じっちゃまのいう「ジョージ・ソロスの投資スタイル『グローバル・マクロ』」とは?

投資に役立つ知識


ウサギ
ウサギ

ジョージ・ソロスみたいに金持ちになったらでっかい家建てたいな

ウサギ
ウサギ

そんで犬を飼って、ドアの外では坊やが遊び、暖炉のある家なの。
まずはじっちゃまツィートを見てみよう!!

スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter


じっちゃま
じっちゃま

グロース・インベスターの時代は、そろそろ終わる。
次はグローバル・マクロ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 19, 2020


じっちゃま
じっちゃま

グローバル・マクロというのはジョージ・ソロスとかの投資スタイルを指します

— じっちゃま (@hirosetakao) November 19, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ひとことで言えば「ゲームのルールが変わる瞬間を捉えてトレードする」やり方です。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 19, 2020


じっちゃま
じっちゃま

前回、グローバル・マクロの連中が闊歩したのはギリシャ危機の時ですね。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 19, 2020


ジョージ・ソロスとはどんな人?


ウサギ
ウサギ

このおじいちゃんがジョージ・ソロスだよ!!
今日は彼が10億ドル以上稼いだブラックウェンズデーを例にグローバルマクロの投資法について説明するよ!!



ジョージ・ソロスはどうやってブラック・ウェンズデーで10億ドル稼いだの?


1990年から1992年にかけてイギリス・ポンドの為替レートはドイツ・マルクに対して固定されていました。最初のうちはポンド/マルクレートは政府の介入が不必要なぐらいに安定した水準で固定されていました。



しかし1992年になると経済状況の変化によって、ポンドに対する減価圧力がかかってきました。1992年の夏にイギリス政府は為替レートの水準を維持するために外貨準備240億ドル(便宜上のためすべてドル表記)を費やしました。



その努力もむなしく、同年9月16日にポンド売りの波が市場を襲った時にイギリス政府の外貨準備(マルク含)は底をついてしまいました。



そして、その日の終わりにはイギリス政府はポンドを買い支えることを諦めて、急激な減価を受け入れました。この日がブラック・ウェンズデー(暗黒の水曜日)です。



ジョージ・ソロスは、イギリス・ポンドが減価する直前に、ポンドの過大評価が終わることに賭けました。約100億ドル分のポンドを借入れて、それでマルクを購入しました。



この時にソロスの購入したドイツ・マルクの価値はブラック・ウェンズデーで増価したので、借り入れを返済しても膨大な利益が残りました。ソロスはこの取引によって10億ドル以上の利益を得たと言われています。


ウサギ
ウサギ

でもなんでソロスはポンドの過大評価が終わるって見抜いたの?超能力者なの?未来から来たの?なんなの?


スポンサードサーチ

ジョージ・ソロスはどこを見て予測していたの?


結論からいうと、ジョージ・ソロスは1992年の夏を通してイギリスの外貨準備が急に下がっていたので、ポンドの暴落を予想することができました。


・外貨準備とは中央銀行が保有する外貨建ての資産のこと。

・外貨、債券、財務省短期証券、およびその他の政府証券が含まれる場合もある。

・たとえばアメリカ政府の外貨準備は財務省(Department of The Tresuary) のホームページで確認できるよ。





外貨準備が下がっていたところ、外国為替市場でポンドを売り100億ドル相当のマルクを購入して、イギリス政府を追い込みました。



ソロスのこのような行為によってイギリス政府はポンド買い支えを諦めてブラック・ウェンズデーになりましたとさ(この取引によるイギリス政府の損失は約60億ドル)。



つまり過大評価された為替レートは、ある程度の期間であれば、為替レートを維持したい国の外貨準備がある限りは持続させることができるところをソロスは突いて儲けました。



このように市場のルールが変わるところに大きく勝負をかけるような投資方法をグローバル・マクロと呼びます。


ウサギ
ウサギ

見た目は優しそうだけど、けっこうなおじいちゃんだね

ウサギ
ウサギ

ソロスたちは過大評価された通貨を予想することが多いよ。でも政府が過大評価された為替レートを維持できることもあるので、賭けが失敗することもあるよ。




参考文献:アセモグル、レイブソン、リスト(2019)『マクロ経済学』東洋経済新報社,P561-P563







コメント

タイトルとURLをコピーしました