複利効果の便利な法則「72の法則」ってなに?

複利効果


スポンサードサーチ

複利効果の「72の法則」


ウサギ
ウサギ

今日も複利効果について勉強するよ



先日は複利効果についてかんたんに書きました。




今回は複利効果の便利な法則、「72の法則」について勉強してみたいと思います。結論からいうと、ある利子率で元本が2倍になるまでの時間が簡単にわかってしまう法則です



その計算方法はというと、なんと…

元金が2倍になる年数=72÷利子率


であらわせます。実際に数字を当てはめてみましょう。


72÷1=72年
72÷2=36年
72÷3=24年
72÷4=18年
 72÷5=14.4年
72÷6=12年
 72÷7=10.3年
72÷8=9年
72÷9=8年



となります。試しに以下の複利計算式(覚えていますか?)を使ってみましょう。


この式に100万円を4%の利子率で18年間運用するとあてはめると、202万6000円になるので約2倍になっていることがわかります。72の法則いいですね!!



80万円を9%の利子率で8年間運用すると当てはめると、159万4000円になるのでこちらも約2倍になっていることがわかります。72の法則便利!!



この「72の法則」も複利効果の力をより発揮するなら、なるべく早くはじめて、なるべく成長する市場に投資したほうがいいということを教えてくれてると思います。



複利効果の「72の法則」はどうして成り立つ?




ちなみに「72の法則」よりも「70の法則」のほうがより正確です。しかし「72」のほうが割り切れる数字が多いので、そちらを使うほうが多いです。


72(70)の法則が有効な理由は、元本Aがt期間に渡って一定の利子率rで増えるすると、


X=Aert


元本は2倍になるので X=2Aと置き換えられるので、両辺の自然対数をとると、


rt=ln 2


となります。ln 2 ≒ 0.70 なので代入すると、


t=0.70/r



となります。
複利効果で元本を2倍にしたい方は「72の法則」をぜひ使ってみてください。



それでは今日はおわりです!!
最後までお読みいただきありがとうございました。







コメント

タイトルとURLをコピーしました