じっちゃまのいう「ユーロナブ (EURN) を買うタイミングは今」とは?

スポンサーリンク
EURN
ウサギ
ウサギ

今回はじっちゃまの3月20日YouTube Live からひたすらユーロナブ(EURN)についてまとめておきました

スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

経済再開について

※ユーロナブ(EURN)についてのお話はこちら2021年3月20日のじっちゃまYouTube開始1時間16分37秒後と2時間20分10秒後にはじまります。以下、かんたんにまとめておきます。




ユーロナブ(EURN)はなぜ今買いなのか?

ユーロナブ(EURN) はオイルタンカーの会社です。現在、タンカーの用船料はすごく安く、ユーロナブの売上高もパコーンと落ち込んでいます。





そのような意味では、ユーロナブの株は決算を手がかりに買える状態ではありません。しかし、このような市況株というのは業績が良い時に買うのではなく、業績がボトムを打ち始めた時に買うのが習わしです。





他にも、鉄鉱石のヴァーレ(VALE)や銅のフリーポート・マクモラン(FCX) あたりは典型的なシクリカル株になりますが、業績は回復していないので、決算を手がかりにしては買いづらいです。





もう少し丹念に需給関係を見て、いつ用船料がボトムアウトするのかを手がかりに買うべきだと思います。タイミングは今だと思います。





※ユーロナブの2020年度第4四半期の決算についてはこちらの記事にまとめてあります。





スポンサードサーチ

ユーロナブ(EURN)にポストスターバルク(SBLK)のような上昇を期待してもいい?

ユーロナブにスターバルクのような上昇を期待してもいいと思いますよ。船のアナリスト(6人ぐらい)はだいたい同じことを言っています。「スターバルクで起きたことはユーロナブでも起こる」と言っている人は多いです。





※こちらがスターバルクのチャートです。じっちゃまが推奨していた時は7ドル前後だったので、もう2倍以上になりました。おかげで儲けさせていただきました。








ユーロナブ(EURN)とサコス・エナジー(TNP)の違いは?

サコス・エナジーはギリシャの会社です。ユーロナブよりもサコス・エナジーのほうがはるかにバランスシートが悪いです。






しかし、ギリシャというのは海運の国で多くのバラ積み船やタンカーはギリシャ船籍です。その関係でギリシャには経験豊かな海運の経営者がたくさんいて、サコスもそのうちの一社です。





先に述べたようにサコスはユーロナブよりはバランスシートの点で劣ります。しかし、思いっきりホームランを打ちたいのであれば、サコス・エナジーを買うという手もあると思います。





今後、景気が強含みしていくと考えれば、サコスのバランスシートの弱さはそれほど問題にならないと僕(じっちゃま)は思います。しかし、それは保証できません。





ユーロナブはベルギーのアントワープに本社があります。非常にそろばんの立つ経営者がやっている会社です。タンカー市況が低迷している時でも、それを利用して所有タンカーの数をどんどん増やしてきました。






つまりグロース的な経営をされているにも関わらず、バランスシートもしっかりしています。ユーロナブは商売が非常に上手い人たちが経営している企業ということです。




スポンサードサーチ

サコス・エナジー(TNP)の株価

2021年3月19日の終値で株価は10.59ドルでした。こちらは1年分の日足のチャートです。気持ちとしてはホームランかっ飛ばしたいです。









こちらはより長期の週足チャートです。2007年~2009年あたりにすごいことになっていました。








ユーロナブ(EURN) の株価

2021年3月19日の終値は9.34ドルでした。









こちらは長期の週足チャートです。今夜買うかもしれません。








ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました