの回答】はい、強気に見てます。今妙味のあるセクターは…ハイパーグロースはここまでのところ、それなりに良い決算出してきてるだけ株価はなかなか上がらないですよね。





良い決算だしても、ロックアップ切れなどからすぐに株価が下がったりしてます。そのような理由の一つは、今アメリカは景気が良くて、右を見ても左を見ても成長に事欠かないからです。





ハイパーグロース株はすごい成長してると思っているかもしれないですが、例えばシェール企業を見てみると、300%くらい成長しています。





つまり、成長ということが全然珍しくないということです。「石を投げれば成長企業にあたる」という状況になっているってことを厳粛に受け止める必要があると思います。





そして成長が押せ押せムードになっている時には、インフレは微熱状態で物価は上がり始めます。そうすると長期金利がズルズルと上がっていきます。





それは株式バリュエーションに対してネガティブな状況です。そういう時はPERの高い銘柄ほどもろいという投資理論があります。





つまり、ハイパーグロスのセクターはちょっと逆風だということです。ハイパーグロースが元気な時は景気が悪くて、経済がスローダウンしていく時です。





そのような状況であれば、鬼の居ぬ間に命の洗濯で「ハイパーグロースで遊ぼうかな」という投資家が出てくるわけです。





逆に景気が強くて、消費セクターが好調で、ガソリン代が上がって石油株が儲かっているという状況ではハイパーグロースよりも石油株ののほうに投資家のアテンションが向きやすいです。




スポンサードサーチ

迂闊にしてたらハイパーグロース株は石油株にごぼう抜きにされる?

イーグルスの歌に、「ちょっとかっこいい若者が街に現れると街中の人がチヤホヤして、前からいた人は注目を浴びなる」というようなものがります。





今のハイパーグロース株の状況は、微妙なところでずり落ちかかっている局面だと思います。もっと言えば、もう3年くらいハイパーグロース株をいじってきて手垢がつきまくっているわけです。





そしてIPOされた新規の銘柄もたくさんあるので、需給関係はあんまり良くないと思います。そういう状況では、なかなか買い進みにくいかなと思います。





ほんの少し北風が吹けば、天然ガスや石油の値段が上がると思います。そうなれば、今生き残っているシェール企業はしっかり経営されているところばかりで、天然ガスや原油価格が上がれば業績がグイグイ伸びる銘柄ばかりです。





ですので、迂闊にしてたら、そういう企業にごぼう抜きにされて、業績的な変化率も石油株の方がはるかに大きかったりもします。




スポンサードサーチ

米国株エクソン(XOM)やシェブロン(CVX)の「利益額」見てみ

例えば、エクソン(XOM)やシェブロン(CVX) の「利益額」を見てみてください。すごいスケールで儲かっています。





ネット企業なんてバカバカしいぐらい儲かってます。なので「自分はITしかやらない」とか決めつけない方がいいと思います。





僕はカメレオンみたいにどんどん変わっていく男で、その局面で一番旬なもので素直に儲けるということを心がけてます。





つまり、自分のエゴを優先させるのではなくて、まず状態を観察して一番ラッキーになれそうなところを探すそういうことをやっています。




ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました