スポンサーリンク

2022年はストックピッキングの年!じっちゃまが良いと思う低PER&高配当利回り株思いつくまま4銘柄

スポンサーリンク
CVX
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年12月16日のじっちゃまYouTubeから「2022年じっちゃまが良いと思う低PER&高配当利回り株」についてまとめておきました!!

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube文字起こし&まとめ

2022年じっちゃまが良いと思う低PER&高配当利回り株を思いつくまま4銘柄紹介している動画。逆にダメそうなグロース株も一緒に紹介されています。【米国株じっちゃま切り抜き動画】

※2022年じっちゃまが良いと思う低PER&高配当利回り株についてのお話はこちら2021年12月16日のじっちゃまYouTube切り抜き動画開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめ&文字起こししてありますがぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

2022年に選びたい低PER&高配当利回り株思いつくまま4銘柄

【質問】リセッション入りした場合にも、運用戦略としてはコアサテライト投資法を続けるべきでしょうか。





【じっちゃまの回答】基本的にはそうだと思います。例えば2022年の投資戦略としては、2021年非常にパフォーマンスが良かったVTIの比率を90%-100%にするということはやめて、約50%をVTI、残りの半分をサテライトの銘柄を選ぶのが良いと思います。





その時に僕は株価評価が非常に低く、配当利回りの高い株を中心に組み込みたいと考えています。例えばエクソン(XOM)の場合PER18倍、配当利回りは5.7%で非常に配当が魅力的です。





あるいはシェブロン(CVX)の場合PERは21倍、配当利回りは4.6%でこれなんかもいいです。ダウケミカル(DOW)もPER7倍で配当利回りは5.2%です。





あるいはライアンデールバーゼル(LYB)。これはポリオレフィンなどの製造メーカーですが、PER5倍、配当利回り5.2%です。





このようにPERが低くて、配当利回りが4%-5%ある銘柄というのはアメリカにゴロゴロあります。しかし、このような銘柄は2020年-2021年とファッショナブルではありませんでした。




スポンサードサーチ

2022年の米国市場はどう予想する?

2022年は相場が悪いかもしれない理由は、アメリカの株式は過去3年間、+20%+15%と上昇してきましたが、このように3年連続株式市場が上昇するのは非常に珍しいことなので4年目まで行く可能性というのは低いです。





それとアメリカの景気は強く、2022年3月にテーパーが終了次第、FRBはパンパンパンと利上げしてくると思います。





その利上げのタイミングでどんな市場の混乱が起こるかというのはまだわかりません。現在は12月のFOMCが終わって、株式投資に取り組んでいけるぞというムードになりましたが、それが今後も続くかはわからないと思います。




スポンサードサーチ

ハイパーグロース株にとって利上げは癌

基本的に利上げは株式にとってマイナスです。とりわけハイパーグロース株にとって利上げは癌です。





利上げは株式のバリュエーションに関係ないと言ってる奴がいますが、金利が関係ないならなぜARKKは新値をつけてないのですか?





僕だったら口が裂けてもそういう言葉の使い方をしません。非常に無責任な発言です。だから2021年の相場でよかったのはGAFAMなどの一握りのだけであとはもう全滅でした。





2022年がグロース株にとって良い年になるとは全然思っていません。むしろ地獄はこれからだと思います。






今は年末のタックスロス・セリングがそろそろ切れる頃なので、デッド・キャット・バウンス効果で上がるかもしれませんがそれは三日天下です。





今日も10%、明日も15%、明日も20%という展開になると、個人投資家さんは「これで安泰だな、今後もガチホ」とみんな思ってしまいますが、その時にプロはそういう株を捨てています。





例えば去年デッド・キャット・バウンス銘柄で紹介したルート(ROOT)ですが、2日間で13ドルから19ドル80セントまで爆騰しました。





その後1月もちょっと高かったんですが、今は3ドルになっています。2022年の1月候補銘柄にも同じことがも起こると思います。つまり、銘柄に惚れないでくださいという話をしてます。




スポンサードサーチ

2022年は景気強く金利高!米国株はS&P500より出遅れ株に投資妙味!

じっちゃまの関連記事はこちら⇒2022年は景気強く金利高!米国株はS&P500より出遅れ株に投資妙味!景気連動する銘柄は?(2021/12/17アップ、楽天証券)





スポンサードサーチ

2022年の投資戦略

じっちゃまの関連記事はこちら⇒ 2022年の投資戦略(2021年12月17日アップ、SBI証券)




ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました