スポンサーリンク

じっちゃまのいう「エネルギー関連株、未来永劫に良いという保証はないので半身で乗っている」とは?ダイヤモンド・バック(FANG)、パイオニア・ナチュラル・リソーシズ(PXD)、フレックスLNG(FLNG)、トーム(TRMD)…

スポンサーリンク
AR
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年10月16日のじっちゃまYouTube Q&Aから「エネルギー関連株は半身で乗っている」とTwitterから「インフレ55年サイクル」ついてまとめておきました!!

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃまYouTube文字起こし&まとめ

エネルギー関連株、未来永劫に良いという保証はないので半身で乗っている。インフレの55年サイクルについて【米国株じっちゃま切り抜き動画】

※エネルギー関連株は半身で乗っているというお話については、こちら2021年10月16日のじっちゃまYouTube切り抜き動画開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししてありますがぜひ全編とおしてご覧ください。



スポンサードサーチ

エネルギー関連株は半身で乗っている。米国株ダイヤモンド・バック(FANG)、パイオニア・ナチュラル・リソーシズ(PXD)、フレックスLNG(FLNG)、トーム(TRMD)…について

【質問①】エネルギー銘柄は早乗り・早降りでしょうか?





【じっちゃまの回答】まだエネルギーが長期にわたって未来永劫に良いという保証は全然ありません。だから僕は半身で乗ってます。





たとえば、ダイヤモンド・バック(FANG)、パイオニア・ナチュラル・リソーシズ(PXD)、フレックスLNG(FLNG)、トーム(TRMD)となどの関連銘柄は全部半身というか状況を睨みながら乗っています。





スポンサードサーチ

インフレ55年サイクルについて

【質問】エネルギー投資にはどの位の期間安心して投資していられるという想定ですか?





【じっちゃまの回答】想定ありません。リスキーだと思います。短命に終わるかもしれないし、長期にわたるかもしれないし、全然わからないです。





しかし、インフレは55年サイクルいうことが言われていますよね。前回、インフレがピークをつけたのは1979年ー1980年だったと思います。





そうすると次のピークは2030年ー33年あたりになるかもしれないです。そのサイクルが今回も当てはまるのであれば、今から10年ー13年くらいはダウンサイクルかアップサイクルかと言われればアップサイクルかなとい思っています。





そして、インフレは酷くなる、デフレになるかと聞かれればインフレは強まると考えるのが自然だと思います。





しかし、長期のプライスサイクルで気をつけなきゃいけないのは、本当に儲かるのはサイクルが終わる直前の数年間、その時の価格の動きが一番大きいことです。






ボーリスティック、つまり弾道的に価格が上がっていくのは最後の数年間だと言われています。だから定規で直線を引いたような価格の上がり方ではないということです。




スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitterまとめ「インフレ、いまは上昇局面に入ったばかり」

じっちゃま
じっちゃま

おおまかに言ってインフレは55年周期でピークをつけています。いまは上昇局面に入ったばかり。午前0:04 · 2021年10月20日

画像






じっちゃま
じっちゃま

次のピークは2035年。午前0:06 · 2021年10月20日





じっちゃま
じっちゃま

いまから資源株、金鉱株乗れば、「相場の1階部分」から参加できる。午前0:07 · 2021年10月20日






じっちゃま
じっちゃま

アンテロ(AR)
ブエナヴェンチュラ(BVN)
ダイヤモンドバック(FANG)
コスモス(KOS)
パイオニア・ナチュラル・リソーセズ(PXD)
トランスオーシャン(RIG)
サコス(TNP)
トーム(TRMD)……
午前0:10 · 2021年10月20日

タイトルとURLをコピーしました