スポンサーリンク

じっちゃまのいうFOMCの注目点とFedウォッチャーとは?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回はじっちゃまのZai Online記事などから6月15日~16日に行われるFOMCとFedウォッチャーについてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

FOMC(連邦公開市場委員会)とは?

FOMCとはFederal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)を省略したもので、米国の連邦準備制度理事会(FRB)が定期的に開催する金融政策の最高意思決定会合のことです。





FOMCは年に8回、6週間ごとの火曜日に開催されます。メンバーは12の地区連銀総裁から選ばれた5名と、FRBの7名の理事によって形成されています。





今回のFOMCは6月15日~16日に行われ、その後の声明は16日の午後2時(日本時間では17日の午前3時)から発表される予定となっています。




スポンサードサーチ

じっちゃまによる2021年6月15日~16日のFOMCの見解

6月14日(月)にアップされたZai Online記事では、じっちゃまのFOMCへの予測が書かれています。簡単にまとめておくと…





・現在の政策金利(0-0.25%)に変更なし

・債券買い入れプログラム(QE)についても変更なし

・経済予想サマリーのコンセンサス予想に注目!!





という内容です。特に、連邦準備制度の各メンバーから「今後の米国のGDP成長率やFFレート、失業率、インフレ率はどうなるか」という予想を聞いて、アンケート集計した「経済予想サマリー」に注目することが重要と書かれています。





じっちゃまは経済予想サマリーのなかでも、2023年の予測FFレート(Federal Founds レート)が少し上昇するのではないかと述べています。





下のグラフは前回(3月17日)に発表されたコンセンサス予測FFレートです。同記事より転記しました。つまりは、前回、2023年末の予想が0.1%となっていたのが、今回は上昇するかもしれないと、じっちゃまは予想しているということです。









他の項目などは6月12日にアップされたZai Online記事に詳しく書かれていますので、FOMC前にぜひ読んでみてください。特に「記事の後半部分であるオプショナリティーの説明をよく読むように」とじっちゃまはツィートしていました。





引用元:広瀬隆雄【米国株】米国経済の今後の見通しが示されるFOMC「経済予想サマリー」に注目! 金利やGDP成長率、失業率、インフレ率などの各種予想の見るべき点を解説!(6月12日, Zai Online)





スポンサードサーチ

FEDウォッチャー ポール・キーナン氏の爆弾投下

じっちゃまのFOMCに関する見解記事がアップされた矢先に、Fedウォッチャーであるウォール・ストリート・ジャーナルの記者ポール・キーナン氏が書いた記事がアップされて「FRBメンバーは早期での利上げを経済予想サマリーの中で予想するかも」と言及されていました。




じっちゃま
じっちゃま

あっ! FEDウォッチャー、ポール・キーナンの爆弾投下、キター!午後8:08 · 2021年6月14日





じっちゃま
じっちゃま

「FRBメンバーは早期での利上げを経済予想サマリーの中で予想するかも」https://www.wsj.com/articles/fed-officials-could-pencil-in-earlier-rate-increase-at-meeting-11623663001

午後8:11 · 2021年6月14日





じっちゃま
じっちゃま

ここまでは予想された展開。シナリオからの逸脱はありません。でも「今回のFOMCは、いままでとは違う!」ということを痛感させる記事。午後8:14 · 2021年6月14日






※FedウォッチャーとはFRBの腹話術的な存在で、一般的にFRBが大きな政策転換をする場合に、わざとWSJのFed担当記者に内容をリークして記事を書かせて市場がどういう反応をするかを見ます。





Fedウォッチャーについてはこちらの過去記事にまとめてありますので、あわせてお読みください(こちらに書かれているじっちゃまのテーパリングについての見解は過去のものです)。






※Fedウォッチャーのポール・キーナン氏については、6月3日アップされたじっちゃまのnote「連邦準備制度理事会が去年新型コロナで経済が混乱した際発表したSMCCFプログラムで購入した社債やETFを売却すると発表」でも言及されているので、あわせてお読みください。




ウサギ
ウサギ

以上です!!







タイトルとURLをコピーしました