スポンサーリンク

【前編】いま仮想通貨が再びブームになっている背景…説明しよか?

スポンサーリンク
じっちゃまTwitter名言
スポンサーリンク


ウサギ
ウサギ

今日は仮想通貨の再ブームについてじっちゃまのツィートをまとめたよ

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter


じっちゃま
じっちゃま

いま仮想通貨が再びブームになっている背景…説明しよか? 良い子のBoys & Girlsは集合してくれ!

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ひとことで言うと今、仮想通貨が再びブームになっている理由は「アプリ主導の普及」が原因。(「ウォレット」という言い方をしてない点に注意)

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

もっと言えば金融取引の「Big 3」、スクエア、ペイパル、ロビンフッド……この3社が旋風を巻き起こしておるんじゃ。

伝統的な仮想通貨取引所でない点に刮目せよ!

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

スクエアには「スクエア・キャッシュ」というアプリがある。そこでは送金だけでなく株のトレードなんかもできる。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ペイパルにはいろんなサービスがあるけど、たとえば若者に人気の「Venmo(ベンモ)」などの決済アプリを展開している。(現在はペイパルの仮想通貨決済とベンモは未だ連動してない)

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

Venmoは友達同士がSNS的に「これ昨日の飲み会の俺の分だよ…立て替えてくれて、ありがとう!」などメッセージを添えておカネをやり取りできるサービス。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ロビンフッドはアプリを通じてカンタンに株をトレードできるサービス。若者に人気がある。そこで……仮想通貨も取引できる。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ポイントは、ユーザー目線で、「便利なら、呼び方は、何でもいいじゃん?」ということ。ひとつのアプリの中であれこれおカネにまつわる利便性をGETできるところが特徴だ。 仮想通貨のウォレットが、それ専用なのと大きな違い。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ようするにこれらの「Big 3」は消費者の目線で決済やトレードのサービスを再定義しつつある。だから3社とも大人気になっている。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ここで一歩さがってビットコインとかの仮想通貨が出てきた時のことを思い出して欲しい。ビットコインは「中央銀行なんて信用ならない!」という発想から構想された。

「中央銀行dis」だ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

同様に「JPモルガンのジェイミー・ダイモンみたいな存在も邪魔だ!」と仮想通貨クラスタは宣言した。

「金融サービスdis」だ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ところが……そのような過程でクリプトというのは衒学的なオーラばかり強調され、一般市民を疎外したわけだ。

そんなコトして、クリプトが普及せえへんのは、当たり前ちゃう?🤣

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ハッキリ言って、使いにく過ぎるんだよ、クリプトは。

そこへ目を付けたのが、さっき言った「Big 3」というわけ。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

そいつらのアプリ見に逝けよ。「しれっ」とBTCとかが静かに佇んでいるんだよ。特別、むずかしい事を理解する必要あらへん。「送金のときアドレスをコピーして……」とか、そーゆー石器時代みたいな面倒なことを知る必要ナシ!

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

たんに「ドルで送ります? それともBTCで送ります?」というメニューが示されているだけ。

ペイパルの場合、たんなる決済のいちオプションとしての仮想通貨なんだから、これは「仮想通貨をトレードすることが目的の取引所」とは似て非なるもの。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

今日、そういう目的で設計されているペイパルの仮想通貨サービスを、横着に仮想通貨取引所のノリで使い倒そうとした個人が「おひきとりねがいます!」と垢Ban喰らった(笑)

あたりまえじゃね? トレードしたいなら…コインチェック行けよ!

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

仮想通貨クラスタは「従来、金融サービス業者がやっていた、取引の真正さの保証を、マイニングが置き換える! だから金融サービスは邪魔!」と言うが、それじゃペイパルが登場したらクリプトが騰がり、今日みたく「ペイパルがぁぁぁぁ!」というニュースが出たらクリプトが暴落するのをどう説明する?

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020


じっちゃま
じっちゃま

ま、個人投資家の皆に対しては、大体こんな説明で十分やろ。

でも「これじゃ物足りん!」というプロが居るだろうから、ここからはプロ向けの説明をする。

— じっちゃま (@hirosetakao) November 26, 2020

 

 

スポンサードサーチ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter【全文】

いま仮想通貨が再びブームになっている背景…説明しよか?良い子のBoys & Girlsは集合してくれ!



ひとことで言うと今、仮想通貨が再びブームになっている理由は「アプリ主導の普及」が原因。(「ウォレット」という言い方をしてない点に注意)



もっと言えば金融取引の「Big 3」、スクエア、ペイパル、ロビンフッド……この3社が旋風を巻き起こしておるんじゃ。 伝統的な仮想通貨取引所でない点に刮目せよ!



スクエアには「スクエア・キャッシュ」というアプリがある。そこでは送金だけでなく株のトレードなんかもできる。



ペイパルにはいろんなサービスがあるけど、たとえば若者に人気の「Venmo(ベンモ)」などの決済アプリを展開している。(現在はペイパルの仮想通貨決済とベンモは未だ連動してない)



Venmoは友達同士がSNS的に「これ昨日の飲み会の俺の分だよ…立て替えてくれて、ありがとう!」などメッセージを添えておカネをやり取りできるサービス。



ロビンフッドはアプリを通じてカンタンに株をトレードできるサービス。若者に人気がある。そこで……仮想通貨も取引できる。




ポイントは、ユーザー目線で、「便利なら、呼び方は、何でもいいじゃん?」ということ。ひとつのアプリの中であれこれおカネにまつわる利便性をGETできるところが特徴だ。仮想通貨のウォレットが、それ専用なのと大きな違い。



ようするにこれらの「Big 3」は消費者の目線で決済やトレードのサービスを再定義しつつある。だから3社とも大人気になっている。



ここで一歩さがってビットコインとかの仮想通貨が出てきた時のことを思い出して欲しい。ビットコインは「中央銀行なんて信用ならない!」という発想から構想された。「中央銀行dis」だ。



同様に「JPモルガンのジェイミー・ダイモンみたいな存在も邪魔だ!」と仮想通貨クラスタは宣言した。 「金融サービスdis」だ



ところが……そのような過程でクリプトというのは衒学的なオーラばかり強調され、一般市民を疎外したわけだ。そんなコトして、クリプトが普及せえへんのは、当たり前ちゃう?



ハッキリ言って、使いにく過ぎるんだよ、クリプトは。 そこへ目を付けたのが、さっき言った「Big 3」というわけ。



そいつらのアプリ見に逝けよ。「しれっ」とBTCとかが静かに佇んでいるんだよ。特別、むずかしい事を理解する必要あらへん。「送金のときアドレスをコピーして……」とか、そーゆー石器時代みたいな面倒なことを知る必要ナシ!



たんに「ドルで送ります? それともBTCで送ります?」というメニューが示されているだけ。 ペイパルの場合、たんなる決済のいちオプションとしての仮想通貨なんだから、これは「仮想通貨をトレードすることが目的の取引所」とは似て非なるもの。




今日、そういう目的で設計されているペイパルの仮想通貨サービスを、横着に仮想通貨取引所のノリで使い倒そうとした個人が「おひきとりねがいます!」と垢Ban喰らった(笑) あたりまえじゃね? トレードしたいなら…コインチェック行けよ!



仮想通貨クラスタは「従来、金融サービス業者がやっていた、取引の真正さの保証を、マイニングが置き換える!



だから金融サービスは邪魔!」と言うが、それじゃペイパルが登場したらクリプトが騰がり、今日みたく「ペイパルがぁぁぁぁ!」というニュースが出たらクリプトが暴落するのをどう説明する?



ま、個人投資家の皆に対しては、大体こんな説明で十分やろ。 でも「これじゃ物足りん!」というプロが居るだろうから、ここからはプロ向けの説明をする。

https://twitter@hirosetakao 2020/11/26

コメント

タイトルとURLをコピーしました