じっちゃまのいう株式投資におけるアルファ(α)とベータ(β)とは

投資に役立つ知識


ウサギ
ウサギ

最近じっちゃまのYouTubeやTwitterで株価のアルファ(α)とベータ(β)の話しが多かったので少しまとめてみたよ

スポンサードサーチ

株式投資のアルファ(α)とベータ(β)


最近のじっちゃま(広瀬隆雄さん)がYouTubeやTwitterで話題にしているアルファ(α)とベータ(β)について簡単にまとめると次のような感じです。


ベータ(β)とは・・・株式市場全体の動きで説明がつくパフォーマンス
アルファ(α)とは・・・ファンドマネージャー個人の腕前、知見などでしか説明できないパフォーマンス



「株式市場全体の動きで説明がつくパフォーマンス」のことをベータ(β)といいます。 これに対し「ファンドマネージャー個人の腕前、知見などでしか説明できない個々の銘柄のアウトパフォーマンス」をアルファ(α)とじっちゃまは説明しています。



おそらくアルファは直感的にわかると思うのですが、ベータの「株式市場全体の動きで説明がつくパフォーマンス」とはいったいどういうことなのでしょうか?




今回はベータについてかんたんに説明していきたいと思います。途中に見慣れない数字がでてきますが、考え方そのものはまったく難しくありません。


ベータ(β)とは何か?


先に結論を言ってしまうと、ベータとは「ある企業の株価が市場全体の動きに対してどれだけ敏感であるかあらわしたもの」のことです。




つまりベータは数値化できます。計算式はあとにして、具体的な数字でベータをどのように判断するかを見ていきます。



ベータ値はYahoo Financeの各銘柄ページのSummary または Statistics(統計)のところで確認することができます。




この写真はゼネラル・モーターズ(GM)のベータ値ですが、1.35と書かれています。これは株式市場全体が1%上昇したならば、GMの株価は1.35%上昇する傾向がありますよ、という意味です。




そして、もし株式市場全体が2%上昇したならGM株価は2.7%の上昇、株式市場が2%下落したなら、GMの株価は2.7%の下落する傾向があるということです。




ベータ値がどのようなことを意味するのかを簡単にまとめました。Yahoo Financeなどで、自分が保有している銘柄や気になる銘柄で比較してみてください。



ベータ値の傾向

 

・ベータ値が1を超える銘柄は、株式市場全体より大きく動く
・ベータ値が1の銘柄は、株式市場全体と同じ方向に動く
・ベータ値が0より大きく1より小さい銘柄は、株式市場全体の動きにあまり反応しない
・ベータ値がマイナスの銘柄は、株式銘柄は株式市場全体と反対の動きをする

 

ベータ値がマイナスの銘柄、たとえばβ=-1.62の株式は、株式市場全体が1%上昇したなら、1.62%下落します。



​反対に、株式市場全体が1%下落するならば、β=-1.62の株価は1.62%上昇するということです。そういうことなので、とくにプラスだと良くてマイナスだ悪いという意味ではありません。



つまりベータ値と株式市場全体の動きはリニアの関係であるので、ベータ値はグラフの傾きと同じです。


        Yahoo Financeのデータをもとに筆者作成


スポンサードサーチ

エクセルを使ったベータ(β)値の計算方法


ベータ値の計算方法は以下の数式で表されます。


β値=ある株式と株式市場の共分散÷株式市場の分散




共分散とか分散と聞くと数学や統計学が苦手な方は嫌だなと思うかもしれませんが、エクセルでかんたんに計算できます。試しにS&P500に対するGMのベータ値を計算してみました。



           Yahoo Financeのデータをもとに筆者作成




エクセル関数LINESTを使えばかんたんにベータ値を計算できます。5年分の月次データで1.494だったので、Yahoo FinanceのStatisticsのページに記載されているベータ値と若干差が生じました。




しかし1.35と1.49なので方向性は同じかと思われます。とか言ってて思いっきり計算間違えていたら恥ずかしいんですけど。たぶん、大丈夫なはず!!



散布図であらわすとこのような感じです。外れ値があるので、必ずしもS&P500が1%上昇すると、GMの株価が1.49%上がるということはないことを意味しています。あくまで傾向です。




         Yahoo Financeのデータをもとに筆者作成



実際にベータ値はどう使われるの?


今まで見てきてわかるように、ベータ値はリスク(振り幅)の指標と考えられるので、ポートフォリオを組むときに使えたりします。



リスクが必ずしも危険を意味していないことは以前に書きました。



ベータ値がプラスでもマイナスでも数値の大きい銘柄ばかりをポートフォリオに組み込むとハイリスクになります。




またベータ値は現代投資理論のうちのひとつであるCAPMにおいて、各証券の期待リターンを計るときに使用されています。



話しが複雑になってくるので省略しますが、ベータ値がどういうものかは知っておくとより投資も面白くなるかと思います。


今日のまとめ
ベータ(β)とは・・・株式市場全体の動きで説明がつくパフォーマンス
アルファ(α)とは・・・ファンドマネージャー個人の腕前、知見などでしか説明できないパフォーマンス
ベータ値とは・・・ある企業の株価が市場全体の動きに対してどれだけ敏感であるかあらわした数値のこと



ウサギ
ウサギ

最後までお読みいただきありがとうございます。それではまたねーーー!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました