じっちゃまのいう「2月は株価下落のリスクに注意」とは?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

今日はじっちゃまのYouTubeライブから「2月は株価下落のリスクに注意」についてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTubeライブ

ジョー・バイデンは大統領就任直後に何をやる?

※2月の株式市場リスクについてはこちら2021年1月17日のYouTube動画開始後すぐにはじまります。以下内容をまとめたものを書いていきます。




2月の株式市場リスクについて

ジョー・バイデン新大統領の就任式が1月20日(水)にあります。今回は大統領就任後100日以内 (ハネムーン期間) に何をするかという話をします。




アメリカ株では一年間のなかでも2月は全体的に相場が安いです。とりわけ大統領選挙の翌年は経験則的に相場が非常に安いことで知られており、今年(2021年)も同じように考えています。




広瀬隆雄さん2021年1月17日YouTube動画より転記







株式市場から全降りする必要はないですが、ポートフォリオのリスクを少し落としたいと考えています。値動きの激しい個別株を少し落として、ETFのVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)にシフトするのがよいのではないでしょうか。





VTIについては以前に詳しく書きました。





また、現在の株式市場には投機熱が見られます。とりわけペニー・ストックと呼ばれている小型株が跳ね上がっています(ramp up)。




アメリカ政府から国民へ新型コロナの見舞金600ドルが配られましたが、そのお金が直に株式市場に向かった形跡が見られます。




バイデン新大統領について



バイデン新大統領は1.9兆ドルの景気刺激策を提案しており、国民一人あたり1400ドル~2000ドルの配布プランを掲げています。




しかし、この提案は議会を通らないと思います。それでも株式市場の参加者はまた小切手が配られるなら相場は高いだろうと考え、それが現在の株価に織り込まれています。




ジョー・バイデン新大統領が就任式後は、マスクキャンペーン、学生ローンの猶予再延長、家賃滞納者や住宅ローン差し押さえ等の再延長、国境警備政策の緩和、別々に収容されていた移民の親子を一緒にすること、ドリーマーと呼ばれる不法移民の出生証明のない子供に米国籍を付与することが発表されると思います。




その他は最低賃金の引き上げ、女性に対する暴力への法規制の強化が打ち出されると思います。意外なことに、対中政策については今のところ何も聞こえてきていません。





2021年1月17日付日本経済新聞より転記


新型コロナのワクチンの投与について



アメリカの景気新型コロナワクチンの普及状況は、世界では4000万人が接種済(244万人/日)、米国では1367万人が接種済(85万人/日,使用率44%)です。




65歳以上と対象者を拡大したので、今後も新型コロナのワクチンの接種スピードは速くなっていくと考えています。




いつ集団免疫が完成するかについては識者によって意見が分かれています。ワクチン完成前は、アメリカ政府は2020年の8月くらいには集団免疫を達成したいと言っていました。





最初はワクチンの普及が遅かったので悲観論が流れていましたが、スピードが速くなってきた現在は楽観論へと流れています。






ブラックロックのCEOは夏から秋にかけて集団免疫が完成すると言っています。彼はどんな情報でも入ってくる立場なので、意見を重視する必要があるかと思います。





また、デルタのカンファレンスコールでも、夏から秋ぐらいに集団免疫を達成すると述べていました。一方、JPMはカンファレンスコールで集団免疫についてはまだわからないと慎重な発言をしていました。





スポンサードサーチ

ワクチンの普及スピードによって狙い目になる銘柄


じっちゃま(広瀬隆雄さん)のZai Online最新記事(2021年1月18日掲載)によると、ワクチンの接種がサクサク進めば、長期金利が上昇して「リア充」銘柄が狙い目になるとのことです。





反対に、ワクチンの接種がモタモタすれば、今までと同様リモートワーク関連銘柄やEV関連銘柄などが人気になると予想されているようです。




また同記事によると、新大統領が就任した直後の2月は、経験則的に相場がかなり下がりやすいとのことです。最近IPOされた銘柄、SPAC銘柄、EV関連銘柄といった人気株は、大きく損するリスクもあるので、熱を上げるのもほどほどにとのことです。





参考記事:Zai Online「米国株は“2月に株価下落”のリスクに注意! バイデン大統領が就任しても「追加景気支援策」が可決されない可能性のほか、ワクチン接種の進捗や効果にも注視を」広瀬隆雄

タイトルとURLをコピーしました