スポンサーリンク

【じっちゃまTwitter名言集】大統領選挙はどちらが勝っても相場には影響なし。いまGAFAを買え!

スポンサーリンク
じっちゃま注目銘柄A~N
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!




時間が経つのははやいですね。
「3ヶ月後の相場が今より安いか高いかで現職大統領の当選か否かが予想できる」と言ってた8月からその3ヶ月が経ちました。





いよいよ大統領選です。
昨日のじっちゃまのツィートでは、「IBT/TIPPの調査ではバイデンとトランプの差が縮まっており、大接戦」だそうです。




「IBT/TIPP」とは4年前にヒラリー敗北、トランプ当選の予想を立てて見事に的中した調査会社ですね。



じっちゃま
じっちゃま

IBD/TIPPの調査ではバイデンとトランプの差が縮まっている。大接戦! https://t.co/TD8xNCoo0f

— じっちゃま (@hirosetakao) November 2, 2020

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

 

そこで今日は11月1日に行われたじっちゃまYouTubeライブ「大統領選挙はどちらが勝っても相場には影響なし。いまGAFAを買え!」をおさらいしましょう。

大統領選挙はどちらが勝っても相場には影響なし いまGAFAを買え!

トランプはフロリダ州、オハイオ州、ウィスコンシン州、これらの3つの州で必ず勝つ必要があります。とりわけフロリダ州は絶対落とせない。




じっちゃまはトランプがウィスコンシン州で勝つのは難しいのではないかと言っています。






理由は共和党(トランプ)の支持者は選挙当日に投票するかどうかを決める人が多いなか、中西部では新型コロナの感染者が増加しているので投票所に行くのを躊躇する人が出てくるのではないか、と予想されています。






また、今年のアメリカ大統領選挙が2016年と大きく違う点は

① 郵便投票
② Early Voting

を利用する有権者が多いということ。






そして、これらの期日前投票を利用する有権者は民主党(バイデン)支持者が多いそうです。しかし、じっちゃまはトランプが勝とうとバイデンが勝とうとあんまり関係ないと仰っています。






なので、不安だ不安だとビクビクしている間に株を買った方がいい。11月12月1月は季節的に相場が高い。






なぜかというとクリスマスの前にみんなボーナスが入って懐がほくほくになり、株式市場にお金が流入してくるから。






毎年毎年そうであれば、相場が高くなる前に仕込めばいいということです。狙い目はGAFA。その理由は………




【米国株】GAFAは好決算も株価低迷の今が狙い目!






でじっちゃまが記事にされています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました