11月9日からの相場にどう備える?

スポンサーリンク
投資に役立つ知識
スポンサーリンク


みなさまこんにちは!
今朝のニュースはバイデン一色ですね。


今日は、昨日のじっちゃまツィートを見ながら、11月9日(月)~の相場にどう備えればよいのか心の準備をしたいと思います。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

じっちゃま(広瀬隆雄さん)Twitter


先週は強気相場でしたね。1週間で+7%以上の騰げ。



11月第三週にファイザー・バイオンテック連合の新型コロナワクチンの承認申請がFDAに提出される予定です。

 

しかし、承認されても地獄、承認されなくても地獄。



これまでは新型コロナの脅威による景気回復への警戒感により、債権利回りは低下していました。しかしワクチンが承認されれば、景気回復への期待が高まるので逆のことが起こる可能性があります。



これまで新型コロナのダメージもあまり受けずに、低金利から恩恵を受けていたハイパーグロース株はワクチンが承認されれば大きく売られる可能性があります。



どちらに転がるかわからない。



じっちゃまの言うように「いま持っていて利が乗っている銘柄を抱きしめながら、次の痛撃のショックにワナワナと身を震わせ」て待つ1週間になりそうです。

 

現在、10年債利回りは0.79%です(11月5日時点)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました