スポンサーリンク

じっちゃま注目銘柄ケイデンス・デザインシステムズ(CDNS)の2021年度第1四半期決算と現在のマーケットの特徴

スポンサーリンク
CDNS
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!!

今回はじっちゃまのYouTube Liveからケイデンス・デザインシステムズの決算発表についてまとめておきました

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

第1四半期決算は総じて良いが投資家は冷淡

※ケイデンス・デザインシステムズ(CNDS)の2021年度第1四半期の決算発表についてのお話はこちら2021年5月1日のじっちゃまのYouTube Live 開始10分50秒後からはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

米国株ケイデンス・デザインシステムズ(CDNS)とはどんな企業?

まず、最初にケイデンス・デザインシステムズについて、じっちゃまが過去のYouTube動画で説明した内容をこちらに転記しておきます。




ケイデンス・デザインシステムズは半導体回路設計のソフトウェア(EDA)を提供しています。この分野ではケイデンスとシノプシス(SNPS)の二強です。





現在はプレイヤーの数が限られているので秩序立った戦いが展開されており、強いて言うならばケイデンスがややマーケットシェアを増やしているように思えます。




現在は人工知能、機械学習、自動運転、ハイパースケールコンピューティング、5G、IoTなどのアプリケーションの増加に応じて演算量も増加しています。




インテルの微細加工の失敗に代表されるように、ムーアの法則が当てはまりづらくなっている環境のなかで、パフォーマンスの限界をごまかしてやる方法が現在は非常に脚光を浴びています。




ケイデンスはそれに対して、EDAとシステムデザインを統合することによってスケールをだすという「インテリジェント・システムデザイン」を提案しています。




このような理由から、ケイデンスの売上高に占めるシステムデザインのシェアが少し増加して、EDAよりマージンがよいシステムデザインのほうにいけば先行投資の資金も回収しやすいという好循環が現在起きています。





※ケイデンス・デザインシステムズについての詳細は過去記事でもまとめてありますので、こちらもあわせてお読みください。





スポンサードサーチ

米国株ケイデンス・デザインシステムズ(CDNS)の2021年度第1四半期決算

EPS結果と推移

ケイデンス・デザインシステムズの2021年度第1四半期のEPSは83セント(予想74セント)とコンセンサス予想を上回りました。









売上高結果と推移

売上高は7.36億ドル(予想7.18億ドル)とコンセンサス予想を上回りました。売上高成長率は前年同期比で+19.1%でした。









ガイダンスと新ガイダンス

第2四半期のガイダンスは、EPSの予想75セントに対し新ガイダンスは74~78セント(中値76セント)、売上高は予想7.22億ドルに対して、新ガイダンス7.05~7.25億ドル(中値7.15億ドル)が示されました。強いて言えば、売上高の新ガイダンスが低いです。




2021年通年のEPSは予想3.01ドルに対して、新ガイダンスは2.99~3.07ドル、売上高は予想29億ドルに対して、新ガイダンス28.8~29.3億ドル(中値29.05ドル)が示されました。






許せる範囲内の数字なので、これはまずいなとは感じませんでした。2021年度第1四半期の決算発表については、どの銘柄も良い決算だしても翌日株が売られるというケースが多いです。





なので、それほど心配していません。冒頭でも述べましたが、マーケット全体の過熱感が取れてきています。




スポンサードサーチ

現在のマーケット全体の特徴とは?

このように株が売られる理由の一つとして、現在のマーケットの特徴をいえば、投機熱や一攫千金狙いのアニマル・スピリットが後退したマーケットだと言えます。





たとえば、ロビンフッド現象、SPACブーム、EVなどのストーリー熱も冷めています。マーケット全体の出来高やSPAC上場数、IPOも減少しています。





この主な原因は、新型コロナワクチンが普及して、マネーがリア充消費に向かっているからです。実際にVISAカードの使用状況もかなり上昇しています。





つまり、今までは在宅生活で行き場のないお金が株式市場に向かっていましたが、それが経済再開で消費に向かっているだけだと思うので、あまり心配していません。




スポンサードサーチ

米国株ケイデンス・デザインシステムズ(CDNS)の株価

ケイデンス・デザインシステムズの2021年度第1四半期決算発表は4月26日に行われ、翌日の株価は終値ベースで前日比-7.96%でした。その日の出来高は、チャートを見ればわかるように約6.1百万と多かったです。





決算発表の翌日に大きく下げた後は横ばいであり、2021年度4月30日の終値は131.77ドルでした。








ウサギ
ウサギ

以上です!!


タイトルとURLをコピーしました