スポンサーリンク

じっちゃまのいう「ドキュサイン(DOCU)が成長している理由」とは?

スポンサーリンク
DOCU
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

今回は2021年6月18日に行われたじっちゃまの楽天証券セミナーからドキュサイン(DOCU)についてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

【ライブ配信】広瀬隆雄氏「乱高下の米株市場、コロナ後の相場の見通しと注目銘柄とは?」(6月18日開催)

※ドキュサイン(DOCU)についてのお話はこちら2021年6月18日に行われたじっちゃまの楽天証券セミナー開始1時間9分後あたりからはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

米国株ドキュサイン(DOCU)の2022年度第1四半期決算発表について






ドキュサインも注目される決算だったと思います。EPSは予想28セントに対して結果44セント、売上高が予想4.38億ドルに対して結果4.69億ドル、売上高成長率は前年同期比+57.9%でした。サブスクリプション売上高は前年同期比+61%と非常によかったです。




スポンサードサーチ

米国株ドキュサイン(DOCU)が成長している理由とは?

今回の決算を見て感じたことは、大企業がドキュサインの管理ソフトウェアをガッツリ使い始めており、大企業への食い込みが増えています。





そのような理由から、現在は面白いように業績が伸びる局面です。この手のSaaS企業の場合、定期利用という契約形態が多く、将来の売上高が読みやすいです。





ドキュサインも契約としてはサブスクリプション契約ですが、その中に使った分だけ請求する従量課金コンポーネントもあります。





現在、経済再開でみんながオフィスに戻って複雑なタスクをやりはじめており、いよいよドキュメント管理システムがフル稼働しはじめています。そのような理由から、従量課金分の請求額が増加して、ドキュサインの成長率がやや加速しているという印象を与えています。




スポンサードサーチ

米国株ドキュサイン(DOCU)の売上高推移

こちらがドキュサインの売上高推移です。非常にキレイなグラフですよね。








スポンサードサーチ

米国株ドキュサイン(DOCU)の株価

2021年6月21日の終値は270.02ドルでした。株価はかれこれ201日間、290ドルと179ドルのレンジ内での推移をしています。









※ドキュサインについてはこちらの過去記事にもまとめてありますので、あわせてお読みください。





ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました