スポンサーリンク

じっちゃまのいう今後の投資ストラテジー(2022年4月27日以降編)

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2022年4月27日の「北野誠のトコトン投資やりまっせ」から今後の投資ストラテジーについてまとめておきました!!

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃまYouTube文字起こし&まとめ

「北野誠のトコトン投資やりまっせ。」4月27日

※今後の投資ストラテジーについてのお話は、こちら2022年4月27日のYouTube動画開始1時間8分後あたりからはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししてありますがぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

米国株式市場下落の理由は?

先週あたり、FRBの高官が入れ替わり立ち替わりタカ派のコメントをしたので、米国株式市場は下落しました。





しかし、FRBからのお灸がキツすぎるとリセッション入りなどのリスクもあるので、そろそろハト派のコメントに転ずる局面だと僕は見ています。





なので、早ければ今週末のウォール・ストリート・ジャーナルのFedウォッチャーに「FRBがハト派に転じるかも」という観測記事を書かせて、事態を収拾させる可能性もあるかもしれないと見ています。




スポンサードサーチ

5月&6月のFOMCでの利上げ観測について

5月のFOMCでは間違いなく0.50%の利上げをしてくると思います。問題は6月のFOMCで0.75%の利上げがあるというコンセンサスを市場参加者が持っていることです。





しかし、これまで2ヶ月連続で0.50%、0.75%という利上げは見たことがないです。一つの引き締めサイクルで、0.50%ずつの利上げは2回ほど見たことがありますが、連続で強い引き締めをすることはこれまでありませんでした。





つまり、現在市場が織込んでいることがいかに異例かを認識する必要があると思います。すでに30年の固定住宅ローン金利は約5%になっているので、これ以上金利を引き上げると住宅需要が止まってしまい、住宅販売数も減少しているので気をつけなければいけないと思います。





現在はインフレ率が8%を超えているのにも関わらず、FFレートは0-0.25%なので、FRBは早く利上げをしなくてはいけません。それを蕎麦屋の出前みたいに「今やっていますから」と「トーク」で急いでいるフリをしなければなりません。





目標は中立レートの2.5%までFFレートを持っていくことです。それをトークしてすることで、現在株価は下落しています。なので、株式市場をなだめながらも、インフレを抑えこんでいくという苦しいことをやっているということです。





一つ間違えばはちゃめちゃになりますが、パウエル議長は得意なので腕まくりして取り組むと思います。





スポンサードサーチ

米国株式市場目先は上?

ネット企業に関しては、株価収益率(PER)はかなりリーズナブルな水準まで下がってきているので、割高とは言えないと思います。





ネットフリックスやグーグルなどをはじめとする個々の企業の決算の取りこぼしはありますが、しかし全体としてはボロボロではないと思います。





テクニカル的にはトリプルボトムを形成できそうな感じで踏みとどまっていますので、どちらかというとアップサイドというか、ふわっとした買いが入りやすい局面だと思います




スポンサードサーチ

イーロン・マスクのツィッター買収について

イーロン・マスクのツィッター買収は道楽ですね。買収総額は440億ドル、内訳は210億ドルが株式資本で残りは銀行師団からの借入れです。





銀行はイーロン・マスクが所有しているテスラ株を担保として融資をします。掛け値は2割なので、それぐらいテスラの株は乱高下するので足下を見られているということです。





そして、マスク氏の持ち株の大部分は拘束されてしまうので自由にできないので、「担保不足になって銀行に売り払われたらたまらないな」という思惑でテスラ株は売られました。





これは我々がFXやCFD取引をやる時と同じで、強制決済のリスクを恐れてのことだと思います。しかし掛け値が2割ということはテスラ株の価格が相当動いても、そのような事態にはならないと思うので、ある意味保守的な融資態度だと思います。




スポンサードサーチ

イーロン・マスクはツィッターのテコ入れはあまりできない

イーロン・マスクがいかに名経営者といえ、ツィッターでテコ入れできることは限られてると思います。稼ぐ力のないプラットフォームなので、これまでサブスクリプション化など試みられてきましたが上手く機能しませんでした。





またツィッターは売上高の約9割を広告収入に依存しています。しかも掲載されるのは、ターゲットを絞り込めていない広告たちです。





そこにイーロン・マスクが「言論の自由だ」とノコノコ入ってきても、ただでさえ誹謗中傷で溢れているSNSなの汚らしい場所になる可能性もあります。





ツィッターがさらに汚らしい場所になれば、ブランド主はそこに広告を出すことによって、ブランドイメージが毀損されると困るので、ツィッターには広告を出さなくなります。





EUは「デジタル・サービス・アクト」という新しい法律で「ネット企業はもっと監視しなさい」ということを打ち出して、昨日もイーロン・マスクと火花を散らせました。そういうこともあって、ツィッターを買収してもほとんどテコ入れできないと思います。




ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました