スポンサーリンク

じっちゃまのいう「アファーム(AFRM)の決算はEPS未達だが総合的には良かった」とは?

スポンサーリンク
AFRM
スポンサーリンク
ウサギ
ウサギ

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!!

今回はじっちゃまのYouTubeからアファーム(AFRM)の2021年度第3四半期決算発表についてまとめておきました。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)YouTubeまとめ&文字起こし

テクノロジー株急落とプライバシー保護規制の関係について

※アファーム(AFRM)の決算についてのお話はこちらの2021年5月11日のYouTube開始30:40~と36:18~はじまります。以下、かんたんにまとめておきますが、2倍速なら約1時間20分に短縮できるので、ぜひ全編とおしてご覧ください。




スポンサードサーチ

米国株アファーム(AFRM)の2021年度第3四半期決算発表について

アファーム(AFRM)の2021年度第3四半期決算は、EPSが予想-0.26ドルに対し、結果はー1.06ドルでした。EPSが低かったのはIPOにまつわるストックオプション費用が1.32億ドル含まれるからです。





ニュース・リリースでストックオプションの費用がEPS換算でどのくらい足を引っ張ったかに関する開示がなかったので、ちょっと不親切だなと思いました。





売上高は予想1.98億ドルに対して、結果は2.31億ドルでした。売上高成長率は前年同期比+66.8%で非常によく伸びています。






そして、取引高を表わすGMV (Gross Merchandising Volume) は前年同期比+83%の23億ドルでした。エクササイズバイクのペトロンを除いたGMVは+100%でした。





ざっくり言って、売上高からトランザクション・コストを引いた金額が粗利益になると思いますが、その数字は1.34億ドルでした。ちなみに前年同期は-930万ドルでしたので、利幅も急激に伸びています。





また、「アファームで分割払いしませんか?」と提案しているマーチャント数は、前年同期比で2倍の1.2万社でした。





アファームの分割払いを使用したアクティブ・コンシュマー数は、前年同期比+60%の540万人と良い感じで増加しています。





2021年度第4四半期については、売上高予想2.08億ドルに対し新ガイダンス2.15~2.25億ドル(中値2.2億ドル)でした。要するに、総合的にアファームの決算はよかったです。




スポンサードサーチ

米国株アファーム(AFRM)の売上高推移

売上高等の推移がわかりやすいようにグラフを作成しました。こちらはアファームの売上高推移です。2021年度第3四半期の売上高は2.31億ドルでした。








スポンサードサーチ

米国株アファーム(AFRM)のGMV推移

こちらが取引高を表わすGMV (Gross Merchandising Volume) の推移です。2021年度第3四半期のGMVは23億ドルでした。








スポンサードサーチ

米国株アファーム(AFRM)の粗利益推移

こちらがアファームの売上高からトランザクション・コストを引いた金額(=粗利益)の推移です。2021年度第3四半期は1.34億ドルでした。








スポンサードサーチ

米国株アファーム(AFRM)のアクティブ・コンシューマー数推移

こちらがアファームのアクティブ・コンシューマー数推移です。2021年度第3四半期は約540万人でした。








スポンサードサーチ

米国株アファーム(AFRM)の株価

2021年5月12日の終値は49.82ドルでした。2月10日につけた最高値146.90ドルから約三分の一の価格になってしまいました。









※アファームについては過去記事でもまとめてありますので、あわせてお読みください。





ウサギ
ウサギ

以上です!!

タイトルとURLをコピーしました