スポンサーリンク

じっちゃま注目「夏の行楽」銘柄アリージェント・トラベル(ALGT)とはどんな企業?

スポンサーリンク
ALGT
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

今回はじっちゃまのZai Online の記事から国内旅行&行楽に特化した銘柄について調べてみました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Zai Online記事

2021年5月31日にじっちゃまのZai Online記事がアップされました。その記事によると、新型コロナ感染拡大の影響で、アメリカの経済再開後も出張の需要は落ち込んだままですが、行楽の市場はすでにコロナ前の水準を超える勢いで需要が復活しているそうです。





同記事によると、米国の旅行市場は1.1兆ドルで、うち行楽が7620億ドル(全体の69%)、出張が3270億ドル(31%)とのことです。またアメリカ人の旅行のうち海外旅行は回数ベースでは4%で、残りは国内旅行だそうです。









アメリカ国内のワクチン接種は捗っていますが、まだ海外旅行は回復できないので、行楽に関する①アリージエント・トラベル(ALGT)、②フロンティア・グループ(ULCC)、③ウィンダム・ホテルズ&リゾーツ(WH) の3銘柄が同記事では紹介されていました。今回、こちらでは①アリージェント・トラベル(ALGT)について詳しく調べてみました。





ちなみに②フロンティア・グループ(ULCC)についてはこちらの過去記事にまとめてありますので、あわせてお読みください。





スポンサードサーチ

米国株アリージェント・トラベル(ALGT)について

同記事によると「アリージェント・トラベル(ALGT)は、秘境と呼ばれるようなニッチの行楽地に格安フライトを飛ばすディスカウント航空会社です。





少し不便なものの一定のファンを持つ行楽地に、1週間に1〜2便程度のフライトをスケジュールすることで、常に満席の状態をつくりだしています」とのことです。




じっちゃま
じっちゃま

アリージェント(ALGT)は、こんな感じ。午後10:26 · 2021年5月31日

画像






引用元:広瀬隆雄「国内旅行&行楽に特化した「旅行」関連銘柄を紹介! ワクチン接種による経済再開が進み、米国の夏の行楽需要はコロナ前を超える勢いで復活中!」(2021年5月31日、Zai Online)





スポンサードサーチ

米国株アリージェント・トラベル(ALGT)の四半期別売上高推移

アリージェント・トラベル(ALGT)の四半期別売上高推移を調べてみました。2021年度第1四半期の売上高は2.79億ドルで前年同期比-32%でした。








スポンサードサーチ

米国株アリージェント・トラベル(ALGT)の四半期別EPS推移

こちらがアリージェント・トラベル(ALGT)の四半期別EPS推移です。2021年度第1四半期は-3.58ドルでした。








スポンサードサーチ

米国株アリージェント・トラベル(ALGT)の年度別EPS推移

こちらがアリージェント・トラベル(ALGT)の年度別EPSの推移です。2021年度と2022年度はマーケット・スミスに掲載されている予測EPSです。









スポンサードサーチ

米国株アリージェント・トラベル(ALGT)の株価

2021年5月28日のアリージェント・トラベル(AGLT)の株価は221.46ドルでした。決算発表後は横ばい~やや上向きなカタチをしています。2022年度の予測EPSから計算したPERは約13.5倍です。









他のじっちゃま注目の夏の行楽銘柄であるフロンティア・グループ(ULCC)については、別記事にまとめてありますので、あわせてお読みください。





ウサギ
ウサギ

以上です!!





タイトルとURLをコピーしました