スポンサーリンク

じっちゃまの言うとおり、現在はバブルの8合目なのか?

スポンサーリンク
CAPE
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

じっちゃま(広瀬隆雄さん)の2021年1月11日のYouTubeライブのお話から、現在はバブルの8合目あたりなのかを調べてみました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTubeライブ

ドリブン・ブランズについて

※こちらのじっちゃまのYouTubeライブ開始1時間35分40秒後ぐらいから「現在バブル相場の何合目か」のお話がはじまります。



バブル相場のお話を要約すると、去年の2月ぐらいまでは「広瀬さん、今はバブル相場の何合目ぐらいですか?」と聞かれたら、じっちゃまは楽観的に「3合目ぐらいじゃない」と一貫して言い続けていました。



その後、コロナショックで相場が大きく下がってしまい、「広瀬さんは間違ってた!!ざまーみろ」と悪口言ってる人がいましたが、その後株価は去年の水準より上にまで戻してきました。




去年2月の時点でバブル相場が若かったことは間違っていなかったとじっちゃまは言っています。しかし、現在は横横でバブル相場の8合目まできているとのことです。(以下テスラの話が続く)


スポンサードサーチ

米国CAPEレシオ-過去と現在の比較-

CAPEレシオとはノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー教授が提唱している株価の割高・割安を示す指標です。


通常のPERとは違い、株価を過去10年の平均EPSで割ることで算出しています。このCAPEレシオはドットコムバブルの崩壊を予測したことで有名です。


ドットコムバブル時と現在のCAPEレシオを比較してみます。下の図はBarclaysのウェブページから過去データ(1982年1月~2020年12月)をダウンロードしてプロットしたものです。




CAPEレシオが47.13と最高値であったのは2000年3月のことです。現在のCAPEレシオは35.52なので、最高値の時と比較すれば現在は74%ぐらいの水準です。


CAPEレシオから判断する限り、バブル8合目というのは整合性があると思われます。中央値は23.56なので現在は約12ポイント乖離しています。


スポンサードサーチ

Real S&P500 Composite Stock Price Index と Real S&P500 Composite Earnings の比較

下の図はS&P500のComposite Stock Price Index と Real Composite Earningsの比較です。イェール大学のロバート・シラー教授のウェブページで公開されているのもで、誰でもダウンロード可能です。乖離が大きくなっていることがわかります。




スポンサードサーチ

CAPEレシオと10年債利回りの比較

下の図はCAPEレシオと長期金利の関係をプロットしたものです。こちらもイェール大学のロバート・シラー教授のウェブページから誰でもダウンロード可能です。長期金利が未だかつてない低さだということがわかります。





スポンサードサーチ

Excessive CAPE Yield(ECY)

CAPEレシオは金利が考慮されていません。そこで、シラー教授らが後々に提唱した金利を考慮したExcessive CAPE Yield (ECY)というものがあります。こちらはCAPEレシオの逆数から長期金利を引いて算出します。




下の図はシラー教授の公開データをダウンロードしてプロットしたものです。期間は1982年1月~2020年12月です。





1982年1月から2000年12月の期間では、2000年2月の-1.28%が最低値です。現在は3.81%です。この期間の中央値は2.85%です。ちなみにドットコムバブル時のECYは1995年5月から2000年11月までマイナス数値でした。




より長期間のECY推移はこちらになります。





CAPEレシオ、ECYから判断する限り、まだドットコムバブルの水準まで達していない状態ではあります。まだ粘れそうですが、今後どうなるかはわかりません。




とりあえず、私のポートフォリオはバリューにシフト済み、他はIPOしたばかりの銘柄です。とにかく損はしたくないので、CAPEとECYは必ず確認しています。

タイトルとURLをコピーしました