スポンサーリンク

じっちゃまのいう「米国航空株は今後も厳しい」とは?

スポンサーリンク
じっちゃま相場予測
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いします!!

今回は2021年7月12日のじっちゃまYouTube Liveから「航空株が直面している問題」についてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTube

宇宙ビジネス投資のポイント

※航空株についてのお話はこちら2021年7月12日じっちゃまYouTube開始後1:52:31~はじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、ぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

米国航空株は今後どうなる?

【質問1:52:31~】HA, UAL, AALの航空株を持ってる。長期で考えてるが、ポジション調整をすべき?





【じっちゃまの回答】航空株はものすごく厳しいことになっていると思います。その理由はビジネスクラスと国際線のビジネスが全然戻ってきてないからです。





ビジネスクラスと国際線は一番儲かるビジネスなので、そこがダメなのに、安い乗客をたくさん運ぶビジネスだけが繁盛しても意味がないのではという懸念があります。





たとえば、現在アメリカ人がヨーロッパに観光旅行するケースを考えると、アメリカを離れる72時間以内にPCR検査を受けて、その検査結果を到着国のイミグレーションに提出しないといけないのです。





確か日本でもアメリカに留学していた学生が、日本に帰国しようとしたら、テストの結果持っていなくてアメリカに返されたことが話題になっていませんでしたっけ。ニュース読み間違えてたらすみません。





このニュースを受けて、「日本政府はなんて非情なんだ」と怒ってる人がいますが、それは世界の国々が自国民に対してやっていることです。






つまり、海外に行くだけですごい手間が掛かります。たとえば、観光旅行でニューヨークを出発して、ローマに行くとします。





そうすると、出発する前にニューヨークでPCR検査を受けてその結果をローマの入国管理局に提出しないといけません。





その後、10日間ローマ旅行をしたとすると、ニューヨークで行ったテストから10日以上経っているので、ローマでもう1回検査を受けて72時間以内に飛行機に乗ってJFKのイミグレーションで新しいテストの結果を提出しないといけないわけです。





そうすると、観光旅行でバチカンやトレビの泉を見たいと思っているのに、かなりの時間を新型コロナテストセンターで費やさないといけない時期にみなさん海外旅行したいと思います?





面倒ですよね。それが現在、旅行業界が直面している大問題だと思います。それが無くならないうちは海外旅行は復活しないと思うし、ビジネストリップも本格的には戻ってこないと思います。




スポンサードサーチ

米国株ハワイアン航空(HA)の株価

ここからは質問にあったハワイアン航空(HA)、ユナイテッド航空(UAL)、アメリカン航空(AAL)の株価を見ていきます。





2021年7月14日のハワイアン航空(HA)の株価は21.21ドルでした。6月上旬以降は下落傾向です。









スポンサードサーチ

米国株ユナイテッド航空(UAL)の株価

2021年7月14日の終値は48.16ドルでした。こちらも6月上旬を境に下落傾向です。









スポンサードサーチ

米国株アメリカン航空(AAL)の株価

2021年7月14日の終値は20.62ドルでした。こちらはレンジ内での動きです。昨日は同グループが米国の旅行業界の回復が予想よりも早く業績を押し上げていることを示唆したために反発しました。








ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました