じっちゃまが新興国などのバリュエーションをはかるために使ってるCAPEレシオとは?

CAPE

今日はじっちゃまがYouTubeライブなどで使っているシラーの「CAPEレシオ」についてだよ

スポンサードサーチ

シラーのCAPEレシオとはどんな指標?

CAPEレシオとは、Critically Adjusted Price-to-Earnings Ratioの略です。簡単にいうとPERと同じように株価の割安、割高をはかるための指標です。



ノーベル経済学者でイエール大学のロバート・シラー氏とジョン・キャンベル氏が定義し、シラーPERとも呼ばれています。

 

CAPEレシオとPERの違いは?

普通のPERとCAPEレシオの違いは、PERが当期のEPSを使用するのに対して、CAPEレシオは経済的な影響を排除するためにインフレ調整後のEPSの10年平均を使用して計算しています。



インフレ調整後のEPSの10年間の平均を使うことにより、一時的な要因による収益変動や景気循環の影響が排除されるので、企業の実力で株価が過小評価されているか、過大評価されているかがはかれるといいます。



CAPEレシオは、異常なバブルの特定や予測、市場の暴落の予測に役立つと言われてます。具体的にはドットコムバブルの崩壊を予測したことで有名です。



下の図は米国株式市場のCAPEレシオと長期金利を時系列であらわたものです。1929年の世界恐慌とドットコムバブルがはじける2000年前あたりにCAPEレシオが異常に高くなっているのが特徴的です。


 



CAPEレシオはどこで確認できる?

CAPEレシオは検索すれば色々なページで確認することができますが、わたしは Barclays Indices を使っています。






全世界はカバーしていないですが、興味のある国を選べば過去と現在のCAPEレシオのデータを見ることもできます。



ちなみに11月30日のものが最新版で主な国のCAPEレシオは日本22.4倍、韓国15.6倍、イギリス15.1倍、スペイン15.3倍、ポーランド10倍、トルコ8倍、ドイツ18.9倍、シンガポール14.3倍、インド24.9倍、中国18.7倍、イタリア21.9倍でした。




ウサギ
ウサギ

じっちゃまが「韓国やポーランドのETFが魅力的」といってた時に、このCAPEを参考にしていたよ!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました