スポンサーリンク

じっちゃまのいう「米国株式市場はこのまま凪のように右肩上がりなわけがない!!」とは?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年8月29日のじっちゃまYouTubeから「米国株式市場がこのまま凪のように右肩上がりなわけがない」についてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTubeまとめ

【米国株じっちゃま切り抜き】米国株式市場はこのまま凪のように右肩上がりなわけがない!! 他BNPLについて 2021年8月29日じっちゃまYouTubeの切り抜きです。

※ 「米国株式市場がこのまま凪のように右肩上がりなわけがない」についてのお話はこちらのYouTube切り抜き動画開始後すぐにはじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひ全編とおしてご覧ください。



スポンサードサーチ

BNPL(Buy Now Pay Later)は法規制が追いついていない

【質問】アファームを90ドルで買ってずっと持っていました。今回のアマゾンとの提携が許可されるのか心配なので売ろうと思ってます。





【じっちゃまの回答】誰が許可するんですか?誰も許可する必要ないと思います。このBNPL(Buy Now Pay Later)の恐ろしさというのは、法規制が追いついていないことです。





ワイルド・ワイルド・ウエストのような西部劇みたいな感じで、何でもありです。例えば仮想通貨がでてきた時にもそれを取り締まる法律はありませんでした。BNPLもできたばかりでルールがないのでかつての仮想通貨と同じです。




スポンサードサーチ

アマゾン(AMZN)のアファーム(AFRM)ボタン実装のニュースはパウエル議長の気持ちを動かした?

アマゾン(AMZN)がアファーム(AFRM)ボタンの実装準備中のニュースを見て、メガバンクの人は思わずオシッコちびったという話をしていますけれども、もうひとりちびってる人がいます。





それは誰かというとパウエル議長です。FRB以外にも銀行を取り締まっている機関はありますが、BNPLはそれらの埒外のところで起こっており、すごくリスキーなのです。





今回のニュースでパウエル議長の気持ちは「これはやばい。早めに利上げしたほうがいいかも」とちょっと動いたかもしれないです。




スポンサードサーチ

BNPLは一番危ない人たちに一番アグレッシブに金を貸す行為

8月末に行われたジャクソン・ホール・シンポジウムで一番面白いスピーカーはシカゴ大学教授のAmir Sufiでした。





彼の専門は消費者金融で景気後退がなぜ深刻になってしまうのかのメカニズムを究明しています。彼の仮説では、経済が暗転した時にごく一部の人たちが集中的にダメージを受けて這い上がってこれないのが原因だとしています。





例えばリーマン・ショックの前にはみんなが家を買って、ショック後にその家が値下がりため、銀行が物件を接収して追い出された人たちが増えてホームレスになったということがありました。





その時にやられた人たちというのは、サイクルのピークで借金をして家を買ったり、借金をして株を買うような人たちです。





みんながFXとかで損するパターンと一緒です。あるいはレバレッジを効かせてナスダックのインデックスを買う人と同じです。株式市場から退場していくのはそういう人たちです。





そのように景気の暗転は国民全体に等しく悪影響を与えるのではなくて、一部の人だけがやられて樹海行きになるから景気がなかなか戻ってこれないということを Amir Sufi は研究しています。





その流れから言うと、BNPLは一番貧乏人のなキャッシュで高額耐久消費財などを買えない人たちに対してお金をばら撒くスキームがです。





つまり、一番危ない人たちに一番アグレッシブに金を貸してどうするんですか?という話をしてるわけです。パウエルは今パンツを濡らしていると言いましたが、引き締めに関しては現在、非常に微妙な局面にきているのでちょっとした拍子にFRBは引き締めのスケジュールを前倒しにするかもしれません。




スポンサードサーチ

米国株式市場はずっと右肩上がりで行くわけがない

その危機意識はみんな持ってますか?マーケットはずっと右肩上がりで行くと考えている人がほとんどだと思います。しかし、そうではないです。





現在、アメリカ政府から国民に対する失業保険の上乗せ金や手厚い保護などの財政出動が切れてきています。GDPでいうと2021年は多分7%の成長率がでると思います。しかし2022年は3.3%成長になる予想です。





7%から3.3%へのスローダウンは景気そのもののスローダウンは計算に入っておらず、政府が今ばらまいてるキャッシュが終了したら、どのくらいGDP成長を押し下げる効果があるのかという部分を計算しているだけです。





つまり、そのくらい財政面での支援がみんなの足元から取り払われてしまうわけです。その時に利上げすると言っているのだからマーケットがそのまま上に行くわけがないと思います。みんな考えが甘いですよ。




ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました