じっちゃま解説「株売買アプリから生まれたロビンフッダーたちとヘッジファンドたちの仁義なき戦い – ゲームストップ (GME) 編」

スポンサーリンク
ロビンフッダー
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

じっちゃまYouTubeからロビンフッダーとヘッジファンドの仁義なき戦いについてまとめておきました

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

ロビンフッド族対ヘッジファンドの戦い

※ロビンフッダーとヘッジファンドの戦いについてのお話は、こちら1月26日のじっちゃまYouTube開始後すぐにはじまります。以下、簡単にまとめておきます。


ゲームストップの株価の動きとロビンフッダーとヘッジファンドとの戦い

画像


2021年1月25日にゲームストップ(GME)というゲームソフトの小売店の株価がものすごい乱高下しました。理由はロビンフッダーとアメリカ最大級のヘッジファンドとの間でバトルがあったからです。




こちらはその時のGMEのチャートです。前日比約50%で場が開いて、高値は約160ドルまで騰がりました。大引けは約80ドルでした。



じっちゃま2021年1月26日YouTubeライブより




この背景には「ロビンフッダー」と呼ばれる株売買アプリ「ロビンフッド」を使用してトレードをする大学生や若いビジネスマンなどの個人投資家の存在があります。




彼らは購入資金が限られてるため、普通の株取引もしますがオプション取引もします。個別株のオプションは少額でも投資可能なので、ロビンフッダーに好まれて取引されています。




ストラテジーとしては”Bullish call option” という将来に株価が上昇することを見込んで(Bullish)、 株を買い取る権利を買うオプション(Call option)に特化してトレードをしています。



コールオプション取引とは

下の図はオプションのペイオフダイアグラムと呼ばれるものです。横軸は株価で縦軸は取引している人のP&L(利益&損失)をそれぞれ示しています。




緑のラインはオプション取引の利益=0を示しています。縦の点線はそのオプション取引の行使価格(ストライクプライス)を表わしています。




コールオプションとはあらかじめ定められた期日(満期日)にあらかじめ定められた価格(権利行使価格)で株を買い付けることです。



緑のラインと黒のラインの差がコールオプションを買う権利のコスト(プレミアム)になります。コールオプションでは行使価格まで株価が上がってこない場合、買う権利を放棄してプレミアムを支払います。



別の言い方をすれば、ダウンサイドのリスクが限られているということです。反対に株価が上昇すればするほど利が乗ってくるということになります。



ゲームストップ(GME)の株価はなぜ乱高下したのか?

2021年の1月25日に起きたゲームストップ(GME) の話に戻すと、ロビンフッダーがアウト・オブ・ザ・マネーのコールを皆で次々に買い上がっていきました。




オプションの取引はどのように成立していくかというと、「マーケットメイカー」と呼ばれる人達が商いを付き合わせます。




マーケットメイカーの企業にはサスケハナやシトロンなどがあります。彼らはコールオプションがディープ・アウト・オブ・ザ・マネーの場合、つまり株価がずっと低い位置にある時には個人投資家から注文が来た場合にはすぐ売り向かっていいのです。




そして、そのコールオプションがイン・ザ・マネーになる確率が低いわけですから、売り向かったものに対してヘッジをする必要がないのです。


アウト・オブ・ザ・マネー・・・原資産価格がコール(購入)オプションの行使価格よりも低い状態またはプット(売却)オプションの行使価格よりも高い状態

イン・ザ・マネー・・・アウト・オブ・ザ・マネーの対義語 (野村證券ウェブサイトより)




しかし、株価がじりじりと上昇してきた場合。コールオプションが点線に近づいてきて、損益分岐点を超えてイン・ザ・マネーで儲かりはじめたら、マーケットメイカーはヘッジするための買いをする必要があります。



現物買いをするヘッジ比率は最初はほぼ0からはじまって、25%、50%、100%という率でヘッジしていかなくてはなりません。



個人投資家からすれば個別株オプションは少ない金額でトレードできるので、ディープ・アウト・オブ・ザ・マネーであればあるほど、少額でたくさんのレバレッジをかけることができます。



たとえば、125:1(レバレッジ125倍)という取引が少額でできるわけです。しかし、株価が行使価格に近づいていくと、レバレッジ比率は下がっていきます。つまり、より大きなお金を投入しないと株価を押し上げることができないのです。




ロビンフッダーたちはディスコードというSNSを使って情報交換をします。ウォール・ストリート・ベッツというフォーラムにみんなで集まって、徒党を組んでわっせわっせとやるお話をしています。




「ゲームストップの株をつり上げようぜ、今度は俺が行く、次はお前が行け」という感じです。ひとつひとつの注文は小さいけれども、それが100人も1000人も買い進んでいけば株価をつり上げることができます。




そのように株価が上がれば上がるほど、マーケットメイカーはデルタヘッジする必要があります。そして、マーケットメイカーの現物買いがさらに自分の首を絞めるという現象が起きます。




このように、ロビンフッダーはディスコードなどのSNSで個人投資家を集めて、ショート・ターム・オプションを買わせていくことでトレンドを捏造することができるということです。



ロビンフッダー vs ヘッジファンド

ロビンフッダーのような個人投資家は株式のバリュエーションをはじきだすのが得意ではありません。なので、投資ストーリーだけで一発賭けるというトレードをします。バリュエーションの水準にかかわらず、向こう見ずなトレードのやり方をします。



株価をつり上げるには、そのようなトレードが数珠つなぎのように入ってくる必要があります。別の言い方をすれば、フローが重要になります。そのフローを生かしておくためには、フォーラムの主催者による継続的な煽りが必要になってきます。



ゲームストップは典型例ですが、とりわけ大きな空売りポジションがある銘柄、べらぼうなバリュエーションになっている銘柄に対してプロが空売りをかけるポジションをターゲットにしてショートを担ぐということをディスコードのコミュニティは行っております。



ゲームストップの場合はシトロンとい空売り筋の連中が担がれました。そのゲームストップに同じくショートしていたのがメルヴィン・キャピタルのケイブ・プロトキン氏です。彼は現在売り出し中の若手の筋のいいファンド・マネージャーです。



画像
メルヴィン・キャピタルのケイブ・プロトキン氏




ケイブ・プロトキン氏は過去数年間、毎年プラス30%の成績をだしていたトップパフォーマーのうちのひとりです。




しかし、今回のゲームストップの件で、彼のような腕の立つヘッジファンドのマネージャーでも、ロビンフッダーたちにぐっさり刺されたということが話題になりました。




メルヴィン・キャピタル・マネージメントのパフォーマンスは年初来-30%と沈んでしまったので、お金を預けていた投資家や年金ファンドなどがお金を引きそうになりました。



危機に晒されるなか、まず運用資金を安定させなくてはならないということで、大富豪であるシタデルのケン・グリフィン(個人資産2兆円)とスティーブンコーエン(個人資産約1.3兆円)が新たにお金を預けるかたちでケイブ・プロトキンを助けました。



スポンサードサーチ

ロビンフッダーの勝利ではない

胴元には勝てない


1月25日時点ではロビンフッダーは「我々の勝利だ」と快哉を叫びましたが、僕(じっちゃま)は事の顛末を見ていて非常に危ないと感じました。




実際にゲームストップの株価を見てみると、高値160ドルから60ドルぐらいまで落ちました。この過程でやられている個人投資家も多いはずです。





ロビンフッダーが勝ったといっても全員の勝利ではありません。痛み分けになっている可能性が非常に高いのです。つまり、ケイブ・プロトキンも痛んだけれどもロビンフッダーも痛んでいるはずだと僕は思います。




資金量でいえば、最終的にはメルヴィン・キャピタル・マネージメント、シタデル、スティーブン・コーエンのほうが多いのです。



だから、個人投資家はこれらの連中を甘く見るべきではない。僕の考えではお尻ひっぱたかれると思います。




たとえばシタデルという会社はみんながIPOの際に気配が立つのを待っていますが、それを行っている企業です。つまり胴元です。胴元がメルヴィン・キャピタルを救いに行っているわけです。個人投資家が胴元に勝てるかと問われたら、それは勝てないです。



ですので、そのことをみんな頭冷やしてじっくり考えた方がいいです。株取引のゲーミフィケーションもほどほどにしたほうがいいのではないでしょうか。



解決を考えない投資はない

それからもう1点、解決を考えない投資というものはないのです。株を買って2倍になって喜んでいるのはぬか喜びです。




なぜかというと、キャピタルゲインというものは売らないと確定できません。あなたがその株を握っている限り、また株価は下がるのかもしれないです。



ゲームストップの株価は一旦は上がりましたが、また下がりましたので、ロビンフッダーの勝利ではないのです。では「なぜ株価は下がるのか?」みなさんにはその辺をじっくり考えて欲しいです。


ロバート・ムニューシン氏の言葉


昔、ゴールドマンサックスにロバート・ムニューシン氏という伝説的なブロックトレーディングのヘッドがいました。彼はトランプ政権時のスティーブン・ムニューシン財務長官のお父様です。




スティーブン・ムニューシン氏の有名な言葉で“Zero position is the best position “という名言があります。




なぜ、ゼロポジションがベストかというと、次の身の振り方の自由度が最大限な時は、あなたがキャッシュを握って全然ポジションを持っていない時だからです。




あなたがもし何かの銘柄を買ってしまったら、あなたが未来に起こせる行動というのは投資資金が限られている個人投資家の場合は売りしかありません。



たとえばテスラに対して、「今後株価は倍になる」という強気の意見を持ったとしても、あなたが次にとれるアクションというのは「売り」しかありません。だからあなたがどんなに強気でも次のアクションは「売り」です。




なぜなら、あなたの資金はすべてテスラに縛られているから。あなたが自由になりたいと思うのならばテスラを売るしかありません。



あなたの隣人を憎みなさい

あなたも儲かっている、あなたの隣人も儲かっている、みんなテスラ株に乗って儲かっている状態で将来の買い圧力と売り圧力でいえばどちらが多いと思いますか?



あなたが次にとれるアクションが「売り」しかないのであれば、それはあなたと一緒にテスラを買いあがっている個人投資家にも言えることです。つまり、売り圧力のほう多いはずです。




僕が何を言いたいかというと、「相場でみんな儲かってハッピー」なことは喜べることだけれども、それと同時に「自分が一緒に買い上がっている友だちを裏切るのはいつだろう」ということを常に考えてください。



なぜなら、あなたが同胞を裏切らなければ裏切られるのはあなたなのです。みんなが「売り」しか選択肢がない状態では、そのようなアクションをもたらすのです。



もっといえば「あなたの隣人を憎みなさい」ということを説明しています。みんなが「テスラいいね!!騰がったね!!」と熱くなっているときには冷めなさい。




あなたがクールな頭で状況判断しないと負けるのはあなたです。あなたのまわりにいるテスラホルダーというのはみんな敵なんだよ。それがトレードというものです。


タイトルとURLをコピーしました